ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


手作りお菓子

  1. 2014/12/25(木) 23:10:02_
  2. 料理・クラフト・インテリアなど
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4
リンゴを頂いたので
クリスマスイブの夕食のデザートは リンゴのタルトを作りました。

KIMG1636-1 (400x273)

家にあるもので出来たので お手軽です。
覚書として書いておきます。

☆タルト生地:砂糖40g、バター90g、卵1/2個
小麦粉(薄力粉)150g(だけど半分強力粉にしてみたgoodでした)

☆カスタードクリーム:卵2個 、牛乳1カップ、砂糖40g、
小麦粉大さじ1、コーンスターチ(がなくて片栗粉で代用)大さじ1
バター大さじ2、バニラエッセンスは無かったけどほんとは少々

☆煮りんご:りんご3個、砂糖100g、バター20g、レモン汁1/2個分
シナモンパウダー小さじ1/2、コーンスターチ(なくて片栗粉で代用)小さじ2

タルト生地をオーブンで焼いて、電子レンジで作ったカスタードクリームを盛って
同じく電子レンジで煮たリンゴをぐるぐる載せは
絵を描くときと同じ。


で、翌日の今日の午前中
リンゴの飾り切りをしてみたくてシフォンケーキを
作り常温でおいときました。

KIMG1656 (400x317)

我が家のシフォンケーキは卵白をつのが立つまで泡立て、
別のボールで卵黄、その他の材料を泡立て器で混ぜてから、
一緒に合わせ 型でやくだけ簡単な方法です。

で、COOKPADで出来そうなリンゴの飾り切りを確認し
2回練習してみました。
ま、こんなもんでしょ。
リンゴのほか生クリーム、シナモン、お茶のパウダーを添えました。

どうぞ召し上がれ (*^-^*)


あー、当分ケーキはもういいかも。
年末年始食べ過ぎに注意しましょう(^▽^;)

では またね(^.^)/~~~
スポンサーサイト

恒星は魂の輝き

  1. 2014/12/21(日) 12:55:39_
  2. アセンション
  3. _ tb:0
  4. _ comment:1
パステルオブライト さんで
お話会~麻炭料理と宇宙と古代と地球のお話~入門編 を受けてきました。


まずはランチタイム (*^-^*)
KIMG1623 (300x223)
麻炭をつかったお料理 参考になりましたわ。 
おにぎりのようなベーグルパンは
ホントに焼きおにぎりみたいでした。
ごちそうさま とってもおいしかったです!


つねに新鮮な気持ちにさせてくれるパステルオブライトさんの講座。
たくさんのお話を伺うことができたのですが、

恒星はみんな自ら輝いている太陽 この地球の夜空でこのようにたくさんの星々を観ることは
素晴らしいこと・・・という話をされたとき
 「恒星」とはなにかとても大事なこと・・・なんだっけ?と
心にひっかかり、
帰ってから思い当たるものを探してみたら、ありました。

オコツトからもたらされた情報 『シリウス革命』より

オ)恒星とは思形の反映です。
 思形とはあなたがた人間が一人一人に働いている上次元意識のようなものと言っておきましょう。
恒星は大別すると進化を持ったものと持たないものの二つの種類に分かれています。あなたがたの言葉で言えば進化を持ったものが主列系星、進化の弱いものが中性子星…そのようなものでしょうか…に相当します。
)恒星が僕ら人間の輝きのようなものだというのですか?
オ) はい。 ・・・(シリウス用語なので割愛)・・・
コ) 古代人たちは恒星を人間のアストラルの光と称してました。アストラルとは人間の感情や思考が行われているということですが、これは星に対する正しい見方だということですね。
オ 少し違いますが、おおまかに言えばそういうものです。・・・(割愛)・・・
上次元における働きは今あなたがおっしゃったようなものになっていると思います。

Wikipediaより
主系列星に入って、太陽のように水素の核融合反応が安定に進行している状態
中性子星(ちゅうせいしせい、neutron star)とは、質量の大きな恒星が進化した最晩年の天体の一種である


また、前日にはこんなブログ記事にも目をとおしていました。
「山田貢司のどこへいくのか?バカボン一家」
2012.4.23の記事より

☆1977年9月5日に打ち上げられた木星探査衛生ボイジャーは現在太陽系と外宇宙の境界面ヘリオポーズ(Heliopause)へ到達しようとしています。
私の推論では、波動力の到達範囲(太陽重力と太陽電磁軸)外へは出ることが出来ない乃至、出たとすれば物質は崩壊してしまうのではないかと考えます。
何故ならそこは波動影響圏外であり、エーテルの存在しない、空間とは呼べない環境だからです。
崩壊の前に絶対零度を超える超低温になり機能が失われると思います。☆

このことは オコツトも同じようなことを言っています。
(物質的な意味では)太陽系以外存在しないと。

『奇跡のコース(ACIM)』にも どこかに 
「私たちは皆、夜空に自分の星が ある」 というようなことが書いてあったはずです。
探すために読み返すのが大変で どの章かは分かりませんが読んだ覚えがあります。
(どなたか 第何章の何番か、かわかりましたら教えていただきたいです)

そして、どの星が自分なんでしょう、みてみたいです。
たぶん いつも見ている星がそうなのかもしれませんね。

なので夜空の星々、恒星とは私たちの 輝きそのもの。
夜空で巻き起こる新しい発見はある精神を具体的に見出した証であり、
魂・意識世界をビジュアルとして観ているのでしょう。

人々は星が大好き、イルミネーションで飾るのは
根底に魂の輝きに似ていると知っているからでしょうね。

KIMG1624 (300x219)

ほかにもたくさんの 洞察をいただきました。
自分の中でまとめ、整理できたら書きたいとおもいます。

またね(^.^)/~~~




Xmasツリー(パステル画)

  1. 2014/12/13(土) 09:12:21_
  2. パステルアート
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
夕べ 描いてみました。

クリスマスツリー

KIMG1613-2.jpg
                   パステル (ハードとソフト)

写真を撮って 取り込みましたが
上手くブルーの色が再現できないです。

気分も年末モードです。またね(^.^)/~~~

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
(*^-^*) ブレスレットやさん やってます。
☆星のかけらのお守りブレスレット ~Milky way~ 

初冬のクレマチスの丘

  1. 2014/12/07(日) 22:34:58_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
大好きな庭園と美術館があり、平日に訪れたので静かな場所
クレマチスの丘のベルナール・ビュフェ美術館へ。

モミジもまだ葉を落としてなくて、美しい姿を見られました。

IMG_5229 (400x300)


IMG_5230 (350x263)


IMG_5235 (350x263)




今年の春にも来ましたが  企画展示が変わりました。
長谷川ジェットさんのポップな作品

1417952430390 (252x300)

ランチは併設のカフェレストラン
店内には木工のツリーが・・・和みます。 (^-^)
IMG_5232 (400x300)

IMG_5234 (400x300)


IMG_5238 (400x300)

桂の木は落葉してました。
IMG_5239 (400x300)

クレマチスガーデンには入らなかったけど
駐車場入り口付近に 秋にも咲くクレマチスが咲いていました!
IMG_5241 (400x300)



IMG_5243 (300x400)

彩の冬です。ブログのテンプレートもクリスマス仕様に、今月はこれでいきます。
今年もあとすこし、あわただしくもありますが
余裕をもって過ごしたいです。

では また (^.^)/~~~

―――――――――――――――――――――
石と話をしながら
(*^-^*) ブレスレットやさん やってます。
☆星のかけらのお守りブレスレット ~Milky way~

悲しみの本質

  1. 2014/12/03(水) 22:30:27_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
悲しみの種類を考えたとき
喪失感・不足感・孤独感、愛の不足感。

それらの修復について・・・書いてみます。

悲しみの原因とは何でしょう?

大切な人の別離の悲しみ、喪失感、

自分は足りない、
ダメな人間という不足感、

自分が理解されない悲しみ、孤独感
支配される不自由さからくるもの、

自然が破壊されることや、戦争や悲惨な世界状況を悲しむ
戦争などの悲惨な状況への悲しみは隣人愛や自然への愛の不足を悲しむこと。

不足感が物理的なものであれ、大切なひとであれ、自由であれ、
自分のスキルや経験など、すべて何かの不足や喪失であろうと思う。

思いつくところはこんなところだけど、

IMG_4544 (450x338)

飛躍して 感じるかもしれませんが 
突き詰めると
悲しみの本質は究極的に 
すべて、絶対存在(神とよばれるもの)からの分離からきている。

もともと私たちは”すべてがある”場所から来ていて、
そこを離れて こちらの世界、忘却の場所へと旅してきた存在なので、
微かな そこでの記憶を覚えているからこそ、
ここでは喪失感を覚えてあたりまえ。

”すべてがある場所”を想いだすと分離が錯覚だったと知ることとなる。
すべてが悲しみ、圧倒的と思えた喪失感は霧散してしまう。

すべてなる存在=愛という存在と私たちは本来 同じ。

大切な人はどこにもいってない。。
他者とは分離などしていなかったのだから別の人という感覚すらない。

不足していたものは何もなく、
そして、理解されないという概念もなく、
すべては個のように見える体験があるだけと知っている。

すべては 今ここにある、この瞬間はすべての集約の頂点。
そして、いつも いつも その頂点にいる。

わたしはこの瞬間の体験を選んで その”時” にいる、
位置している(『アミ小さな宇宙人』的にはこの言葉だね)

認識を変えると 位置が変わる = 世界が変わる ということ。


だから
悲しみの本質を理解するだけでも 経験や想いは変えることができる。

悲しみの本質を知ることは 悲しみが解らなくなることではないよ。
(サイコパスではないからね)
本質の理解は すべてを知っているのだから、悲しみを経験していることの理解。
共感を含んでいるけど同情とは違う。

 「いつまでも悲しんでいるわけではないと知っている」 ことであって、

「すべては 大丈夫、
どんなに悲しんだって大丈夫、すべての本質は不足などないということ。
私(その人)がいずれ、悲しみの感情から離れることを知っている」って、
私(その人)のことを そのように理解することが 最大限、助けることとなる。

他者のことであれ、自分自身であれ 修復は自分の内面で行われるの。
それが自分を含む全ての人の助けとなるの。

(他者へ寄せる同情は低い目線であることが多いよ、高次の共感とは違うということに気づいてね)

視線を奥行き方向へと上げて 

高い意識レベルを保ち、強化、強化・・・オールOKなのだから。

KIMG0974 (300x400)








NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2014 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -