ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


想念のジレンマ

  1. 2012/01/28(土) 17:14:47_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
精神世界の本には 自分の想念が自分の現実を創っている、と書いてある。

光あれ!のセオリー・・・
これが宇宙の仕組み、意味は解る。
このことが書かれた本は何冊も読み倒している。

しかし! 現実に 今の不調な自分に
健康な状態を思い浮かべたからって
奇跡のようにそうなるわけじゃない。

もし、自分が無垢で純真だったら 直ちにそーなるかも。

でも そーじゃないって思っているし、
時間軸っていうものに縛られている自分がいて
時間をかけないと 治癒しないよね、っていう想念もある。

これを 取り除くっていうのは 相当のインパクトが必要で
内面から 氷解するような 気づきが起こらないといけない、

と、思ってしまっていること全てが自分の想念である。

このジレンマはいったいどうすべきなのだろうか???

ときどき、インナーチャイルドが「健康が欲しい!」
と騒ぎ出すし、これをヨシヨシとなだめながら
んーと考えてしまう。

シータヒーリングをやっているくせに
この矛盾はなんなのか?、と思うけど
シータヒーリングを自分のことや、家族のことに使っても
客観性がなく、余計な想念が入りやすい。
あとあと、クヨクヨ考えてしまうことを思うと、
私の場合、
自分のヒーリングは他のヒーラーさんにしてもらう方がいいのかも。

「想念が現実を創っている」ということは、
ほんとは とってもシンプルな仕組み なのに
私たちは なんて余計な意識を装着してしまっているのかと…

IMG_1842.jpg

だからこそ 今この瞬間にどっぷりと意識を合わせることに
意味があるのかもしれない。
余計な想念が入り込む余地のない世界観なのだろうと思う。

あぁ、とても観念的、いわゆる瞑想状態。
自我は瞑想、つまんない!って言うし。


 
スポンサーサイト

回復のプロセス ③

  1. 2012/01/26(木) 20:56:36_
  2. ヒーリング
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
感情をリリースすること。
それが 解放になる。
回復に繋がる、と思っている。
私にとっては ここに書くことがリリースすること、となる。

もしかしたら 私の文章が誰かの役にたつかもしれないし。

それから、午前中、お天気がよく太陽が臨めたら、窓際で
この本の表紙絵のように 指でピラミッド型を作って
陽の光にかざし、光を浴び
「私の血液は調和しバランスがとれている」
とアファメーションするのが日課。

エソテリック・プラクティス―キリストが遺した瞑想法とエクササイズエソテリック・プラクティス―キリストが遺した瞑想法とエクササイズ
(2003/12)
ダスカロス、ハラランボス ランバート 他

商品詳細を見る


『ライトボディの目覚め』にもお腹がすいたらこうすると
余計な食欲がなくなる、というようなことが書いてあったと思う。

まぁ、光を調整して身体に取り込むということ。

病気じゃなくても やってみるといいかも。

回復のプロセス ②

  1. 2012/01/24(火) 11:56:01_
  2. ヒーリング
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
病院のベッドで横になっていたとき、
「私は健康である事がどういうことか知っています」
というフレーズが頭に浮かんだ。

たしか 12月のシータヒーリングセミナーで正確ではないかもしれないけれど
ダウンロードしてもらった フレーズ。
ほかに 「私は創造主の定義において健康とはどういうものか知っています」
というのもあったっけ?

自分が「健康」と感じた時の鮮明な記憶を思い出し、

その時の記憶を 病床の自分にシフトさせた。

IMG_1852.jpg
    今日の庭 うっすら雪


回復のプロセス

  1. 2012/01/22(日) 11:47:42_
  2. ヒーリング
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
入院中辛い時に
病気って回復までのプロセスだったよね、と
何かで読みかじったことを思い出した。
このプロセスは違っているかもしれないけど、
だいたい、自分なりに病床で考えてみると、

否定→葛藤(内なる闘い)→受容→ 回復(解放) だから
このプロセスを早く踏めば
回復が早まるだろうな・・・と考えていた。

病気と闘うのではなく、体の中を通り過ぎさせていくよう務めた。

なんで、こんなことになったのか考えても今は答えは出ない。
だから考えるのをやめた。

多分 ハイヤーセルフは知っているかも。
でもうまく コンタクトとれない気がしたので 
考えなかったし余裕も無かったから。

ほんとに苦しかったときは 家族も回りのひとも
遠く感じ、私がいなくても みな大丈夫なのだと。
体の苦痛以外考えが及ばないときの孤独感。
でもそうじゃないと思えたのは 
年末にボランティアの遠隔ヒーリングをお願いした時
直接、私に 姿なきサポート団が付いていることと
自分でもできる具体的なヒーリング方法を教えてくれた方が
いらしたのを思い出した。

IMG_1839-1.jpg

そうか、姿なきサポート団が付いていてくれているし、
創造主はいつだってここにいるじゃないか、
と思えたときの安堵感。
そして私は生きるか死ぬかどちらを選択するのかも手放した。
ハイヤーセルフが知っている、と思った。
今思えば 大げさだけど。

そして 回りの沢山の人たちにも支えられていると思えた。

程なく、感染症とは別の検査結果がでた。

寒い時に反応し赤血球を壊す数値が高くなっている。
512 という値。通常どのくらいなんですか?
と聞くと、8ぐらい、という返答。
で、もっと酷い人は2000くらいになったりするとか。

512か、数秘術で足してみた 5+1+2=8
あ、なんだ治るじゃん、と単純にそう思った。

そんなこんなで セルフヒーリングも駆使した生活。
まだプロセスの最中。

つづく。。。

入院顛末

  1. 2012/01/20(金) 10:30:12_
  2. 病気のこと(溶血性貧血)
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
自分の血液、赤血球を壊す抗体が過剰反応して
赤血球を壊してしまう、ということが体の中で起こっていると
判明したのが 昨年末。

そこへ、胃腸炎に感染して貧血症状が酷くなって、入院という事態を招いた。
嘔吐とお腹を下すことと 極度の貧血で ほんとに
このまま死んでしまうのかと思った。

輸血を2回繰り返したが 入院時よりヘモグロビンの値は下がってしまった。
血が壊れるとき、発熱する。
輸血するそばから血が壊れてく…ほんとに絶望的な気持ちになった。

抗生物質で感染症を抑え、3回目の輸血でやっと効いてきた。

この頃には 食欲もでて、しっかり食べられるようになっていた。

担当医は感染症によることと、
末端の冷えで血が壊れるという反応も出ていたこともあって、
一過性のものだと判断して、
退院の許可、だけど足先・手指を冷やさないように、とのこと。

(この病気、慢性化すると、使いたくない薬を使う事になる、それはさけたい)

ちょっと、まだまだ健常な状態の値とは程遠くないですかぁ?
と一抹の不安があるのだけれど、
私の場合多分、大丈夫、外来で対応して
そのうち 来なくても大丈夫になりますよ、とのこと。

IMG_1831-1.jpg

その言葉を信じて 日常生活を始め、
暖房は使いたい放題で、確かに日に日に良くはなってそう。
排尿の色も少しずつきれいになっているよう。
数値より自分の感覚で分かる。

鉄分や栄養は足りているのに貧血ってなりうるんだと知り、
実際いつ何が起こるかわからないものです。

それにしても 今日は外雪が降っています。
当面の予定は通院以外全てキャンセル
冷えないようにウチで温かくしているだけ。 

久しぶりの更新

  1. 2012/01/18(水) 21:21:59_
  2. ヒーリング
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
今年、お正月中から2週間 入院生活となってしまいました。

やっと退院でき 家でソファに横になって
天井をボーっと見つめ リラックスモード。

IMG_1835.jpg

今まで 病室のベッドを囲むカーテンと天井ばかり
見ていた日々。

やはり 体調は上向きになっていることもあって
家にいる気分は格別です。

いろいろと 入院中は感じる事も沢山あったので
追々 書いていこうと思います。

Happy New Year。

  1. 2012/01/02(月) 21:07:14_
  2. 日常・歳時記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
新しい年を迎え 謹んで 皆様の ご多幸をお祈りいたします。

IMG_1571-2.jpg


石井ゆかりさん がご自身のHP 「筋トレ」で各星座別に
2012年の年報が公開されています。

http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/b2012/brightgreen_wk_mny.html

射手座にとって2012年は パンドラの箱 かも。
試練ではなく 光に還元すべきものと解釈しようと思う。
潜在的にも クリアリング、クリアリング
そして 実は なにもないってことを理解するため。

そして、パンドラの箱の底には 希望が残っているらしい・・・です。



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2012 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -