• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


立山黒部アルペンルートへ

  1. 2017/07/09(日) 14:14:37_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
1か月前から装備などの準備をしていて
とても楽しみにしていた立山への旅行
氷解しつつある ミクリガ池散策とても楽しみにしていた私。

当日は7月1日 東京近郊は雨☂
梅雨時 覚悟だったとはいえ、あいにくのお天気

雨の装備もバッチリなので、ガスってなければ・・・という期待を持って家を出ました。

ツアーなので乗り物手配はなく指定の時間に集合して
新幹線で東京駅を出発

IMAG3038 (350x199)

それから上田駅からツアーバスで
扇沢 へ
扇沢はトロリーバスの駅。
 立山黒部アルペンルート の始まり

やはり、雨・・・停滞前線が富山に居座ってます。
でも、初めての黒部ダム目指し気分は上がってました・・・
ただ富山に大雨警報など発令してまして
ダムの観光放水は中止してるとのこと・・・
残念だけど下流に被害がでたら大変ですから。

乗り物が無事運行され無事に今日の宿泊地の立山室堂に着きますように・・・

IMG_0633 (350x239)

トロリーバスはずっとトンネル内
IMG_3750 (350x348)

黒部ダム駅に到着 下車して パチリ
IMG_0635 (350x263)

歩いて黒部ダムの上へ
この時は土砂降り・・・
レインジャケットレインズボンじゃ足りない 傘もさし、

展望台には立ち寄らず真っすぐダムの上を歩いていくと

高さが半端ないアーチ式ダム
コレ、人が造ったってすごいなぁ・・・

IMG_3753 (300x400)

IMG_3756 (300x400)

土砂降りだったので早々に黒部湖駅構内へ

IMG_3763 (263x350)


 ここからケーブルカーです。
IMG_0647 (350x263)

IMG_0646 (350x263)

このケーブルカー トンネルの中を登りましたので写真はナシ。
で、黒部平駅 ここからロープウェイ

皆さん恨めしそうに空模様を眺めてた・・・
本当なら素晴らしい渓谷の眺望は・・・

IMG_0648 (350x263)

こんな感じ

IMG_0651 (350x263)

そして
大観峰駅に到着
悪天候だったけれど展望台に出てみました
残雪の山が迫ってます
こちら側は立山ですね。
反対 黒部湖越しの山並みは見えず・・・(^▽^;)

IMG_0652 (400x300)

そして、二回目のトロリーバス乗車 これもトンネルの中
IMG_0656 (350x241)

乗り物の種類多すぎて もう何が何だか・・・
こうして書くのもパンフレットを見ながら、思い出しながら。


もうすぐ室堂という場所、
バスの中で観た 立山直下 の表示
この上 立山連峰なんですね!

IMG_3772 (263x350)

立山室堂到着 「ホテル立山」ロビーに集合して
部屋の鍵を頂き 一休み後 
ホテルの支配人さんのガイドで散策ツアーへ
小雨模様なのでルートは適宜引き返すことも  ということで付いていきます。

立山の湧き水ですがホテルの蛇口からも出るので味見せず。
IMG_0657 (400x300)


そして、直ぐに雷鳥に出会う!
感激です 神の御使い つがいで現れてくれました。
IMG_0660 (2) (400x300)

まだまだ雪が残ってました。
はぐれないように進む私たち。

IMG_3781 (263x350)


それにしても7月1日 にすごい風景です。
下界じゃ体験できない。

IMG_0663 (350x263)

私が一番楽しみにしていた みくりが池は・・・真っ白で見えず。
・゚・(ノД`;)・゚・ 
ま、でも ここでも雷鳥さんに会えたからいいや・・・
IMG_0665 (350x263)

ぬくぬくの暖房が入ってるホテルに戻って
気圧計などパチリ 760hpa  
標高 2450M 頭痛がするわけだ・・・(-"-)

IMG_3794 (350x262)

オコジョも生息してるんですね、へぇ小さい!
これは 剥製だけど。
IMG_3796 (350x250)
説明読むと意外と獰猛・・・(・・;)


夕食後 ホッとしたら   もしかして高山病・・・頭痛と吐き気がきて
ダウン。
一晩 絶えてもしかして ツアー離脱して朝イチで下山させてもらうか
眠ったような眠れないようなフラフラな一夜を過ごし、
朝食会場へも行けず、チェックアウトギリまで部屋に居て、
出発は12時 それまでなんとか過ごさねば。

ネットで調べると多分、高山病って身体を動かしたりした方が
循環良くなって酸素が巡るようです、でもそんな気力もなかったけど。

ラウンジでコーヒーを摂って
カフェインの力で血液を回さないと・・・
IMAG3053 (350x199)
立山の湧水で淹れた水出しコーヒー
美味しかった ホッとして気分がマシになってきた

いい雰囲気のカフェです。

IMG_3798 (292x350)

そのあと
お土産選んで過ごしていたら 頭痛以外は大丈夫かなという感じ。
早めの昼食も少し手を付けた程度。


ホテル内に設置してある立山の雄山山頂にある神社と同じもの
に参拝 
景色は観られなかったけれど大自然の一端を目の当たりに出来ました
ありがとうございます。
無事に帰れますように・・・と。

IMG_3808 (350x256)


高原バスに乗り込むとすぐに
「雪の大谷」 まだ少し雪の壁が残ってました。
IMG_3812 (263x350)

「美女平」まで下ってきたら あら不思議
頭痛も吐き気もなくなりました。よかったよかった(;´∀`)

IMG_3822 (350x263)
美女杉

ここからケーブルカーで立山駅まで下り
ツアー手配のバスに乗換えて、高速道へ。
 
日本海をパチリ
IMAG3076 (350x199)
偶然 海の家が写ってました
昨日が海開きだったのかな?



前日と同じ 上田駅から新幹線で東京駅へ。
IMAG3081 (350x199)

無事に帰ってこれたし、いろいろと考えさせられる旅行だった
悪天候のため乗り物は空いていてスムースだったので、
それなりに良かった面も・・・
でもやはり立山の山々、観たかったなぁ
リベンジしたいけど泊るのはもう少し標高が下がった所にしたい。

お付き合いありがとうございました。


梅雨前線はその後新潟県、そして九州へと移っていきました。
昨今の報道のとおりの甚大な被害がでております。
お見舞い申し上げます。

気象や気候の均衡がとれるように祈るばかりです。


では また。
スポンサーサイト

浜松 ドロフィーズカフェへ

  1. 2017/06/01(木) 22:16:27_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
6月に入りました・・・

5月の出来事だったので とっとと記事 書いときます。

先日のつづき ぬくもりの森から 車で移動 確か 2~30分くらいで到着

ドロフィーズカフェ  を含むドロフィーズです。

IMG2871 (245x300)

北欧インテリアや暮らしのコンセプト空間  という感じでしょうか。
詳しくはHP見てください。

地図でみると 都田駅 からそう遠くないので市街地なのかなぁと思ってましたら
意外と のどかな所、 ゆったりの密度感。

各ショップが点在しているのですが そのエリアは周囲とは一線を隔しておしゃれですねぇ。

IMG2872 (350x222)


オブジェのおうち

IMG2873 (350x260)


カフェはちょうどお昼時 1時間待ちとのこと。
15分くらい前に連絡を頂くことにして、周囲をブラブラすることにしました。


温室に見立てたガーデニンググッズのお店

IMG2875 (350x190)


北欧のペーパーナプキンとレモネードのお店
素敵なおねいさんがブースに居まして、

IMG2877 (350x168)

リノベーションした建物です、と説明・・・
ドロフィーズ(都田建設)は営業マンはいないということですが、
こうして実物で見せるのが営業ってことでしょうか。

暑かったので レモネード(¥500だったかな)を頂きました。
コレ、冷たくて 爽やかで すごく美味しかっったです。クーッ‼( ^^) _U ウマイ


ほかに 薪ストーブのお店や 陶器のお店をみたり

そして

棟梁育成学校 建築イデアルーム
という看板の場所

IMG2880 (350x304)

完全にスピリチュアル的ですね・・・
目指す方向性に確固たるものを感じます。

素敵なコミュニティ空間として
発展していくんですね、きっと。

それから インテリアショップの裏庭には
ふふっ、 まさに 環状列石です。
太古の叡智をここに。

パワーを呼び込み エナジー調整して調和を・・

IMG2881 (350x199)



IMG2882 (350x199)


ファブリックショップ

いいお値段します~!(;´∀`)

IMG2883(350x187).jpg

こちらのガーデンにもおうち

IMG2884 (350x248)


土手の上に もともとあった樹木ですね。

IMG2898 (350x237)

家族の木 だそうです。(*^。^*)

IMG2897 (199x350)


速足で見て回って

やっとランチタイム
カフェ店内にはライトが売られていた・・・実用例ですね。

IMG2887(350x263).jpg


ちょうど満席の時間帯が過ぎていて
ゆったりした気分で美味しい食事ができました。

IMG2888 (300x170)

IMG2889 (300x170)

食事を終え カフェを出て池のそばに行きました。
まだ植栽が育ってなかったから、新しく造成されたばかりでしょう。


slow の文字

IMG2893 (350x221)

そしてハート型の池。

IMG2891 (350x199)


うちの近くにもショッピングモールではなく
こういった場所が欲しいなぁ♡ と思いますが
なかなか 難しいでしょうね。

首都圏から離れた所って、ぬくもりの森もそうですが、
思わぬ世界観の場所がありますね。

建築家が ある一つのコンセプトでをもって始めて行くと、
それに伴って求心的に拡がっていく・・・そんな世界が広がっていていいなぁと思いました。

それはモノ中心ではなく人が真ん中に居られる空間として。

カフェの上の方にまだ建設中の建物がありました。
もっと広がりをみせていくことでしょうね。

ここを訪れていた人たち、本当に若い方ばかり、
すてきな感性をもっている印象でした。




浜松は史跡や古墳もあって興味をそそられましたが
一切立ち寄らず・・・(^▽^;)
今回はこんな感じで 暮らし に直結するような庭や建物を視て楽しんで
おおいに刺激を受けた旅行となりました。

夕方には帰宅し、愛鳥さんと過ごしたくて、
早々に高速道へ・・・ここから浜松スマートIC 近かったです。


因みに、セキセイインコさんのお世話は息子に頼んであり
放鳥もしてくれてました。サンキュ(^^♪

私の日記旅に お付き合いありがとうございました。

では また(^.^)/~~~

浜松 ぬくもりの森へ

  1. 2017/05/31(水) 10:50:23_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
爽やかな5月、
浜松にある 「ぬくもりの森」  へ行った時の
レポです。

絵本の世界が飛び出してきたような
素敵なところでした。

IMG_0627 (350x263)

IMG_0626 (350x263)


車を駐車場に停めて、案内板と誘導員に従って坂を上ると
あります、まずは「ライトシャイン」というオリジナルの革小物のお店

IMG_0574 (350x295)

早速 ネームサービスの小銭入れを買ってしまいました。



そのあと 案内板をパチリ📷


IMG_0573 (350x263)


雑貨屋さん 

IMG_0579 (350x263)



フクロウにふれあえる 福蔵(ふっくら) へ。(読みはフクゾーではないよ^^)

IMG_0582 (350x308)

チケットを買って中へ、フクロウたちがいっぱい。
ワクワク・・・説明を聴いてからふれあいます。(*´з`)

IMG_0604 (350x263)

威厳のある家康くん

IMG_3663 (324x350)

ハリネズミさんにも 触らせてもらいました。
IMG_3657 (300x264)

フクロウくんたちにバイバイして

その後 外に出て 可愛いすぎる風景に感激して、写真を撮りまくり (;'∀')

IMG_0594 (294x350)

IMG_0593 (350x263)

ここは 一人くらいしか入れない建物。
反省部屋? いやいや 瞑想 とか 考えごとするには
よいかも。

IMG_0583 (350x263)

中も可愛かった。
IMG_3637 (263x350)


こちらは おトイレでした。

IMG_0586 (198x300)

雑貨屋さんをいろいろ見て、ちょっとだけ買い物もして・・・。

ステキなレストランやカフェもあったのですが
朝ごはんをたくさん食べ過ぎてお腹いっぱいだったので、
立ち寄らず残念でした。 

IMG_0576 (350x263)


この日の午後は ドロフィーズカフェへ行くことにしていたので
ランチはそこでのお楽しみ・・・

では また次回に書きます。
お付き合いありがとうございました。
では またね。 (^.^)/~~~ 

浜名湖ガーデンパークへ

  1. 2017/05/24(水) 22:15:51_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
浜松にはガーデンパークやフラワーパークなど 花博会場だったため、
見どころ満載な公園がいっぱい!いってみたいなぁ・・・ということで

5月のこの良い季節 一泊でいってきました。

車で家から3時間・・・ドライバーさんは夫、
いつもお疲れさん(^ω^)ノアリガト

で、スケジュールと体力上、公園は1箇所だけ巡る。

いろいろ迷ったあげく 「浜名湖ガーデンパーク」へ
ここは 花の美術館エリアが今、きっと素敵な時期!
HPの花情報でチェック済。


真夏のような暑い日でした・・・
奥行き方向に川が流れていてボートが航行してます。
帰りは疲れたら あれに乗って戻ってこよう・・・とチェックして歩き出す。
 

IMG_0493 (350x199)

軽くランチを済ませてから 植え込みや緑のエリアを過ぎると展望塔に着きました。


園内や駐車場は無料ですが
展望塔、ここは有料です。
 @¥300 チケットでエレベータに乗りました。 

IMG_0494 (350x252)

園内や浜名湖が望めました。

IMG_0503 (350x261)


百華園と花木園を楽しんで
日陰やベンチで休み休み。

そして、お目当ての 花の美術館に到着。 
といっても室内ではなく 美術館は屋外の庭です。

モネの庭を模したもので、憧れの造形、植栽です!

IMG_0520 (350x199)


IMG_0521 (350x263)


IMG_0540 (350x263)


IMG_0541(264x400).jpg



IMG_0543 (350x263)

幸福に包まれる・・・場所

IMG_0550 (350x263)


IMG_0555 (350x263)



IMG_0554 (350x263)


庭として完璧ですね。
近くに住んでいたら度々来てしまいそう。
浜松市民は幸せですね。

ローズアイスクリームを食べて 

IMAG2807 (142x250)
おいしー♪ 甘さが抑えめで好みの甘さ

モネの庭を出ました。

IMG_0570 (350x263)

このあと ガーデンクルーズ船に乗船して
暑かったので┐(´-`)┌ ほっと一息

日曜だったので満席~楽に戻れます。

この後浜名湖畔のホテル泊。
翌日は ぬくもりの森 と ドロフィーズカフェなどで遊んだので
また このつづきを書きますね。

お付き合いありがとうございました。
ではまた (@^^)/~~~

昭和記念公園へ行ってきました

  1. 2017/05/07(日) 23:25:19_
  2. 日常・歳時記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
GW☀土曜日 電車にゆられ
立川駅下車 で
国営昭和記念公園へ行ってきました。
覚書として記事アップです。

IMG_0406 (350x250)

とっても広くて・・・っていうか広すぎて歩きでありすぎ。

無料エリアから入園料を支払うところまでも遠い・・・

やっとチケットゲート
そして噴水まで歩く

IMAG2678 (350x199)




水鳥の池
IMG_0409 (350x228)


このスワンボートがバシャバシャの池とは別の
秘密の池のようなバードウオッチング小屋に立ち寄り
夫が双眼鏡を取り出すが短時間では何も確認できず。


スイレン 見ごろでした。
IMG_0411 (350x263)




ネモフィラ
IMG_0416 (350x263)

IMG_0418 (350x262)



デルフィニウム
IMAG2689 (350x199)


IMG_0425 (350x260)


IMG_0430 (350x263)


IMG_0456 (350x259)

ランチタイムのあと
日本庭園へ

IMG_0433 (300x209)


IMG_0434 (350x263)


IMG_0436 (350x263)


IMG_0438 (350x258)

盆栽苑

IMG_0444 (300x225)


IMG_0446 (330x350)


日本庭園エリアを出て、日陰を選びながら引き返す
IMG_0452 (350x262)

ほぼ終わりのチューリップ
IMG_0453 (350x242)


IMG_0454 (350x237)

花木園付近の木  ベニバナトチノキ
IMG_0457 (349x350)

ほかにも ミズキやオオデマリ が見ごろを迎えてました。

一日 よく歩いたけど電車の道のりも遠かった・・・
こうやって振り返ると たくさんの樹木や花々のエナジー頂いてきました。

公園は調べたら 165.3haだから・・・小数点以下0を4個だから 1653000㎡ っって!
ウーン坪換算は 501000坪って表すのもナンですが・・・(-_-;) よくわからない広さ。

で、何かと比較してみたくて、とりあえず横浜市のズーラシア(動物園)の3倍くらいでした。

お疲れさま 

このGWはよく歩きました。

では また (^_^)/~

山中湖、石割山へ

  1. 2017/05/05(金) 23:20:24_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この春のGW狭間の平日
山梨県、山中湖付近の石割神社に参詣と石割山頂までの
ハイキングに行ってきました。

神社の駐車場ではミツバツツジがお出迎え。

IMAG2585 (350x273)

友人から身長より高い斜面をよじ登るよ、と
聞いていたので滑り止めの付いた軍手をはめて出発。



IMAG2586_1 (260x350)

でも最初はジョーダンでっしょ!っていうくらい長い403段の階段が続きます。
IMAG2587

数えてないので、あそこで終わりかなぁ?と思った先に
まだ続いていたときのがっかり感はハンパなかったです。

階段を終えると 登山の雰囲気に
途中、御神木の桂の木がありました。

IMAG2592 (199x350)

しばらく歩くと 石割神社に到着
IMAG2594 (400x227)

巨石が祀られています。

IMAG2597 (199x350)


回り込んだ箇所の割れ目の間を案内板のとおり三回通りました。
IMAG2595 (350x250)

太ってて通れなかったらどうしようかと思いましたが、
リュックを外したら大丈夫でした。

IMAG2601 (199x350)

IMAG2599 (199x350)

その後は山頂を目指し登山道へ入ります。

急斜面が多くて、途中の写真はこの一枚。(;´∀`) 富士山と手前に巨石

IMAG2604 (350x199)

このあと木の根っこにとか、ロープに摑まりながら登る箇所が何度もあって
やっと山頂 到着!って
標柱の写真撮ってこなかった・・・1412m かな。 (;´∀`)

山頂の雰囲気はこんな感じで開けてます。
ちょっと早かったけど お昼にしました。

IMAG2612.jpg
(息子と私)

お天気がよくて眺めはサイコー
IMAG2609 (400x227)

南アルプスも遠くに見えてます。

IMAG2607 (400x227)

IMAG2615 (400x139)


手書きで・・・国土地理院の表示か?いやマニアックな人が枝に下げたのか?
札が・・・

IMAG2617 (232x300)

三等三角点の杭ですね。
IMAG2618 (228x300)

戻りは平尾山経由ルートというのもあったようですが
迷うと嫌なので
同じルートで下山。

神社に戻ってきました。
IMAG2625

そして、歩きやすい尾根道を進む・・・

IMAG2629 (350x278)

先ほどの403段の階段の上までたどり着き
IMAG2631 (350x254)

休憩
IMAG2632 (350x220)

下りも膝にきて大変だった階段の途中・・・
息子は手すりに乗って滑れないか、と何度か試してましたけどダメでした。
(小学生じゃないんだからヤメナサイ←心の声)

下りながら下の道に桜の花が咲いてるのが見えました。
IMAG2634 (350x232)

駐車場に戻ってきました。
IMAG2636 (350x199)

帰り道、高速道のサービスエリアでお土産物色、おやつもとって、
帰宅したあとは夕飯の支度まで少しの仮眠もとれる時間に帰宅。

圏央道ができて本当に早くなりました。
石割山、なんか御利益もあってなかなか楽しい山でした。
そして ホントにお疲れさまの一日でした。

お付き合いありがとうございました。またね(@^^)/~~~

レジン工芸 ギャラリー

  1. 2017/04/06(木) 21:16:31_
  2. 料理・クラフト・インテリアなど
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
小さな世界に何かを閉じ込めるレジンにはまって もうすぐ1か月 

作ったアイテムも増えてきたので
作品の記録として記事アップです。


昼間の時間帯に余裕があるので
UVライトなし でなんとか作ってます。

太陽光に感謝。


オルゴナイト仕様 ストラップ

IMAG2362 (350x199)


オパール風

IMAG2367_1 (350x253)


ダイソーの3本セットのミール皿付のブローチピン
実用的にはざっくりした布やニット地でないと
刺しにくいです。

みっつ並べて眺めているのが楽しい・・・

IMAG2393 (350x254)


100均で買ってあった黒い普通の小さめバレッタに
レジンを施してみました。

IMAG2395 (350x199)

なんだかよくわからないけど
出来たものを 眺めるのがとにかく嬉しい。
気に入ったものが出来たときは
私って天才じゃね? と完全に自己満足、
悦にいり、そんな時間が必要なのです。


貴和製作所のyoutubeを参考に
パーツを購入してリングもできちゃった。

IMAG2397 (350x234)
寝しなに眺めてニマニマ (*´ω`)
レジンってほんとにすごーい!

UVライト無し!・・・だけど、有れば便利かなぁ。
それほど高価でもないので
嵌っているなら 買えばいいじゃないか・・・夜もできるよ!と思って
グラッと心が動くんですけど、
多分 色々作り倒して
欲しいアイテムが揃ってくると飽きてくるのは自分でよく分かっている。
そうするとUVライトは埃を被ることになるから、
ここはぐっと我慢。
晴れて在宅時にやるくらいでちょうどよいのです。

次はどんなものが欲しいか考え中・・・まだ消化してないです。
しばらくはレジンを自分の中で極めるまで浸ります。


いやいや、しかし
この先 これに飽きたら 何をやりたがる私がいるのか?
何に出会うか楽しみでもあります。
まだまだいろんなコンテンツがあると思うし・・・


ではまた~ (^_^)/~ 今回もお付き合いありがとうございました。









レジン工芸楽し!

  1. 2017/03/22(水) 21:30:40_
  2. 料理・クラフト・インテリアなど
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
またまた 書かずにはおかない
どっぷり手芸というかこれは工芸かなぁ

レジンをつかったチャームやアクセサリー作りに嵌りました。

きっかけは 愛鳥のセキセイインコの羽をアクセサリーにしたくて
プラバンは縮むから却下、などと調べてたら
レジンに行きあたって・・・最初レジンをレンジ?と空目してしまうくらい
知らなかった~

そういえば 手作りマルシェなどで出品してあるのを見たことあったけど
なるほど これかぁ・・・と納得。

材料は100均のセリアで買ったモールド、シリコン型
ほかに 
初めてだったのでとりあえず
底がない枠タイプのチャームやペンダントパーツ。

レジン液
マスキングテープ
クッキングシート
ネイル用シール
ビーズなどの細かな飾り
ネイル用ラメなど
ラメ入りネイル
カラーネイル

そんなこんなでセリアには1時間以上いたかも (・・;)

やり方はネットで調べると親切なブログなどがたくさんある

(ここには詳しいやり方は書かないよ)

で、作ってみた。
しかし、
鳥の羽は液が染みて見えなくなった・・・
出来たのは嬉しいけどちょっとがっかりな出来。

IMAG2336_1 (180x200)
(底がない枠タイプは底面にマスキングテープを貼って塞いで
固まってから剥がして表面処理する)


底がないのはめんどいかも、と気が付く。

小さなシリコン型でいかにも初心者作品ができた。

IMAG2332 (239x250)

ほとんどが日光にあててできたけど、
午後から曇ってしまい 
大きいのは硬化が足りず
ほとんど使ってないホーメイのネイル用
UVライトを引っ張り出し
UVに当てた・・・けどこれ、1分で自動的に切れるので
スイッチを押す・・・を繰り返し 
それに小さいし止めて翌日天日干し。

IMAG2331 (300x253)


まぁ、よく晴れてれば太陽の方が早いです。
当ててる間 片手間に家事もできるし。


羽はリベンジで方策をかんがえたら
透明シールに挟んでレジン液に投入してみよう!
となった。


作品例を見たくて「レジン」検索すると検索例に
「レジン オルゴナイト」?
上がってくるので・・・視ると
渦巻きが入ったピラミッド!などなど。
確かにどっかで見たことはある!

フムフム ヒーリング浄化グッズらしい。
作りたい! となった。
調べると
渦巻きは銅線がいいらしいけどアース線バラすしかないから
ワイヤーアート用針金で代用、色もシルバーでカッコイイ。
水晶もサザレやビーズなどで持ってるし。


夜 内職仕事で渦巻きを作る。


そして後日 ほかの材料を今度はダイソーで仕入れ。

素敵なモールド3種あって2種購入。
IMAG2350 (200x114)
他に
ペンダント(チャーム)のミール皿2セット
レジン液硬いタイプ売り切れてて・・・
仕方なくラメ入り(5g)を4本。
レジン用の装飾パーツシート

足りないと困るので
手芸品店で 普通のよさげなレジン液
高価だけどボトルが大きくて使いやすそう。
これからも続ける予感してるからまあいいか。
ブローチ台 丸カン なども購入。

なんだかんだで出費ですが 楽しみのためには譲れないかも。


出来映えは
羽はOKな感じです。
IMAG2348_1 (250x250)

シリコンのモールドで作ったほうは
オルゴナイト使用です。
水晶のサザレ石入ってますがほとんど透過してます。
他に ありていのスモーキークォーツや
ラピスラズリのサザレ入り

IMAG2346_1 (328x350)

ブローチ 
途中下に敷いたシートが浮いてきてしまい隙間にレジンを注いで
上からもオーバー気味に垂らし固めた苦心作

IMAG2352_1 (350x227)


宇宙塗りもやってみた
不出来だけど
宇宙船いっぱい飛ばしてみた。
こちらもオルゴナイト仕様、
渦巻きと水晶投入。

IMAG2354_1 (300x300)

枠だけだったのでちょっとこちらも最後に補修処理になった。
宇宙塗りは片面ネイル処理なのでミール皿に限る、
教訓。。。とします。


ではでは 今日もお付き合いありがとうございました。

では また (^_^)/~

血液検査結果をデータ化してみた。

  1. 2017/03/18(土) 11:11:09_
  2. 病気のこと(溶血性貧血)
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
きょうはちょっと持病ネタです。
スミマセンが、
もしかしたら
同じような病気の人も見てくれるかもしれないので
書いておきます。


自己免疫性溶血性貧血に罹って5年以上・・・
えっ?足掛けだと7年だ!


というわけで、日々 体調と相談しながら、行動している私ですが
気を付ける意味合いを見える形にしたいと
以前は夫にお願いして血液検査結果を
グラフとしてデータ化してもらっていたのです。

しかし、いつの間にかほったらかしで、
だいぶ溜まってました。
清書もかねてグラフをもっと見やすく最初から作り直したい。。。

で、暇な時間の多い自分でやった方が早いかもと
今まで名簿作成程度しか使ったことがないエクセルにチャレンジでした。


ひたすら数字を入れること数十分・・・その後
グラフ作成をgoogleりながらやってみて・・・

とても疲れたけど、なんか出来た!うれしい。
(出来ないことって下手でも出来るようになると嬉しいもので、
→プログにアップしよ!となったわけです)


見てわかる病歴、
傾向と対策がわかる気がする。

季節的なことやステロイド剤服用した期間などを考慮しながら見ると
見えてくるものがある・・・。

スクリーンショット 2011-13(1)
これは死にそうになったときを含むグラフ



スクリーンショット2014-165(2)
比較的安定期、でも低空飛行、寝込んだこともあったっけ・・・


スクリーンショット 2016-17(3)
ステロイド使うとやはりいい感じ、だけど止めると低空飛行・・・
Drはまぁ良くなるとなんとか使わない方針、だから気をつけるしかないよねぇ・・・
というのがよく分かる。
あまり下落すると処方されますが・・・。

それにしても
どの値も自力で基準値になったことはほとんどないよねぇ・・・トホホ。

そして赤血球の破壊は急にくるので油断はできない。。。
調子に乗り過ぎないようにって感じです。

この病気は貧血もそうだけどビリルビンの値が大きいときは
ホントに調子が悪くて、辛くなりますね。

けれど、ビリルビンがまぁまぁの時は
消化酵素も順調だろうし、造血のためにも、
お肉を欲するときは身体に正直に食べようと思います。
あとはちょっと気になるサプリがあったので、
次の検査までは飲んでみようかなぁという近況です。

IMG_6428 (400x300)

さぁ
暖かくなる季節だし、ジメジメの梅雨になるまで、
自然に親しむために出かけたいと思います。

みなさまも身体を大切にお過ごしください。
では また(^_^)/~

「オルセーのナビ派」展へ

  1. 2017/03/12(日) 21:20:40_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
月に1度くらいのペースで美術館へ足を運んでるのですが

最近の行った展覧会はこちら
東京、丸の内にある 三菱一号館美術館で催されている
「オルセーのナビ派展」

IMAG2325 (400x227)

印象派に反対してのナビ派・・とかwikipediaにはありますが
同じ時代の印象派の光重視ではなく
モチーフ重視なのかな。
題材は同じ時代で同じようなモチーフではありますけど、
古典的な写実に比べたらモノを捉える新しい切り口だったのでしょう。
アールヌーボーの前駆的な雰囲気ではあります。

いつも展覧会の気に入った作品のポストカードを購入しますが、

今回は これ
ポール・セリュジエ の 「タリスマン(1888年) 」

IMAG2326 (215x300)

つい立画や壁面装飾の連作が印象的な展覧会でしたが
やはり こういった純粋絵画がいいなぁ・・・奥深くに何かを与えてくれます。

三菱一号館美術館所蔵のルドンの青い花瓶の絵もすごーくよかった。
行ったかいがある展覧会でした。


それから、この美術館併設のカフェに寄るのも目的、
多分 混み合うであろう、ということで 到着して展覧会より先に
「Cafe1894」に入りました。
11時オープン少しあと、15分頃 待たないで席に着けました。

店内を見渡すとこんな風景

IMAG2309 (400x242)

ランチプレート
IMAG2310 (400x227)

お腹を満たしたあとに、ゆっくり絵画鑑賞したのでした。


そのあとは 中庭になっている広場で写真をパチパチ

IMAG2312 (400x226)


IMAG2313 (400x227)


IMAG2314 (400x227)


安心の作風 エミリオ・グレコの彫刻。
IMAG2316 (299x400)
なんだろう・・・すごく、すごく好きです。

周囲はカフェが何件かある庭で、
晴れた日の昼下がり、人々で賑わっていたんですよ。
カメラは向けてませんけどね。

IMAG2318 (400x227)

クラシカルな建物と現代建築に囲まれ 刺激的なスペース。

同じように 昨年のモランディ展で行った東京ステーションミュージアムも
駅構内のあのレンガの建物の中なので美術館そのものが価値ある場所です。

どちらも交通の便もよいし
気に入った企画展を機にまたぜひ来たいです。

☆おまけ☆ちょっと宣伝です。
自作 ラインクリエイタースタンプ2種
販売中です。
お出かけ・在宅急いで伝言
病弱女子の素直な日常

どうぞよろしくです。 m(__)m

どうもありがとうございました。ではまたね (^_^)/~

意識レベルの深さ

  1. 2017/02/11(土) 22:10:26_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ひさびさに スピなことを書いてみます・・・

半田広宣さんが提唱している
「ヌーソロジー」で
意識の変革のためには、

空間を幅(時間)で見ないで奥行き(多次元)で観ること・・・っていうのは
考えるに
ハートで感じること 直感、洞察力、心に響かせることだと想う。

しかし、目の前のモノと対峙した時
その様に見ようと いつだって思考が働いてしまう。
いいのかどうか わからないけど。


思考では
例えば室内のコップでもグラスでも 家電でも、金属、プラスチック製品でも
結局 土、鉱物や石油、つまるところ地球由来と考えに至る。

家具なども木製品も 有機物も生命活動と地球由来。

そうすると
火山活動の映像で見たマグマ、固まる鉱物 噴火の光景
美しい砂地、砂漠 ガラスの原料・・・
芽吹きの活動、森林 渓流・・・
大気の流れ。。がビジュアル化され浮かんでくる。

火と水と空気、土 太陽 星の運行・・・

そして、ここまで そのモノの背後に想いを馳せている・・・と、

成り立たせている途中、途中の人間の意識 認識のそのあと もっと奥には

自然由来の地球をはじめとする偉大な意識が存在する。


とおもう時 思考を越えてくる・・・


私はおびただしいプレゼンスに取り囲まれているのだ。



すべてが錬金術

圧倒的な感覚はハートで感じている自分。


モノが語りだすまではいかないけれど
きっとその延長上に本当の真実もっと深い多次元ががある、という確信。


錬金術師は誰なのか?

それは 私の延長上、というか拡張していく私にあるのだ・・・

私の中に すべてがあるという 感覚




アマナとカムナのお話をしてくれる
しおりちゃん はツイッターやブログで
「アスファルトでさえ突き破って生える雑草は意識の押し上げなの」
というようなことを言っていた。


自然由来、原初に近い意識は意識進化に直結しているのだと想う。


だから、
家具でも何でも 出来上がる過程では人の意識が入っているわけだけど、
どれだけ真っすぐな心がはいっているか、純粋性に近いモノかで選びたい・・・。

それには自己の
意識もそこにチューニングしなければならないのかもしれない。

 (;・∀・) (;・∀・) (;・∀・)

だから 目の前にあるものは 自分自身なのかも。

IMG_0185 (400x233)
(統治以前の古代人はいつも多次元で感じていたんだろうなぁ)


普段 私たちは
奥行きで観るって、深さこそ違えど(浅いレベルでは)
誰でも日常的にやっているとは思う。

スッと 必要なモノに素直に手が伸びたり、
または 反対に
身体に善くないかも~って解ってて
食べちゃったりしているわけで・・・
多次元的感覚は知っている。

ただ 多々多々多次元意識まで感じ取ることができているかどうか、だけのこと。


だから 少しでもハートのレベルを上げて(深度を下げて)日常をおくろう と想う。
アウトプットも変わってくるはず。

(^_-)-☆




LINEスタンプ完成(;・∀・)販売中!

  1. 2017/02/02(木) 22:33:44_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先日 ラインスタンプを作成して申請中・・・と記事にしたのですが
めでたく 昨日2月1日に販売開始することができました。

なんか 広告めいたブログってちょっと読んでる側には
ウザったいでしょ(´Д`) 申し訳ないのですが・・・
いちおう 宣伝しておきます。

https://store.line.me/stickershop/product/1380896
『病弱女子の素直な日常』

というもので、体調不良な時や更年期の女性が使いやすいかもです。

コメント的にはリアルに使えると思うんだけど・・・
画は稚拙で手書き感満載、キャラもバラバラ アハハ 自分的にはうけてますけど。

振り返ると
(原画)
IMG_0400 (340x255)

これをスキャンしてパソコン内で
着色やテキスト入れたりその他画像処理
絵を描く人御用達の「フォトショップ」もないので、フリーのお絵かきソフト駆使しました。

いつもブログに写真をアップするときはフォトギャラリーでちょいちょいと
するだけ。
モザイクかけたりのときはJトリム
(これは簡単で慣れているのでトリミングやサイズ調整に便利)

さて 今回 彩色するにあたり二男がダウンロードしてくれたのが
フリーのgimpというアプリ

開くと うーん英語表記なんですけど・・・
レスキューはまた二男にお願い。
 なんか暫くいじってくれて日本語表記になったけど

さぁ とにかく使って覚えるしかない・・・
とにかくカラーモードって?エクスポートで拡張子名で保存ってナニ?
という状態。

最初のうちは二男をチョイチョイ呼びつけることと、
グーグルに訊くを何度か繰り返しているうちに
さすがに42枚の画像を作る間には使いこなせるようになりましたよ。

スキャン→「ペイント」でゴミやはみ出し消し→「Jトリム」でテキスト入れとサイズ調整→
「gimp」で彩色とLINEの規定に添うように背景を透過する
の繰り返しで完成させました。
ほんとは「gimp」だけでもっといろんなことが出来そうだけど
手を出すと余計に時間がかかりそうなので
やめておきました。

興味ある方のために
「LINEのクリエイターマーケットの制作ガイドライン」 ←貼っときます。


そして、LINEに申請→審査→透過漏れで3枚やり直し→再申請・審査→承認 という流れでした。


こんなおばさんでも出来るもんだ・・・よく頑張ったと褒めたい気持ちです。

気をよくして 描くこと、処理することにも慣れたので
審査待ちの間に 第二弾を作成・・・
こんな感じです。。。

電車にのったりバスに乗ったり
待ち合わせ相手に連絡など

1486036415817 (400x198)

在宅しているときなども盛り込んだので、家族間で使いやすいかも。
主婦目線は欲張りなのです。

で、今日
1枚差し戻されて修正して再審査に申請しましたから
もう1週間くらいしたら販売できるかなぁ?

2-2 (200x102)

楽しみに待ちたと思います。

これが出来たら私は家族間ではスタンプだけで会話ができそうです・・・

それにしても、病気中のズボラな考えからスタンプを産みだしてしまった・・・
1ヶ月前には思いもつかなかった・・・本当になにがどう転がるか、
私って何をやりだすか解らないものだ・・・とおもう今日この頃です。

一念発起でスタンプ作成申請中・・・

  1. 2017/01/19(木) 14:01:57_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
2017年になってもう 1月半ば
ことしもよろしくお願いいたします。

で、年頭から体調崩してしまい・・・松の内から高熱が出た。
でも まだパッとしない気分ですが

病床でスマホ片手に
LINEで使える、自分が使いやすいスタンプを作ろうと思い立ち
熱が下がってから
画用紙にイラストを描き始め、
用具が足りなくて
初めて、同人誌用の原稿用紙とコミックマーカーを買ってみました。

IMG_0402 (340x255)

マーカーは使いやすいけど 主線の黒マジックがちょっと滲む
黒のペンも買って来るべきだった・・・なるべくパソコンで色付けを試みる。

フリーのお絵描きソフトに四苦八苦しながら
寝る間も惜しんで没頭した・・・また体調崩さないといいんだけど。

42枚の作画作成終盤はアイデアが尽きてきて
頼みはうちのセキセイインコさんも登場させた。

IMG_0400 (340x255)

一番気に入ってるのは セキセイインコの絵かも。

1482737263278 (350x346)


そして、本日 登録申請・・・果たしてスタンプ審査は通るのか?
祈るのみ。。。

販売できるようになったら またここに告知できる日を楽しみに待ちたい、
そして、何より 自分が使いたい内容なので早く使えるようになるといいな・・・

(ほんとうは告知の段階でアップしたかったけど 1日でも早く審査が通りますよう、
オリジナルである作品確認用のため記事かきましたよ (;・∀・) 

ではまた (^_^)/~

セキセイインコをお迎えしたころ

  1. 2016/12/26(月) 16:55:46_
  2. 大切なもの
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
振り返ると

今年は 年頭からセキセイインコさんとの生活が始まったのでした・・・
1月末 最初にお迎えした子は・・・

最初から人に慣れていたヒナ上がりした幼鳥さん
よそよそしかったけれど 直ぐに家族に慣れて楽しく過ごしていた。
とても几帳面なコで絶対にカゴの下の網面に下りない、
下りたことはなかったと記憶する。
人に触られるのを嫌がったけれど自分からは近寄ってくる、
人なつっこいけど いつもスマートでノーブルな佇まい。
水笛のような鈴の転がるような美しいさえずりで皆の心奪い、
とても家族に可愛がられ慕われていた。

そして、6月 私の重大ミスにより逃げてしまった・・・(;_:) 

焦って近隣を探し、届出もしたものの
泣くに泣けず、ガックリしすぎて探すにも力がでなかった・・・
それでも翌日、早朝から探し回り・・・、
周囲を見渡すと、広大な畑や住宅地、猫やカラス
大空にはたくさんの野鳥、 広さを実感した分だけ、
途方に暮れてしまった。
なにしろ相手は鳥なんですから。

数日後 新しいコをお迎えしたのは 
寂しさと 罪の意識もあったからだと思う。
今度はちゃんと全うしたい気がしたから。


6月にお迎えした、今うちにいるルウちゃんは
ペットショップでは
挿餌をほとんど終え、普通餌に移行中で、粟穂をガツガツと
ケースの床面でベターっとお腹を着けて隅っこで食べていた。
わき目もふらず。

前のコとは全く対照的な気がしたけど好感がもてた、
真っ白な羽が麗しくてかわいい!


家に連れてくると当然 警戒心で怯えてる・・・しばらくしたら餌を食べてくれたのでひと安心。

IMAG1722_1 (350x246)


でも、このコは手を怖がった・・・(・・;)
ケージの外から指先に餌をくっつけて網目から入れること毎日4、5時間。
ひたすらケージに張り付いて声をかける。
段々と慣れて ケージ越しに頬や頭を差し出すようになった。
スリスリさせてもらえた!やったー!

しかしケージの掃除の時には私の手が入ってくるので
バタバタと情けないくらいパニックになってた。
室内に逃げさせて、天井のライトの傘の上に止まってじーっと怯えていた。
ごめんね、ごめんね・・・早く慣れてね。
この頃はケージに入れるときも追いながらで、一苦労だったなぁ。

2週間が過ぎて、
頭スリスリができるようになったからといってまだ手には慣れなくて
こんどは ケージの扉を開けて手を入れ、餌をやる・・・
パニックになるけれど、安全だよー、なにも怖くないよー、とご飯をあげる。
やはりこの頃も毎日数時間、暇があるとケージに張り付いて
手をひらひらさせた。
にっこり声かけ ただひたすら。。。。

とにかく 可愛かったからできた。何より仲良くなりい、
りっぱな手乗りさんにするよ!と私は決意していたっけ。

そして、また2週間、ケージの中で手を慣れさせるを繰り返し・・・

7月に入ってしばらくしたある日、 いつものように手を入れたらその日は
腕をつたって出てきたと思ったら チョンと私の肩に乗ってくれた。

忘れもしない ルウちゃんが私を受け入れてくれた瞬間だった。(ToT)
ありがとう、ありがとう!

ルウちゃんは 前のコ違って
バサバサと無様に見えるくらい、
なりふり構わない身のふるまいを無頓着にするし、
飛び立つときや旋回時に羽の先が私にバザッとぶつかっても平気らしい。
度々ニアミスというかぶつかる、けがしないでね、という心配をよそに
華麗な運動神経を見せてくれる。
さえずり声は綺麗とは言えないグルグル声。
でも 小さな声で甘えたように鳴くとき
ギューッと心をわしづかみにする無邪気さが際立っている。

おかげでセキセイインコさんといえども個性があることを知りました。


前のミスがあったからこそ このコと心通じあえたとも思う。
すべての出来事に感謝。お迎えしてよかった、幸せです。(^^)

ルウちゃんと私たちとの生活はこれからも続く。
これからもよろしく (=゚ω゚)ノ ∟(・θ・)アイヨーピヨ!

1482737263278 (350x346)

そして、逃げてしまった小鳥さんのスピリットはいつも傍にいます。。。

皆様も動物の家族さんいらっしゃる方 仲良くお幸せに(=゚ω゚)ノ
ありがとうございました。

では また(^_^)/~


夢の吊橋、蓬莱橋

  1. 2016/12/15(木) 15:25:43_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
11月の関東に積雪があった翌日、道路事情は問題もなく、
忙しい出来事があったりしたのですが、
紅葉シーズンの寸又峡に宿の予約を前々からしてあったので
出かけてきたのです。

すっかりログにするのが遅くなしました。
もう12月か・・・


ということで、11月のもう終わりかけていた紅葉のリポです。
 


新東名高速 島田金谷ICを下り

大井川鉄道を横に見ながらのドライブでした
トーマス号ではなかったけど本物の蒸気機関車です!
見れた時は素直にワーイという感じです。

IMG_0345 (400x222)

山道に入り だんだんと道幅は狭くなり 対向車を交わしながら
静岡県エリアの南アルプス寸又峡へは午後二時に到着。


1時間半くらいの散策コース。
暗くなる前には戻れそうなので
荷物を宿に置き、即刻 散策へ。

戻る人の流れも多かったけれど、これから行く人も多かったです。

IMG_0359 (400x272)


夢の吊橋~飛龍橋を廻ります。

散策路は橋を渡るためにかなり下りるみたい。。。

IMG_0357 (400x300)

ずい分下の方に見えてます
あんなに降りるのかぁ・・・
今回の旅は
あれを渡るために来たようなものなんです。
そして、渡ったあとは またかなり登るんです・・・(^▽^;)

橋自体は怖いかな?
高い所はしっかりガードされていれば平気なんですけど
足元が危うい所っていうのはどうも・・・(;´Д`)
かなりドキドキしておりました。
でもあの綺麗な水の色をま近で観てみたい気持ちが勝ってましたっけ。

IMG_0354 (300x225)

橋の袂で撮った写真は 人が写っていたり
画にならないので ボツって無し。

で、「夢の吊橋」戻り道からの全景写真です。

IMG_0370 (400x231)

渡っているときは 余裕がなくて
両手はしっかりワイヤーの手すりを握ってました。
なにしろ足元は肩幅くらいの木道になっていて
両サイドはスカスカ状態 、カメラやスマホ落としたらシャレになんない
という吊橋だったので途中経過の写真も無し。
夫は少し動画を撮ったみたいです。

しかし、ゆっくり写真撮影など楽しんで、立ち止まりながらの人たち
(カップルさん何組か)の後方にいたので
時間がかかったよ・・・
夫は足元の板一枚広い箇所でカップルさん達を抜かし
先に向こう岸で待ってました。

やっと橋を渡り、

300段以上の階段を登って (*_*) 舗装路にでると

飛龍橋
IMG_0369 (300x199)

橋の欄干からの川底
水量少ないのかな?
山肌の紅葉が目を楽しませてくれました。

IMG_0367 (400x310)

紅葉はトップシーズン過ぎてちょっと残念だったけれど
秋と冬に向かう境目シーズン、季節を感じ綺麗でした。
そして、橋を渡ってみるという念願叶ってよかった。

ほっと一息 カフェでお茶しました。
テラスでは足湯もできる人気のカフェ。
室内の普通のテーブル席に着きましたけどね。
IMAG2075 (300x241)


翌日は チェックアウト後、山を下り島田市へ向かいました。

ドライバーさんドキドキの山岳道が終わってから
また大井川沿いの途中

IMG_0379 (300x225)

を見つけ停車。

先の橋と同じ形状の橋が大井川に架かっているではありませんか。
「塩郷の吊橋」

IMG_0373 (300x400)

渡ってみた。
すぐ 戻ってきただけですが・・・
川幅はこちらの大井川の方が断然広いので
長かった!
アトラクションのようで面白かったです。


島田市への目的も橋 だったのです、
向かうのは 「蓬莱橋」

これです。
木造橋としてはギネス認定らしいです。

IMG_0393 (400x300)

調べたら
朝ドラ「ととねえちゃん」ロケ地だったんですか。


897.4m 往復してくるので1.8km。
向こう側の端は見えませんね。

暖かな日でしたけど橋の上は川風が吹いて寒かったです。

IMG_0382 (400x300)

その後、車を走らせ昼食を人気のレストランでとって、
近くの
お茶の博物館へ行ってみましたが
工事のため休館中、残念。

茶畑を写真に収めてきました。

IMG_0396 (400x300)

IMG_0399 (400x257)

うちで日頃頂いているお茶 ここで作られているんですね・・・

本当にありがたいなぁ しみじみと感じ入ります。

テーマとして橋というわけではなかったのですが結果として
ドライブも含め橋をたくさん観てきたことになってました。

お付き合いありがとうございました。
では また・・・(^_^)/~

なんとか行けた~金時山

  1. 2016/10/20(木) 22:55:55_
  2. 病気のこと(溶血性貧血)
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この秋 無事に自己免疫性溶血性貧血の難病認定の更新も済んで
(健康で更新に価しないほうがいいに決まってますが(-.-)

発症してかれこれ4年
慣れたもので、軽く溶血した時の自己診断もできるようになってます。

溶血発作の始まりは
頭頂部がひんやりしてきて、唇がしびれ、
冷や汗が全身にでて貧血症状が起る・・・
翌朝の尿はコーラ色がかって顔と眼球は黄色くなる、という流れ。

9月のガーデニング作業のあとこのような症状がでて
定期受診の検査結果では
網状赤血球の高い値のお陰で
ヘモグロビンは9ポイント台をキープしてたものの
黄疸と抗体の値は少し高くなってた・・・
ステロイドは免れ、とりあえず よかったです。

溶血して今は落ち着いてくれたのねって感じでした。
風邪など引いてなければ なし崩し的に救急送りには至らないのでホッとしますが。


そんな体調の中 気候もよいので調子に乗って 足掛け2年越しの
金時山 登山計画を実行☀

先日の尾白川から帰ったあと
トレッキング靴のソールがペロンとはがれ新調。

おニューの靴♡ 試したかったし
IMAG1974 (300x170)

日曜の朝 
足柄峠の林道の中の駐車スペースになんとか停められ
出発。

IMAG1976 (400x227)

最初は なだらかな尾根道

ここから登山道です。

IMAG1978 (400x227)

この写真を撮ったときはまだ元気。

IMAG1979 (400x227)

だんだんと険しくなって写真はなしです。
階段状のガレ地と金属製の階段梯子が所々ある斜面。
でも階段梯子は手すりがあるのでまだ安全かも。

ガイドとなるロープに頼ってしまうけど
たるんでるので気をつけながら・・・

息が度々切れてきます・・・健康な汗のかき方ではではないなぁと感じながら
頭はひんやり
唇はしびれてくるし 足は進まない・・・
梯子の手すりはとても冷たく感じて、グローブはしてるけど
薄手の指先がないタイプ
指先が冷たい・・・鎖場まであるし・・・
(主治医が知ったら怒られそうだ(・∀・;)

息苦しいので休みながらなのに、
脈拍は112/1min
同行の夫が見守ってくれてたり後ろで支えてくれたりしてくれてました。

山頂まで行って下山もできる体力はある感じだったけれど、、
山頂広場がすぐそこに見える場所に来ても
まだ一息では登れなかったのですが・・・

なんとか山頂に着きました。

そんなペースに付き合った夫は結構 楽に登れたようでしたけど。 (;´∀`)

11時前には着いたのですが 日曜日だったので
混んでましたよ。

IMAG1987 (400x227)


IMAG1982 (400x227)


身体を温めるために 金時茶屋で きのこ味噌汁頂いてきました。
IMAG1988 (400x227)
天井には登山回数記録保持の方のお名前がかかってます。
IMAG1984 (300x170)

登山記録名簿もあって記念に記しました。
IMAG1985 (300x170)

金時娘であるおばあちゃまにも会えたしよかったです
きのこ汁はすごーく美味しかったですし。

(お店の看板の横にあった説明書きっぽい物を
帰宅してから写真を引き伸ばして読んだら
凄いことが書いてありました。
この写真では見えないと思うので
ぜひ足を運んで現地で読んでみてください)

これで元気がでました!

同じ方向に下山です。


鳥居も過ぎて
途中 なだらかになったあたりの
休憩ベンチの場所で
持参したおにぎりを食べました。
この日は早くでたのでこの時 12時少し前。
IMAG1994 (400x250)

IMAG1995 (300x244)

車に乗ってから 足柄峠関所跡に立ち寄りました。

IMAG2001 (400x227)

関所の時代よりもっと古く
古事記の倭建命(日本武尊)ゆかりの地でもあるようです。
IMAG1999 (227x400)

フムフムと説明書きを読んでみると
なんだ、ただの征服者じゃないか・・・

足柄にさよならして
東名高速ICへと向かい

🚙 無事に帰宅しました。


翌朝は あっ やはりちょっと溶血してるねってことで・・・
グダグダと身体を休め
とりあえず いつもの予約日まで病院のお世話にはならなくて大丈夫そうです。

最近は遊びに行ったネタばかりですね・・・(;´∀`)
病気に負けず、というか病気だからこそ
自分に見合った程度に
好きなことはやっておかないとという想いが強いのかも。


登山と病気がごちゃ混ぜ記事になってしまいましたが
もし溶血性貧血の人が読んでくれたら
なんか共有できるかもという気持ちです。
私もほかの方のブログを読ませていただいて共有させてもらっていますので。

では ありがとうございました。(=゚ω゚)ノ じゃまた


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -