ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


今朝の夢の印象

  1. 2013/11/29(金) 13:00:17_
  2. 占い・リーディング
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今までにないタイプの夢をみたので
その内容と印象とメッセージ性を記しておきます。

内容は

男性らしい人で姿は見えない詩人と
会話をしています。声はきこえてきます。
見ている場面は会話文字の羅列・・・
パソコン画面のような 字ずらが現れていくような形で会話をしています。


彼が言うには
「『お母さん』という言葉は 打ち上げロケットのようなものだ」という。

ふつうに呼びかけのときに使う お母さん ではなく、
自分で独りごとのようにつぶやいた時の「お母さん」のことらしい。

はじめ ? だったが
「あー、なるほど 推進力になるという意味ね」というような返答を私がした。

聖母

それから 彼がいうには 「詩人は言葉を光に戻す仕事だよ」 と言った。
ほかにもなにかしゃべった気がするけど
覚えているのはそれでおしまい、という夢。


私的には次の意味で 洞察力に満ちた夢だったんですけど。

普段使う言葉は光から生み出されたのだろうけれど、
詩とはその逆で光に戻す作業だということなんでしょうね。
芸術もそうだと思う、物を光に戻す作業。

色々なものや言葉が光に還元していくんでしょね・・・。

スポンサーサイト

マイブーム(カントリー雑貨)

  1. 2013/11/24(日) 15:35:37_
  2. 料理・クラフト・インテリアなど
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
日頃 カントリー調インテリアや雑貨の雑誌をパラパラとみている。
こんなの やってみたいなと 
手作り雑貨のフリマで購入した小さな木工棚 二つ
どこへ吊ろうかと思案して二週間 
やっと決まって 飾ってみます。

和室でいう床の間みたいなものだと思う。

捨てようと思っていたエッセンシャルオイルのビン
あわてて拾い タイムを差して花瓶に
食卓の部屋に
小さな小さな省スペースでできる 趣味のコーナーのできあがり。

IMG_3875 (300x400)

ほっと一息お茶を飲む時間が カフェ気分に・・・

別の部屋にも こんな感じ

IMG_3871 (400x300)


ワイヤーのフォトホルダーにパステル画を飾ってみます。
とめた画鋲に木工のレースの様なパーツを貼ってみました。

IMG_3872 (400x300)
(これは100円ショップのセリアのものです

家に居るのが好きだなぁとおもう時。

冬の始まり(病気のこと)

  1. 2013/11/21(木) 23:09:38_
  2. 病気のこと(溶血性貧血)
  3. _ comment:0
ステロイド剤をすでに 長期服用といってよいくらい飲んでいる。

経過としては 9か月の間で
30㎎→2.5㎎ 症状ぶり返し
そして20㎎→10㎎

そして最近
普段着ていた服が着れなくなってきた・・・

副作用がでてきているようだ
自覚症状かな?というのは

・脂肪がつきやすい身体(まだまだ成長中?

・空腹感と過食症状 
・ムーンフェイス

・軽い そう状態やうつ状態(もともとそんな気質かも ) 
・ふらつき
・不眠
・疲れやすい
・お腹を壊しやすかったり、というのもあるかな

不眠はそれほどでもなく、
あっても昼間 時間があるときに眠れるので
あまり神経質にはならずにすんでいるし、
たいていは日付が変わるころに眠れる。 

出かけた翌日は ちょっとお疲れで家事にならず・・・
でもこれも許される、マイペースでOK。

副作用には
・骨粗しょう症 というのもある・・・
ある期間服用だと検査が義務?らしいけれど
いまのところ これは目に見えないのでよくわからない・・・


顕著なのは体型がかわって服が着れなくなってきたこと・・・とっても困る

絶対に 健康体になって薬なしにしたいと思っているので
意地でも 大きなサイズを買いたくないけれど、
どうしたものか

そんなことで服用に関しいろいろ不安になってきたこともあり、
ネット上でいろんな人の体験談を読んだりしているが
皆さんたいへんだなぁ と思う。
この薬を飲む人は 難病だったり 多岐にわたっているようだ。

若い方は やはり体型が変わって気にやんでいる・・・
自分も若かったら 周りに八つ当たりしているかも

おばさんとしては こんなもんよね、しかたない。
死にそうなくらいだったら 
この方がまし、と家族は思ってくれているので
苦にはならないし 薬を飲まなくなれば解消するらしいから、
それを信じる!

ただ、服を作ることを趣味としているので
どんなサイズにしたらよいのか今は決断できず
買い込んだ生地を眺めもどかしい思いで保留中。

(新しい服が欲しいのに我慢というのはある意味
私にとってはストレス)

KIMG0054 (350x249)


人間の身体の中の何か一つの成分や酵素などが突出して過剰になれば
バランスが一気に崩れる・・・
そんな場合の ステロイド剤 役に立つのはよくわかる。


そうそう 服用のおかげで 血液検査結果は良好です・・・

最近は あまり病気だという自覚はないのだけれど
この薬を服用するときに、そしてこの気になりだした副作用に
 あぁ自分は病気の身なのだと思い知らされてしまう。

そして寒くなってきた昨今
風邪などひくと一変してしまう恐れがあるので
自覚が大事と自分に言い聞かせる。
大事大事に過ごして、過ぎることはないと思う。

もし これを読んだ服用中の方 大事に過ごして冬を乗りきってくださいね。

アイソン彗星とフラワーオブライフ

  1. 2013/11/19(火) 22:48:06_
  2. アセンション
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
なんだか無性に
「フラワーオブライフ」
(「生命の花」) を描きたくなって 
円定規を使い幾つか手書きしてみました。


img075 (352x380) (278x300)
これは小さくて直径6センチくらい 手帳に挟めるサイズに描いたもの。

かなりいびつになってしまいました

印刷物でもいいのですが 手描きすることに意味があると思います。
細胞が分割する過程を感じたり・・・
やはり完璧性を感じます。
眺めていると いろいろな文様や図形が
浮き上がって見えてきます。

で 接近中の
アイソン彗星 ってこれを運んでくるような気がします。
忘却した叡智をふたたび・・・

パステル画で描いてみましたが 
img073 (380x367)
こんなイメージ
誰か 私と同じような反応している人いないかな・・・

静岡市立芹沢銈介美術館へ

  1. 2013/11/13(水) 09:18:23_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ comment:0
前回記事のつづきです。

静岡県立美術館のあと、
静岡市立美術館に行こうかと思ったのですけど
ガイドブックを見ていたら、こちらの美術館の建築が気になったので
行ってみることにしました、

静岡市立芹沢銈介美術館

IMG_3855 (350x263)


石垣の入り口をはいると、
象徴的な花をつけた木 と 噴水
泉のような池が配置されています。

木は椿か山茶花?かしら その様な花が咲いていました。

KIMG0298 (279x380)


中庭のように建物に囲まれている池のようです。
KIMG0300 (285x380)

館内は 洞窟を思わせるように
ほの暗く作品の雰囲気に合っていました。

館内から臨める中庭
KIMG0302 (285x380)


出口の外から
IMG_3858 (380x285)

芹沢銈介の作品は 美術館HPなどを見てくださいね。
染色家ですけど枠にとらわれない多くの作品を残しています。

建物は著名な方の建築らしいです。
(そちらも詳しくはHPでみてください)
石で造られている感じが、軽井沢の石の教会を思いだしました。

KIMG0304 (285x380)
くるりと一周して元の場所の出口を出ると・・・


美術館に入る前に目にした場所

 登呂遺跡 が
 隣にあるというか 同じ公園のようなエリアにあるのです。

社会科の教科書でしか見たことのないものがここにある!
という驚き・・・
もちろん見学しました!
子供が小学生だったころに連れて来ていたら喜んだだろうな…とおもいつつ

博物館もあります。
弥生時代の小さな農耕集落の遺跡

”ムラ” というふうに表現していました。

高床の穀倉 や住まいを復元したもの

IMG_3864 (380x285)

弥生の暮らしの体験学習もできるようです。

IMG_3866 (380x285)

ムラには水田が必ずあるそうです。
日本人としての農耕民族のルーツですね。
改めて 日本人 = 米 なんだと思います・・・
そういえば もうすぐ 新嘗祭です。
IMG_3865 (380x285)


この写真 発光しているように撮れたんですけど・・・
KIMG0306 (263x350)

近くには安倍川が流れていて安倍川もちを食べたり、
(発祥の地で徳川家康が 安倍川もち と名づけた)

初めて来た場所で新しい発見

日本は どこへ行っても素晴らしい美術館や博物館があったり
庭園や公園があり、自然もあるし歴史もあって
おいしいものもある・・・

いろいろと恵まれた環境があって
また環境に適応して
日本という国が造られてきたのだと つくづく実感します。



静岡県立美術館へ

  1. 2013/11/12(火) 09:50:50_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ comment:0
前回記事(富士山本宮浅間大社へ)の 翌日(11.9)

静岡市 日本平からの朝の富士山


裾野が両側に広がって見えて美しいです・・・
写真から切れていますが、
三保の松原はもうちょっと右の方に見えました。

IMG_3822 (350x263)

前日の夕方は見えなかったので本当によかった!!

吹き抜けのロビーフロアーからも 見えているんですが・・・
写真だと小さくなっちゃいます。
IMG_3840 (400x241)
(温泉はないので富士山が見えないとここに泊まった意味がないのです…日本平ホテル)

あぁ もうチェックアウトかぁという思いで、
ドライバーさんは前日のロングドライブでお疲れなので 
この日は ここから近い

静岡県立美術館へ・・・

展覧会「ふじのくに芸術祭2013」 を鑑賞してから


IMG_3851 (350x259)

常設展の 「ロダン館」 なんとここ フラッシュは禁止ですが写真OK!

『地獄の門』 がお出迎え とても大きな作品です。

空間の大きさにも圧倒されます。

IMG_3842 (400x300)


天井の構造!自然光 現代建築 大好きちょっと興奮しました。
IMG_3850 (300x400)



IMG_3847 (300x400)



IMG_3843 (400x300)


ロダンの作品ばかりこれだけあると
そのもののパワーをダイレクトに感じました。

もっといたい・・・けれど

この日 もう一か所どうしても行きたい所があったので
次へ移動しました。 

またの 記事にアップします。 では・・・

富士山本宮浅間大社へ

  1. 2013/11/11(月) 08:41:52_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:1
  4. _ comment:0
先週 静岡県富士宮市にある

浅間大社へ

境内の中へ・・・
鏡池 
KIMG0270 (263x350)
まずは ここで自己を省みるっていうことかしら…
覗き込むだけで心が澄むような透明度

午後三時ごろ 晴天でしたが空気は霞んでいて、
富士山は見えませんでしたが
同日の身延山(前回記事)山頂で拝めたので 
こちらへは参拝に来れただけでもよかったです。

御祭神 
木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)(別称:浅間大神(あさまのおおかみ)

と神社のHPより。

また、全国の浅間神社の起源とありました。


茅(?)葺の屋根
IMG_3805 (350x263)



IMG_3806 (263x350)


社殿
IMG_3809 (350x263)

IMG_3807 (263x350)


本殿の脇の門を出ると 

湧玉池  清らかな水・・・
IMG_3813 (263x350)

ありがたいことに 晴天に恵まれました。

この空気感が伝わりますように・・・

身延山・久遠寺へ

  1. 2013/11/10(日) 15:30:48_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
11月8日 晴天 紅葉狩り日和
山梨県 身延山久遠寺へ・・・

藤沢市片瀬の 龍口寺を訪ねたことはありましたが
総本山は初めて・・・

日蓮宗の総本山
法華経をもって人々を救おうとした日蓮聖人が開山したお寺
長い急な石段があるのですが 
本堂とロープウェイ乗り場の近くまで車でした。

IMG_3799 (262x350)

本堂の中
ご本尊さまなど、装飾にも心洗われましたが、
天井画の龍は素晴らしいものでした。
IMG_3795 (350x263)


IMG_3802 (350x263)

五重塔

IMG_3800 (242x350)

枝垂桜 春は見事でしょうね。
IMG_3796 (263x350)


紅葉しているかしら・・・という思いで身延山へ

IMG_3776 - コピー (242x350)


紅葉を見ることができました(11.8)
IMG_3789 (350x263)

富士山も展望
IMG_3778 - コピー (350x263)

眺望は素晴らしく富士川が臨めます。
川の流れは龍に喩えられますけど、そのとおり

IMG_3782 - コピー (350x263)


更に階段の先には 奥の院
IMG_3781 - コピー (263x350)

下山して
このあと 富士宮の浅間大社へと向かいましたので
次回記事に 書きます。

朝露の中 パステル画

  1. 2013/11/02(土) 17:15:29_
  2. パステルアート
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
気のおもむくままに・・・

朝露できれいだった 蜘蛛の巣を想いだしながら・・・
img072 (350x339)
(銀粉をまぶしたのですがスキャンではうまく写りこまないです)

img071 (350x349)


パステル画をまとめた HP「光の庭」  です。

古代ケルト・サウィン祭

  1. 2013/11/01(金) 00:37:26_
  2. パステルアート
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
すでに昨日となってしまったけれど、
ハロウィンではなく、

もっと源流のサウィン祭をおしたい。
より古い信仰や神話の方が 純粋性があると思うから

サウィン祭 は古代ケルトのお祭り
11月1日はケルトの新年にあたり、
その日がサウィン祭です。
ですから ケルトの暦では10月31日の晩は大みそかですね。
その晩から、カブで作ったランタンを灯したり、収穫や地霊 動物霊
ご先祖霊に感謝するのだと思います。

冬の始まりは再生の始まりとなる、自然信仰です。
とても深い意味があるかと思います。

パステル画、本当は、31日の日中に描きたかったのですが
やはり、夜遅くならないとかけない状況、というか、
どこかで繋がって描きたいとおもっていたせいでしょうか、
結局 描き始めたのは22時半でした。


色々なスピリットや
ジャック-オ-ランタン(鬼火)と繋がる聖霊があらわれました。

今では オーブっていうことかな?
昼間でも見えるようになってますけどね。

img070 (400x399)

今日は少し ケルト神話にでも目を通しながら眠りに就こうと思います。
では、おやすみなさい。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2013 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30