ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


意識レベルの深さ

  1. 2017/02/11(土) 22:10:26_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ひさびさに スピなことを書いてみます・・・

半田広宣さんが提唱している
「ヌーソロジー」で
意識の変革のためには、

空間を幅(時間)で見ないで奥行き(多次元)で観ること・・・っていうのは
考えるに
ハートで感じること 直感、洞察力、心に響かせることだと想う。

しかし、目の前のモノと対峙した時
その様に見ようと いつだって思考が働いてしまう。
いいのかどうか わからないけど。


思考では
例えば室内のコップでもグラスでも 家電でも、金属、プラスチック製品でも
結局 土、鉱物や石油、つまるところ地球由来と考えに至る。

家具なども木製品も 有機物も生命活動と地球由来。

そうすると
火山活動の映像で見たマグマ、固まる鉱物 噴火の光景
美しい砂地、砂漠 ガラスの原料・・・
芽吹きの活動、森林 渓流・・・
大気の流れ。。がビジュアル化され浮かんでくる。

火と水と空気、土 太陽 星の運行・・・

そして、ここまで そのモノの背後に想いを馳せている・・・と、

成り立たせている途中、途中の人間の意識 認識のそのあと もっと奥には

自然由来の地球をはじめとする偉大な意識が存在する。


とおもう時 思考を越えてくる・・・


私はおびただしいプレゼンスに取り囲まれているのだ。



すべてが錬金術

圧倒的な感覚はハートで感じている自分。


モノが語りだすまではいかないけれど
きっとその延長上に本当の真実もっと深い多次元ががある、という確信。


錬金術師は誰なのか?

それは 私の延長上、というか拡張していく私にあるのだ・・・

私の中に すべてがあるという 感覚




アマナとカムナのお話をしてくれる
しおりちゃん はツイッターやブログで
「アスファルトでさえ突き破って生える雑草は意識の押し上げなの」
というようなことを言っていた。


自然由来、原初に近い意識は意識進化に直結しているのだと想う。


だから、
家具でも何でも 出来上がる過程では人の意識が入っているわけだけど、
どれだけ真っすぐな心がはいっているか、純粋性に近いモノかで選びたい・・・。

それには自己の
意識もそこにチューニングしなければならないのかもしれない。

 (;・∀・) (;・∀・) (;・∀・)

だから 目の前にあるものは 自分自身なのかも。

IMG_0185 (400x233)
(統治以前の古代人はいつも多次元で感じていたんだろうなぁ)


普段 私たちは
奥行きで観るって、深さこそ違えど(浅いレベルでは)
誰でも日常的にやっているとは思う。

スッと 必要なモノに素直に手が伸びたり、
または 反対に
身体に善くないかも~って解ってて
食べちゃったりしているわけで・・・
多次元的感覚は知っている。

ただ 多々多々多次元意識まで感じ取ることができているかどうか、だけのこと。


だから 少しでもハートのレベルを上げて(深度を下げて)日常をおくろう と想う。
アウトプットも変わってくるはず。

(^_-)-☆



スポンサーサイト

この星に落ちてきた人へ

  1. 2016/01/12(火) 21:40:35_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
デビット・ボウイさんが 逝きました。
「best hit USA」を観ていたのがティーンエイジの頃、
ヒットチャートに上がってる曲くらいしか聴いてませんでしたが・・・
彼の曲やPVを見たときは
この世のモノとは思えない妖艶さ儚さをたずさえ、
このような男性がいるのだと衝撃的でした。

昨日のツイッターで平沢さんは「巨匠、星に帰る」と言ってられましたが
その通りだと思います。

地球に降りてきた存在でしたのでしょう。

地球に落ちてきた存在なら反応すると思います、この2曲貼ります。
ボウイではありません。

平沢進の曲 二つです。

「MOTHER」  
(初めて聴いたときは泣けました、帰りたいよ~どこへだよ!って感じでしたけど・・・)

「ナーシサスから来た人」
 (ナーシサスはギリシア神話の美少年ナルキッソス、ナルシス ちょっとボウイを連想させます)




 「MOTHER」 平沢進





「ナーシサスから来た人」 平沢進



またね (^ ^)/

カメラで遊ぶ・光をみる

  1. 2015/10/13(火) 22:33:06_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日 ツイッターでリツイートした泉ウタマロさんの記事の方法
その被写体に意識を合わせながらスマホで 
適当に接写というか、シャッターをタップして撮ってみました。

庭の花木など。

IMAG0324 (400x224)

これはバラの蕾なんだけれど
オーラの見え方に似ている

IMAG0328_1 (400x335)


オーラを観るときも 意識をハートに落とし込み
その モノに入っていく感じ
自然と視力のピントは外れる。


で、今日は鉱物も・・・

水晶です。
IMAG0347 (400x224)


ガーデン水晶 

IMAG0353 (400x224)


アンモナイトはどんな夢をみているのだろう

IMAG0355 (400x224)





そして、今日の陽が傾きかけたころの太陽は
昨日につづき やはり六角形 
ちょっといびつだけど・・・撮る人によって姿を変えるのかしら?

IMAG0327_1 (400x278)


ちなみに昨日の太陽 です。

IMAG0299_1 (300x230)

またね (^_^)/~

神聖は自己に帰結しているだけ。

  1. 2015/07/22(水) 23:36:10_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
またまた  〔『ネルダ・インタビュー5』 を読んで〕 2015.5.28 過去記事に関してですが、

そこに私は

 私はどこかで覚えているのだと思う。
私の欲求は このシステムから出たい というもの・・・ 


と書きましたが、

『ネルダ・インタビュー5』や『神との対話』
『奇跡のコース』など 多くのスピリチュアルリーダーたちも語って
何度も目にしている ことではあるでしょうけれど


「私たちは ファースト・ソース(根源としての神聖)を想いだすように 帰還するよう 組み込まれている」

ある意味これも 根本的な設定 でしょう。
これがなければ 存在としての私たち(「I AM WE ARE」 の世界観)
ではなくなってしまいますから これはいいのですけれど。

だから これを利用して アヌたち (支配計画の神) は
神という存在を信じ込ませることに成功しているわけです。

そうです  だから神を求めてはダメなんです。

すべては 自分のハートの内側に備わっているのですから
求めなくていいのです。

ついつい求め癖が でたときは

これをやめること。 
気がついたら 即 ハートにフォーカスして落とし込むこと。


そうすれば いろんなメソッドやセミナーも必要なくなる。
(交流の場や新しい発見のためならいいと思う)


『奇跡のコース』をクラスという形で学んでいたとき

「求めることをやめるためにコースをやっているなんて矛盾しますねー」なんて
言いながらやっていましたけれど それはそれで 楽しいものでしたし
自分の観念 やジャッジメントしていることに気が付くのに役にたっていました。


神は求めるものではなく 在る 遍在しているだけなんです。

求めない・・・というのは何も物質的な欲求を捨てろ という意味ではなく、
神を外側に求めない ということ。

そこに触れるには  結局のところ すべては自己に帰結している。

KIMG1216 (400x300)


クリシュムナムルティなどは その辺のところをストレートに語っていますが、
ともすれば 質素に静謐に生きろ という意味にとると 苦しくなります。
が、そういう意味ではではなかったと最近よくよく分かるようになりました。

根源的な神聖を自分の中に見い出し、触れれば

自分自身は ”結果” 応え・答え であることが。

それがどれだけのパワーをもっているか
わかるでしょう。

シンと静まり返ってはいるけれど
物質的なものを棄却するということとは まったく別次元だということが。


いつも そこにストンと落とすことが出来れば
おのずと 生き方がスリム化していく・・・といいんだけれど。
まぁ、自我の言うことも聞いてあげないと
暴れて反動がきてもねぇ、だからこれはダイエットみたいなものです。


内側の神聖に触れるのは いつも眠りに就くときだけど 昼間も積極的に行おう。

KIMG1220 (400x300)


そして、
余裕があっていっぱいいっぱいにならない ヒトになっていくと想うんです。
深みのあるヒトに。

本当に必要なくなったら

神聖に包まれて 平安なヒトに。






無意識と現実と・・・

  1. 2015/05/12(火) 23:16:57_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
陰謀ネタに興味がある人は
気になっていたかもしれませんが
5月11日は地震がどうのこうのっていう情報。。。

世界的に見ても 昨今、噴火や地震が起きてるので心配があったと思います。

情報の日が陰謀的なのでは?、といろいろな人が暴いてました。
これを心に留めておくことが抑制や効果が薄くなる気もすることと、

それに
その情報は創造という観点での予定調和ではないのでは?と想っていたのに、
10日の朝はこんな夢で目が覚めたのです。

夢の内容は・・・

朝起きて 窓を開け景色をみるという場面から始まる
「いいお天気だよ、海も見えるし」 と長男に話しかけながら
なに言ってんの!家から海が見えるわけないよ、と思いながら
その遠くにある海を凝視すると
濃い青みを帯びて盛り上がった海水がうねりながら こちらにやってくる。

そのリアルさに驚き、恐怖を覚え
瞬間 この辺りに ここより高い場所はない!
直ぐに全部の窓を閉めてと長男に指示し
自分も閉めて回る。
2×4の家は箱、箱舟のように流されて助かるかも! 
でも自分たちだけ助かって ほかに誰もいなくなってしまったら嫌だ・・・
などと 
せっぱ詰りながら考えていた・・・・

そこで目が覚めました。





なんか夢の映像が生々しくて う~ん、と唸ってしまいましたが、
夢を考察してみたところ
かつての津波の映像を見たとき 家がまるごと浮かんでいるのが印象に残っていたことや、
防災意識と先の陰謀ネタ情報がリンクしたのでしょう。
夢で自分の感情は 焦りながらも結構冷静、
自分たちだけ生き残るのは嫌だし、意味のないことだと思っていました。
これはこれで 大きな経験です。
私としては5月11日の件は完了という感じでした。


そして実際の11日の朝を迎え エネルギーを感じてみる
湿度や温度、目に見えない何か 空気感を
大丈夫 なにも違和感があるものが感じられず、 普通に日常を過ごしました。

私は静かにしている状態であれば
直近迫った地震は 違和感として感じます。
絶対の感覚があると思っています。
動物と同じ。(;・∀・)
以前 夜中に直下であった時など
寝付けず 横になっても 寝てられない
布団の上で起き上がるしかない状態になってしまい
イライラ 不眠の時とは違う。
とにかく地面が何が ずんずんきている感じ。
多分 揺れは感じない地震が起こっていたのでしょう。
そして、本当にグラッときた覚えがあります。

でもそのような
夜中、地震の直前に目が覚めてしまうなどは 誰にでもあることででしょう。

そして地面の下に違和感・・・と思っているとグラグラです。


とにかく
?と想ったら そのときのエネルギーを感じてみる。
微かな違和感?快適な感覚? 素晴らしいエネルギーが満ちている?
ハートを同調させれば 何等かは 感じられることでしょう。

冷静で平穏な時は自分の感覚を信じる。

注)パニックのときは自分を信じると 大体は逆を選びますから
そのようなときは 教えて聖霊よ!と訊いてます。経験的に。

どちらにしても 創造が意図した予定調和的な自然災害には気をつけましょう。
すべては私たちの意識が複雑に関連しているのでしょうけど。


では また (^_^)/~





悲しみの本質

  1. 2014/12/03(水) 22:30:27_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
悲しみの種類を考えたとき
喪失感・不足感・孤独感、愛の不足感。

それらの修復について・・・書いてみます。

悲しみの原因とは何でしょう?

大切な人の別離の悲しみ、喪失感、

自分は足りない、
ダメな人間という不足感、

自分が理解されない悲しみ、孤独感
支配される不自由さからくるもの、

自然が破壊されることや、戦争や悲惨な世界状況を悲しむ
戦争などの悲惨な状況への悲しみは隣人愛や自然への愛の不足を悲しむこと。

不足感が物理的なものであれ、大切なひとであれ、自由であれ、
自分のスキルや経験など、すべて何かの不足や喪失であろうと思う。

思いつくところはこんなところだけど、

IMG_4544 (450x338)

飛躍して 感じるかもしれませんが 
突き詰めると
悲しみの本質は究極的に 
すべて、絶対存在(神とよばれるもの)からの分離からきている。

もともと私たちは”すべてがある”場所から来ていて、
そこを離れて こちらの世界、忘却の場所へと旅してきた存在なので、
微かな そこでの記憶を覚えているからこそ、
ここでは喪失感を覚えてあたりまえ。

”すべてがある場所”を想いだすと分離が錯覚だったと知ることとなる。
すべてが悲しみ、圧倒的と思えた喪失感は霧散してしまう。

すべてなる存在=愛という存在と私たちは本来 同じ。

大切な人はどこにもいってない。。
他者とは分離などしていなかったのだから別の人という感覚すらない。

不足していたものは何もなく、
そして、理解されないという概念もなく、
すべては個のように見える体験があるだけと知っている。

すべては 今ここにある、この瞬間はすべての集約の頂点。
そして、いつも いつも その頂点にいる。

わたしはこの瞬間の体験を選んで その”時” にいる、
位置している(『アミ小さな宇宙人』的にはこの言葉だね)

認識を変えると 位置が変わる = 世界が変わる ということ。


だから
悲しみの本質を理解するだけでも 経験や想いは変えることができる。

悲しみの本質を知ることは 悲しみが解らなくなることではないよ。
(サイコパスではないからね)
本質の理解は すべてを知っているのだから、悲しみを経験していることの理解。
共感を含んでいるけど同情とは違う。

 「いつまでも悲しんでいるわけではないと知っている」 ことであって、

「すべては 大丈夫、
どんなに悲しんだって大丈夫、すべての本質は不足などないということ。
私(その人)がいずれ、悲しみの感情から離れることを知っている」って、
私(その人)のことを そのように理解することが 最大限、助けることとなる。

他者のことであれ、自分自身であれ 修復は自分の内面で行われるの。
それが自分を含む全ての人の助けとなるの。

(他者へ寄せる同情は低い目線であることが多いよ、高次の共感とは違うということに気づいてね)

視線を奥行き方向へと上げて 

高い意識レベルを保ち、強化、強化・・・オールOKなのだから。

KIMG0974 (300x400)








嫌いは心の叫び

  1. 2014/11/30(日) 20:55:11_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
常識人は 嫌いな人にでも 挨拶します。

挨拶を投げた相手は 非常識にも 挨拶を返さない。。。

だから 嫌いなんですけど。

でも 挨拶を返さない人に不満を持つのもエゴの仕業

相手に挨拶を求める → させたい という意識

させたいは 強制、  コントロール欲です。

嫌いな相手に 心を開いてもらいたいも同じこと。

閉ざすのも 自由、と認めあげると 自分も楽になります。

で、自分は そんな相手のことが嫌いなのですから
自分が この人を嫌う自由も許してあげる。。。

この3次元では 自分のことをを好きになってくれる人も嫌う人も
どこまでいっても50%・50% だそうです。

極端に 大好きな人が現れれば 極端に大嫌いな人が現れる世界です。
それほどでもない感情を持つ人は そんな極端な人には出会わないのでしょう。

どちらにしても、この次元の認識から 離れれば 変な苦しみ?から解放されます。

というのは、周囲の人たちみんなをを受け入れたい、
みんなから好かれたい いい関係を結びたい という執着から自由になることです。
そのこと自体無理なことなんだって知ればいいだけです。

逆説的ですが 許す根本の人とは 相手というより
自分が この人と良い関係を作れないのが許せない という
自分自身を 許すことです。

そんなに 無理をしなくていいのです、だって嫌いなんだから。

でもその裏返しは 自分を”100%すべての人よ私を愛して!”という叫びなんです。
それをわかってあげれば充分なんです。

他者から愛されない自分を許せない・・・
自分を愛せないんだから他者が自分を好きになってくれるはずもなく・・・

どうぞ 自分を赦し、存分に愛してあげてください。
本当に 今まで 大変でしたね・・・おつかれさま。

なんだか 書いていたら 涙がでてきました。
人類共通の悲しみなのでしょう、集合意識に刻まれた。


IMG_5207 (263x350)

許し・赦し が起こると
束縛から自由になって 自分から愛が溢れてきます。
そして、自分自身が  自ずと太陽になります・・・
コートの襟元をおさえていた人もコートを脱ぐでしょう。

嫌いな相手も心から叫んでいたのがわかったから。

怒れる人、不機嫌な人はみんな私を愛しての 心の叫び。

みんな同胞だった だけ。


これは「やすらぎの部屋」で奇跡のコースを学ぶ傍らメンバーたちと
シェアリングして学んだこと。
私は ブログをとおして みんなにシェアしたい・・・

_________________________

石と話をしながら
(*^-^*) ブレスレットやさん やってます。

☆星のかけらのお守りブレスレット ~Milky way~

ちょっと品数が少なくなってますが 近々に追加します。

またね(^.^)/~~~





 

解決策を見出すこと

  1. 2014/11/29(土) 12:34:55_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ヒーリングや「奇跡のコース」をやっていて
実生活で よかったと実感できることを書いてみます。

それは最近では無意識に実践していたことなのだけど、

問題が起こった時 この空間にはすべてが存在しているので
そもそも 問題などない ということを知っていると

なにか 問題があると感じたとき 
常に、いつも、既に、解決策がある ということが分かっているので

「この場合の 最善の解決策は何だろう・・・」と空間に問うと
程なくして 答えがやってくる

問題と思えるものが具体的であれば具体的であるほど
明確な答えを見つけることができる、というか 空間から取り出される。

それは
ほとんど自動的な閃きで 
端末を操作することだったり
棚に目をやって あれを見ればいい と分かったり 
自分に分かる 方法でやってくる。

時として 聖霊に持ってきて!と投げかけることもあるけれど

熟考とはちがう、目を閉じて空間に丸投げするというか
ボワンと思うだけ・・・

(ソノトキ ワタシハ コタエノスベテガ アルコトヲ シッテイル)
を顕在意識の領域の確信に上げる(上がる)。 根拠なき確信ともいうべきものかも。

投げかけは どんな 些細なことでもやってしまう・・・
今日 着る服装だったり
パワーストーンブレスレット作りの石の並び順だったり
大したことではなくても日常的に やっている。
私が納得いく 最善を示して・・・とか投げかける。


ヌーソロジー的には空間とは 虚数を意味する

虚数=ⅰ アイ 愛に満ちた空間

愛とは 存在

あぁ やはり人はだれでも 独りではないのですよ。

存在とは ヒトやモノで括れない すべてなのですよ!
事象 から インスピレーション、アイデア いろいろ・・・

すべてが愛そのもの だからです。

で、それは誰でも 潤沢に受け取ることができる湧き出る泉のようなものです。

これを受け取る事を自分に許可してない人が多すぎるな・・・と思います。
誰もが 恩恵を享受しましょうよ  
投げかけら 答えは 瞬時です! 同時に存在してます、ワンセットです。(^-^)

それが全て = 愛 

IMG_5203 (350x263)



自然からのメッセージ

  1. 2014/09/27(土) 22:26:25_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先日 書いた「古代エジプト展」の記事の中で
スカラベの護符が印象に残っていたのですが

今日の ハイキング中のこと

赤いコガネムシが道案内してくれました。
迷うような道ではなかったのですが
ずーっとブーーンと先を行ったり真横をかすめたり、もしかしたら複数匹いたのかも
とにかくついてまわるように飛んでました。

目的の地まで一緒だったので
お礼をいいましたが、その先へ飛んで行って林の中に消えてゆきました。

IMG_0537-2.jpg
(写真では紫色ですがワインカラーのような赤で、
図鑑で調べたら センチコガネ という種が色々な色があってどうもそんな感じです)



そして、これは
秋分の日 23日の夕方の雲
当日、ツイッターにもアップした写真です。

IMG_4883 (400x243)
V字の雲が富士山の方向から伸びてました。

富士山は見えませんでしたけど、富士山から生えているように・・・
そしてその上には 渦巻くような雲が。
IMG_4884 (400x269)

今日 27日 木曽の御嶽山が噴火しましたが・・・
いま思うと不穏な感じがしないでもありません。
こういう自然界からのメッセージを読み解けるようにならないといけませんね。



そして、そして
こちらの写真は 昨日の伊豆修善寺の虹の郷でのフォト

KIMG1438 (400x296)
なんとなくショボショボのススキを撮ったら
紫色の光が取り込まれました。

21日の晩に 紫色の丹光が見えたのと
最近バイオレットの光線を感じている人もいるようなので
やはり ほんとうに紫光線 降りてきているのだなぁ・・・と。

これは どんな出来事を目撃しても意識を高く持った方がいいと想いました。

そして また同日のフォト

大きなクモの巣があったので 逆行で無理を承知で撮ってみたら
プリズムの役目をしてくれて
IMG_4922 (400x300)
光が注がれているのを形にしてくれました。

すべてに 恩恵を感じます。ありがとう・・・!

皆さんも 細かなことに注意をはらうと いろいろなものが見えてきますよ。
私も まだまだだなぁと感じつつ・・・ですが 気負わずにいきましょう。


ハートの本質に出会うこと

  1. 2014/08/31(日) 17:22:22_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ハートに意識を合わせて
深く深く 入っていき

人間としての意識  すなわち、
おもしろがったり、怖がったり心配したり喜んだりの
普通の人としての意識が
ハラハラと剥がれ落ちていく 感覚を味わった・・・
身体が軽くなり 人間ではなくなっていく・・・と感じた。


そうすると ハートの奥に

見つけられようとも思っていない
待っていたわけでもなかった 
ただ 「在る」 状態に出会った。

それは
そこに あるがままの 本質の 私 

やっと見つけたと思った。

IMG_4704 -1



遠く離れていたようで、ここにあったことを知った。

そして
えっ?これが・・・! とびっくりした自我の私がいたけれど、
人間意識がほとんどなくなっていたので 素直にその存在を認めた。


ずいぶんと留守にしていてごめんなさいと思えた。
父に再会したようだ。 (ACIMのとおりだった)

離れていた自我意識は自由にしていてよかった。
何をしようが すべて 安全だったのだから。



本質の 私は 燦然と存在感があるのに 
ひっそりしていて 沈黙を守っている。


そこは
自我の居場所とは次元が違うということがはっきりわかった。
存在している周波数帯が通常の自我の周波数では認識できないのだ。
そして、自我意識のまま認識している私も周波数帯が上がっているのがわかった。


後日 また見つけたい・・・と切実に願うが
見つけようとする思考は人間の自我意識、
それが 楽に自然に なくなったときに出会える。

ストンと落ちたときを また待つ。 素直な自分を待つだけ。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30