ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者、星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴りたいところですが最近は楽しいことに徹してお出かけしたことやハイキングのことばかりになってます。(^◇^)訪れてくださり、ありがとうございます。

Archive: 2013年12月  1/2

いつもと違う日 大晦日

日常の見過ごしてしまう空を切りとってみる晴天続きの関東地方・・・大晦日のそら大好きな光のアーティスト ジェームズ・タレルにオマージュ!もうすぐ新年。今年のN響の第九 最高でした、ブラボー!この後テレ東でカウントダウンかな。良いしめくくりとはじまりです。...

  •  0
  •  0

雪の星(パステル画)

時節柄 こんなイメージを描きたくなって…雪の星Ⅰ(蛍光色の光った感じがうまくスキャンできないのが残念です・・・)雪の星Ⅱ雪があまり降らない地域に住んでいます。エネルギーだけでもふんわりと舞い降りてきてるかな。いつも ありがとうございます。良い時間をお過ごしください。...

  •  0
  •  0

鳥と星と月と(パステル画)

以前 描いたものです。今日は曇りで見えないけれどちょうど今の月齢と同じような お月さまです。自然はみんな歌ってる! もうすぐ新しい年がきます。大好きな アンリ・マティスへのオマージュ・・・です。...

  •  0
  •  -

彼の決意の方向へ…

クリスマス・イヴ聖なる夜に 乾杯・・・並々ならぬ イエスの決意がこの地上にやってこようとした夜そしてあれ以来何度でも、何時でもやってきている。またこの季節濃い緑の円錐形と雪の白 心にともるようにそそり立つ。確実にある方向へと静かに喚起される。オベリスクであり、アラベスクでもあるじゃないか・・・と思う。ツリーの前では炎のゆらめき、ふたつと同じ象りはなく過ぎる。...

  •  0
  •  0

冬空の箱根へ

先日 晴天の冬空の下 箱根の成川美術館へ庭園から芦ノ湖を臨んで富士山をクローズアップ葉を落とした木には鳥の巣!ウッドストック  いないかな?十月桜かなその後 箱根神社にお詣り日曜日だったので混雑、駐車場は並びました。この御社の後ろには滝がありました・・・わかりにくいかな。箱根神社 本殿今年一年の無事に感謝をこめて参拝。湖水の鳥居と太陽 神気を感じますね。訪れた日は晴天・・・その後日 積雪もあったよ...

  •  0
  •  -

モノへの執着

モノをたくさん持つことは問題なのかと考えてみた。(問題など存在してなどいないというのが「奇跡のコース」の教えだけれど この世界の中での考え方としてを書くので コースのことは ちょっと脇においておく)程度にも依るだろうがモノをたくさん所有するということは「この世界にガッチリ碇を下す」ということになるだろうか・・・逆に持ち物を少なくすることは、心が軽くなるということだろうか・・・そういう人もいるかもし...

  •  0
  •  0

霊性をみる(パステル画)

今日イメージ 一羽の鳥に神の霊性をみることは(ふたつのイメージがきたので連作になりました)自分自身の中にあるものをみるということ。...

  •  0
  •  0

襞の奥にあるもの(パステル画)

懐かしい原風景忘却していただけ(パステル画 スキャンをイラストモードでしたら  ポスタライズ加工みたいになってしまいました)一段と寒くなってきました。冬という季節は内面に向かいやすいと感じますけど、方向性を間違えないように。...

  •  0
  •  0

ガブリエルが傍にいる・・・

聖母マリアに受胎告知をした大天使ガブリエルこの絵を描いているとき 神の世界から降下し、この地上ができたとするイメージがきて、彼女のエネルギーが傍にいると感じました。(パステル画)愛のメッセンジャー 情報の伝達そして、この地上を天界に戻すためにいつでもどこにでも。 ...

  •  0
  •  -

啓示的経験をすると…

表題が 『奇跡のコース(ACIM)』がらみになってますが私は どうも啓示体質 らしいです・・・今までに向こうから 至福の状態が訪れてそれに包まれた経験をそこそこ長い人生の間に何度かしています。こんな経験が私をACIMに向かわせたのかもしれません・・・必然。『ACIM』から抜粋すると 啓示とは「啓示とはあなたと神を直接 むすびつける」1-2-1-5「啓示はきわめて個人的なものであって、 それをわかるように説明...

  •  0
  •  0