ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


スターピープル

  1. 2011/06/30(木) 15:32:09_
  2. アセンション
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
以前は時々 買っていました
季刊誌のスターピープル ですが

最近は本屋さんに足が向かず、ご無沙汰していました。

IMG_0849.jpg


少し前、本屋さんで、バックナンバーでしたが、のこの号を見つけ
表紙を見たら 買うしかないでしょ! と手に入れ

IMG_0845.jpg

いろんな情報として、パラパラと目を通していまして、

”光と闇の統合 ”という記事の

「…スピリットがすでに知っている叡智を、人間として体現するまでのプロセス…」
という文章の部分を 改めて心に留めました。

そうです、このために この大事な時期、ここにいるのですから。

すでに無意識に、たくさんの人がこのプロセスを体現しているのかも。

集合意識は変りつつあるようです。

IMG_0549.jpg

ところで、パンスターズ彗星という星が今月、発見されたようです。
太陽への近日点は2013年4月とか。

噂の 惑星X かぁ?って
あっ、彗星と小惑星はちがうのかナ…  

もうすでに いろいろ 始まっていますね。
スポンサーサイト

今ここにある、って?

  1. 2011/06/28(火) 22:15:20_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
以前 
今ここに在るということ 
という記事を書きましたが、

本当の意味で この感覚がやって来たら 
自分が今、この瞬間に縛りつけられている、
身動きが取れないという感覚はないのでしょう。

もちろん、以前の書いたことにも そんな意味はありませんでしたけれど、
”いまこの瞬間がすべて”と言う意味は その瞬間に固定されている感じがしてしまいます。

スピリチュアルでいわれている いまここ という表現は
決して、この瞬間に埋没している感覚ではなく

無限大な創造主の感覚を感じて、限りない自由さを感じるはずだと想うのです。

IMG_0823.jpg

自分以上の自己とそれ以上を包括しているなにか、サムシンググレートなどという方もいますが
ACIMでは、ロバート・モンローさんはスパーラブ
シータヒーリングでは創造主 ニーチェは善悪を超えた彼岸といった、
それを直に感じている状態、思い出した状態、

そして 自分は ただ存在そのものであると…

それが 今、ここにある ってことだと想うのです。

好奇心って?

  1. 2011/06/27(月) 22:52:22_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
「ワクワクするって、いったいなんのこと? - 2011.06.26 Sun」
の記事のつづきになってしまうけど、

好奇心を持てなくちゃ、人間 進歩がなくなる とか、
好奇心を持つことが いつまでも精神的に若くいられる秘訣 なんていわれますが…

好奇心なんて持とうと思って持てるものじゃないですよね。

なにか、物事に出会って ハッとするような啓発的な感覚は
好奇心を持とうと意識してやってくるものじゃないでしょ。

     IMG_0598.jpg

スピな人にとって、もはや形骸化した言い方かもしれないけど、
やはり、ピュアな状態、根源(ソース)と繋がっているという感覚がそれを
呼び起こすのかも、とは思います。

ホントそれに尽きるのだと思います。

確かに そうなっていることによって
やるべき事に導かれていくのでしょうか。
そんなことが 早速 私に起こりました。

昨晩、答えがきますように と想って就寝したわけですが
展開が速い気がします。

その事が やってきたとき これが答えかもと思え、
好奇心も同時にやってきました。
これを受け取って スピリットに従って行動に移すときが、 
本当のワクワクなのかもしれません。
(でも冷静なワクワク感です、多少のチャレンジが伴うような)

そして、感情面での監視を怠らないこと。
感情に左右されている時はスピリットの声は聞こえてきません
(洞察は働きません)から。

どうかこの先もスピリットの導きがありますように…

ワクワクするって、いったいなんのこと?

  1. 2011/06/26(日) 23:54:45_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ワクワクすることをしよう…
自分らしくいられることをしよう…っていったいなんのことだろうか。

これやりたい!と思って やっても「あぁ こんなもんかぁ」と
何回かやれば飽きてしまったり、
次に何か求めたり、なんにもやりたくなくなったり、

ここへ行ってみたい と思って行っても、それで満足して終わり。
さぁ次はどこへいこうか、となるか もう当分いいや、となる。

常にワクワクを探し求めることになってしまい
終わりがないな…と思う。

こんなことを繰り返していくというのが人生なのだろうか?
大抵はそうだと思う。
そして晩年、平凡だけど、そこそこ楽しい人生だったと振り返るのだろうか?

スピリチュアル的には 人生を終え、バルド?とかいわれる空間で人生を振り返った時
どれだけ愛に根ざした行い、想いに至ったか、と振り返るのだろうか?

夕景IMG_0817

そうだとしたら、瞬間、瞬間に愛を感じていなければ 
満足した人生だったとはいえないんだ、と思う。
そのためには

いま ここにすべてがある

という感覚が持続していなければ
完成されたことには ならない気がする。

そんなことって、どれだけシンプルになれるかってことでしょ?
よけいな想いをなくす、というか このままの自分でいい
と思えるか…

難しい…難しく考えてはダメなんだろうな、ダメと思ってもダメ。
アタマ ヘンになりそう  悟るってどういうことだ?
思考が途絶えた時?
思考がなくなっったときって 持続しないよね。

答えが 来ますように … と思って就寝しよ。

PM7:15の夕景

  1. 2011/06/24(金) 21:00:57_
  2. 日常・歳時記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
本日、午後の室温
我慢の範囲か…、扇風機で凌ぐ



PM7時過ぎ
室内は 陰影礼賛 だ。
IMG_0815.jpg
窓から見ると 外は夕焼けだったので

外へ出て 見た夕景 PM7;15
夕景IMG_0816

夏だな、と思う。
これで、明日はお天気 くずれるのかな・・・

瞑想すること

  1. 2011/06/23(木) 21:24:29_
  2. ヒーリング
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日の記事で、瞑想しましょう… などと言っておいて
瞑想は 苦手です。
どうしても、やろうという思考が働いてしまうから 結果できない。
誘導とかあれば、いいのでしょうけど。
それも、考えながらしてしまうかも。
だから、やろうと思うときは アファメーションになってしまう。
   
     IMG_0480.jpg


瞑想しようと思ってするわけではないけど、
手を休めて、ボーっとするのは 得意。

ふっと 意識を途切れさせたくなる時が ある。
たいていは 疲れているとき。

家事しごとの途中は 差し支えないので そんなふうに
ソファでもベッドでも不自然なくらい伸びをした姿勢で仰向けになり
腕も上に伸ばし 脚はダラッっと縁から床におろしたまま。
背筋が伸びてきもちいい姿勢でフリーズ。

もしくは、体育座りのように かがんで小さくなってフリーズ。

フリーズして、なにも考えない時間が数分、あまり時間は気にしない。
でも次にやる事が控えていると意識のどこかにはある。

この時間が エネルギー回復にどれだけ役立っているか。
ふっと 我にかえったときは チャージされたと実感できる。

ほんのときたま、本当に瞑想状態でないと 味わえない感覚がくる

意識が高次にいった感覚。これは言葉では説明できない、
個人的体験。

午後などは そのまま寝てしまうこともあるけど。

ゲリー・ボーネル氏の本に載っている呼吸法の瞑想は時々行なっている。
これは、思考が入る余地がなくて よいのです。呼吸の仕方に意識を集中できる。




夏至の夜に瞑想してみましょう

  1. 2011/06/22(水) 22:15:09_
  2. ヒーリング
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
”幸せであること” は、私たちの スピリットや魂にセットされていることのようです。

どんな状況でも感じられる感覚だということなのでしょう。


     IMG_0570.jpg

怖れや不安、怒りなどから 解放されたときに
幸せの感覚はやってくる。

(エゴは幸せであるためには こうでなければならない!
というトリックを仕掛けてくるので、注意が必要です。
罠にはまらないように…)

なにかになろう とか、カルマの清算にやっきになる必要はないのだと思います。

そうしたいのなら 別ですけど。

だから、創造主とつながること、ただそれだけなのでしょう。

そのためには、ただ、リラックスするだけ、な~んにも考えず、

お任せすることによって 味わえる感覚だと想います。


昨日は父の日でしたね。

  1. 2011/06/20(月) 21:15:26_
  2. 日常・歳時記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
昨日は父の日、我家のお父さん(夫)のために ウイスキー白州を開けました。
その おすそ分けに預かって。

山梨県の白州にあるサントリーの蒸留所を訪れたのはもう10年以上前かも。
スコッチウイスキー派だった夫が国産ウイスキーを気に入ったきっかけになりました。

白州は南アルプスの水で造られ、よい香りと味わい。
これは10年ものです、樽の香りもあるのでしょう。
12年ものの方が深い味わいでしょうけど、値が張るのでこれで許して。
ペットボトルの南アルプス天然水もあったけど、
蒸留水と蒸留水の氷で割って飲みました。
ん~ 贅沢な時間…

        IMG_0794.jpg

10年くらい前に、サントリーの蒸留所見学のほか、 
白州の”名水公園べるが” に立ち寄ったのですが 
南アルプス天然水のCMと同じ風景だ!と感激した記憶があります。
南アルプスの山並みと針葉樹と清流、当時フィルム写真で撮ったようで
PCに保存されていませんでした、残念。

このウイスキー、その頃に仕込んだのかも!感慨深いです。

父の日とは関係ない内容になってしまいました。

ドライハーブの作り方

  1. 2011/06/19(日) 21:23:02_
  2. 日常・歳時記
  3. _ comment:2
前にも大体の内容で書いたけど
 今回は詳細に ドライハーブ作りの手順です。

今年も オレガノ が沢山 育ちました。
摘み取ったあと洗って、虫食ったところや黄色くなっている葉を取りながら 
洗って乾かします。
      IMG_0509.jpg

吊るして 干します。
      IMG_0518.jpg

乾燥したら 梅雨時なので さらに ウチの場合3、4分余熱し、オーブントースターで
様子を見ながら2~3分乾燥させます。(加熱はしません、余熱だけです)
IMG_0795.jpg

そのあと、茎から 葉をこそぎ落とし、茎は捨てる。
葉をフードプロセッサーでガーっと粉砕し、
IMG_0800.jpg

出来上がり。 主婦友だち配り用に ラベルも作ってみました。
       IMG_0801.jpg

ハワイアンキルト

  1. 2011/06/18(土) 20:39:25_
  2. 料理・クラフト・インテリアなど
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
ハワイアンキルトを時々刺します。
デザイン、生地カットは先生がしてくれるので
なにを作るか見本の中から選ぶのと、生地の色を自分で選びます。

私にとって、これはカラーセラピー。
しばらく、この二色に向き合うことになる。
っていうか、かなりの時間すでに向き合っているけど。

まつり縫い が終わって
kiruto2.jpg

キルティングを進めています。
IMG_0791.jpg

出来上がったら どこに飾ろうかな…結構大きなタピストリー

ウチが目指しているインテリアは
”なんちゃってナチュラルブリティッシュカントリーな感じ”
だから ちょっと そぐわないかも。

(だったら、カントリー調のパッチワークキルトすればいいじゃん、と言われそうですが
細かい端切れを繋ぎ合わせるいうのがどうも 生に合わないかんじです)

で、お昼寝用の お布団にするか 
大きさも調度いいし、ふんわりして暖かいんですよ。 

だからこそ本格的 暑さの前に仕上げたい! 
これを抱えての作業はとても暑いんです。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2011 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -