ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


自然からのメッセージ

  1. 2014/09/27(土) 22:26:25_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先日 書いた「古代エジプト展」の記事の中で
スカラベの護符が印象に残っていたのですが

今日の ハイキング中のこと

赤いコガネムシが道案内してくれました。
迷うような道ではなかったのですが
ずーっとブーーンと先を行ったり真横をかすめたり、もしかしたら複数匹いたのかも
とにかくついてまわるように飛んでました。

目的の地まで一緒だったので
お礼をいいましたが、その先へ飛んで行って林の中に消えてゆきました。

IMG_0537-2.jpg
(写真では紫色ですがワインカラーのような赤で、
図鑑で調べたら センチコガネ という種が色々な色があってどうもそんな感じです)



そして、これは
秋分の日 23日の夕方の雲
当日、ツイッターにもアップした写真です。

IMG_4883 (400x243)
V字の雲が富士山の方向から伸びてました。

富士山は見えませんでしたけど、富士山から生えているように・・・
そしてその上には 渦巻くような雲が。
IMG_4884 (400x269)

今日 27日 木曽の御嶽山が噴火しましたが・・・
いま思うと不穏な感じがしないでもありません。
こういう自然界からのメッセージを読み解けるようにならないといけませんね。



そして、そして
こちらの写真は 昨日の伊豆修善寺の虹の郷でのフォト

KIMG1438 (400x296)
なんとなくショボショボのススキを撮ったら
紫色の光が取り込まれました。

21日の晩に 紫色の丹光が見えたのと
最近バイオレットの光線を感じている人もいるようなので
やはり ほんとうに紫光線 降りてきているのだなぁ・・・と。

これは どんな出来事を目撃しても意識を高く持った方がいいと想いました。

そして また同日のフォト

大きなクモの巣があったので 逆行で無理を承知で撮ってみたら
プリズムの役目をしてくれて
IMG_4922 (400x300)
光が注がれているのを形にしてくれました。

すべてに 恩恵を感じます。ありがとう・・・!

皆さんも 細かなことに注意をはらうと いろいろなものが見えてきますよ。
私も まだまだだなぁと感じつつ・・・ですが 気負わずにいきましょう。

スポンサーサイト

古代エジプト展へ。

  1. 2014/09/19(金) 13:50:56_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ comment:0
 東京都美術館では 会期の終わりが迫っている展覧会
こちらに行ってきました。
「古代エジプト展」

KIMG1392 (400x377)

違う展覧会を見に上野まで行ったのですが 

KIMG1394 (400x300)

古代エジプトの本物のコレクションが、ニューヨークのメトロポリタン美術館から
日本にやってきているのですから やはり観ておかないと、ということで・・・でも、

 古代エジプトには
あまり関わりたくないなぁ・・・という感じでしたが
逆に なにかあったのか?  という気がしないでもないです。

KIMG1396 (400x211)

まず、ハトシェプスト女王像の頭部がお出迎え すでに入り口付近 混雑。

それでも サッと目にしたとき クラっとして鳥肌がたちました・・・

これは果たして無事に鑑賞して
出口までたどり着けるのかと、少し不安。
(今日は連れはいません、しっかりしなくては・・・)

観賞中 あまり いい気分はしませんでした。

高次のシリウス意識  前次元のアトランティス・・・転落・・・から通じるこの文明。

いろいろな読み物の読みすぎでしょうか?
ちょっと ほんとうにクラクラしてきました。


統治社会というものは 政権争いや陰謀 平穏な社会に導きたい者と
権力支配したい者が渦巻いている。
(なんだか現在と変わらない トレースしているかのような今の文明)

ヒエログリフで刻まれた封印や護符
王家やその妃
神官や女性の神官
女神崇拝された女王 天使的存在達を
漠然と感じがら あまり深く見つめないように観ました。

シリウスのご加護を・・・と祈るようにしていると

やはり ふつうの日常 豊かで幸せな風景や生活が見えるようでした。
緑が深い植物の中庭と白い神殿のコントラスト、とても美しい情景が浮かんできます。

過去に見た映画のワンシーンや古代エジプトものの漫画の刷り込みかもね、と思いながら。
(私の自我は 深いレベルで感じるのを拒否しているのかも)

豪華な装飾品、説明書きはあまり読みませんでしたが
首飾りは色合いからして純金でしょうね。 
そして素朴な素材、石や金属を使い高度な技術で、こうして後々まで残された品々。

女王の葬祭殿に納められていた
象形文字で埋めつくされた5㎝くらいのスカラベのモチーフには
混んでいた為、遠巻きに見ただけでしたが釘付けになってしまい、

今でも 目に焼き付いている品です。

時を超えて ここにあるのですから不思議な気がします。

良くも悪くも そのモノがもつエネルギーを受けっとってきた感じです。
美術品鑑賞とはそうゆうものですから・・・

ただ、長い時間も手伝ってか、
はたまた、その時代の空気を纏っているためか、
とても強いエネルギーを放っていることは確かですね。

中には情景をリアルに感じさせるため復元したものや、模写したものもありましたけど、
放つエネルギーの強さ というものが贋作とかレプリカとの違いでしょうね。


KIMG1395 (400x300)
出口には記念撮影ポイント 無事に現在に到着しました。(^▽^;)


また、ドランバロ・メルキゼデクさんの『フラワーオブライフ』の再読してみます。
この本は古代エジプトの叡智 神聖幾何学やイニシエーション満載です。


また なにか見つけたら書きますね~(^.^)/~~~

夏の想いで。

  1. 2014/09/07(日) 23:08:41_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
1週間以上たって やっと写真を整理しました。
今年の夏の想いで  久々の家族そろっての一泊旅行でした。

お天気は こんな感じの西伊豆方面へ

 堂ヶ島です。

KIMG1340 (400x300)

洞窟めぐりの 遊覧船に乗船
曇っていてもエメラルド色の海
IMG_0475 (300x400)

IMG_0478 (300x400)

東伊豆は近い感じでよく訪れていましたが
西伊豆の方まで家族で足を延ばしたのは初めてだったかも。
来て良かった!キレイ!


潮は引いていました。下船してから 場所を移動して
船から見えたこちらへ
IMG_4825 (400x278)

トンボロ現象というそうです。
IMG_4814 (400x300)


息子は向こうの島まで渡りました。
私は石がゴロゴロした道すじなので歩けません、パス。
眺めていただけ。
IMG_4819 (400x300)


車で来た道を北上 土肥の方へ
土肥金山
金にまつわる歴史見学ができました。
IMG_4861 (400x300)


帰りは中伊豆の吉奈温泉のベーカリーでランチ
IMG_0484 (225x300)
足元は足湯でーす。 なんとか四人とも浸かれた(^▽^;)
KIMG1372 (300x225)

こちらのお庭も見せてもらって
IMG_4873 (300x400)

IMG_4872 (400x300)
宿泊もできます、ちょっと贅沢なお値段かも。でもお庭が素敵♡泊まってみたいワ




それにしても
大きな息子たちと一緒の部屋で休むというのも
めったにないこと・・・このことが一番の想いでした。

IMG_4845 (200x150)
あ、ごちそうも想いでよ~(*^。^*)

では またね。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2014 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -