ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


少しの間ここにきてるだけ

  1. 2015/01/28(水) 13:24:15_
  2. 奇跡のコース ACIM
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
『奇跡のコース』を「湘南やすらぎの部屋」で学んでいたとき
クラスでは日常の様々な自分の想い、考え方をコースに則って
考え改めるため 分かち合ってディスカッションしていたのですが、

あるとき私は 自分のことはともかく、家族の将来のことが
心配で心配で・・・(母親というのはどうしてもそうゆうものです)
「どんな状況にあっても大丈夫だ」、と知りながらも
この想いはやめられませんでした。

そんな状況が続き その想いをクラスで打ち明けたら

「どんなことがあっても 大丈夫なんだよ。
だって、死んじゃっても大丈夫なんだから」 と言ってくれたクラスメイトがいました。

そうなのですよ。 
こんなこと『奇跡コース』の類をやっている人にしか
受け容れてもらえるこどではないかもしれません。
万人に向けては書くのをためらうようなことです。

 
とは言っても、目の前から大切な人がいなくなったら 淋しいでしょう。
けれど 亡くなった人が ぜんぜん大丈夫なのだと知っていれば
ただ自分の中のことだけの問題。
いつもサポートをしてくれていると識ることが自分を助けることとなるでしょう。

でもまぁ、私は家族に対しては
生きていて不幸な状況が心配だったのだけれど、
暑さ寒さがしのげて、ある程度食べ物に恵まれていれば
そこそこ大丈夫。
病気にならないようゆるゆる生活に、そして
時々自分なりに頑張って
その時々で自分自身を生きて欲しいと思います。

どちらにしても この世界では何をしようが いいのです。


死んじゃってもだいじょうぶなら生きていても大丈夫。。。
ほんとうの自分や周りの皆も魂としていつでも「ある」のだから。
魂の分霊の出張先がここなだけ、をいつも心に置いています。

このような認識をテッパンにするために
コースの重畳とした文章はあるし、

やすらぎの部屋のコオさんは 
「コースは認識の筋肉強化のようなものだ」と仰っていたのですが
ピッタリの表現です。

このような認識をコースにしろ何にせよ
得ることは 出来事に惑わされることがなくなり、
結果強くなったように見える。。。
鈍感になるわけではなく
精神を揺さぶられることがなくなる、ということです。

KIMG1674 (301x400)


いまもまだまだ 心配な気持ちが私の中にあります。
だから振り返って書いておこうとおもいました。

では また (^_^)/~







スポンサーサイト

胃腸養生中のおやつ

  1. 2015/01/21(水) 23:23:14_
  2. 食事・栄養のこと
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
友人に教えてもらったのですが、
今 冬の土用期間のようですが
この時期 胃腸に負担のかかる食事は避けた方がよいそうです。

確かに漢方栄養学などのジャンルで調べると その理由なども書いてありました。

汗をあまりかかないこの時期水分調整は慎重にその調整を担うのが臓器だそうです。
この時期胃がたかぶっているともかいてあったりしました・・・

なるほど季節的なものもあるのか・・・先人は知っていたのですね。
私はこの3、4年 冬に胃痙攣をおこします。
本当に この症状は辛いのです。
死ぬかと思うほど、というか死んだ方がマシと思えるほどの痛み、
いわゆる疝痛が襲ってきます。

で、今年も気をつけていたつもりが 先日
半日ほど断続的に数度 発作に襲われました。
胃腸に強制リセットがかかったようです。
治まっても一日絶食し、お粥などを経て復活できました。

でもちょっと食べれるようになったとき お粥やおうどんだけじゃ物足りない・・・
なにかお菓子が食べたい でも
油脂をつかったお菓子は食べたくないし・・・と
食い意地が張っている私が考えたのは

自分で作ってみたこれです。 
卵黄プリン (材料は 卵黄1個・牛乳80cc・砂糖大さじ1・バニラエッセンス)
KIMG1694-1 (300x246)
 
卵白と砂糖で
メレンゲ
KIMG1695-1 (300x243)
これはほとんど お砂糖を食しているようなものなので
白湯など飲みながら頂いてました。
(とりあえず満足 元気になった証拠です)

ホントに 昨今はお料理アプリのおかげで
気軽にお菓子を作ってみようかなぁ と思えます。

スマホを傍らに思い立ったら すぐにできちゃいます。
しかもこれは砂糖・牛乳・卵 だけですから !
人間必要に迫られると行動しますよ。(;・∀・)アハハ


それにしても 絶食し、お粥食からの後で、
普通の食事になったとき 
ご飯、お漬物の味、おかずの味が
すごーく敏感に味わい深く感じられました。
胃のために よく咀嚼して食べたせいかもしれませんが
まさに 味覚がリセットされ、 
薄味でもしっかり味を感じることができました。

ときどきお粥のような食事を取り入れるといいのかもしれませんね。
味覚と胃腸のリセットのためにも。

みなさまもお気をつけください。 ではまた 


鎌倉 浄智寺へ

  1. 2015/01/20(火) 23:00:16_
  2. 日常・歳時記
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
前回記事のつづきになりますが、
海蔵寺を後にして
亀ヶ谷坂切通し(かめがやつざかきりとおし)を通って北鎌倉の方へ出ました。

IMG_5291 (400x300)
亀ヶ谷の坂を登って振り返った写真 きつかったなぁこの坂道
運動不足でへとへと 写真を撮りながら休み休み進みました。

てくてく歩いていくと
バスの通りに出て北鎌倉駅方向に進み踏切を渡ってわりとすぐに
浄智寺があります。

浄智寺の門の下に池がありますが
ここにも井戸がありました。
「甘露の井戸」  甘いのかしら?
IMG_5295 (400x367)

浄智寺 
IMG_5299 (400x289)


ロウバイを求めてのお寺巡りだったのでパチリ

IMG_5301 (400x300)

IMG_5305 (400x300)

椿。
IMG_5306 (400x299)

お花を愛でて駅の方へ向かいましたが

お寺の近くの普通のお宅のロウバイが見事でした。 (;'∀')
KIMG1687 (300x400)

電車に乗る前に一服・・・
KIMG1689 (239x300)
アイス食べたさで冷たいものをオーダー (;・∀・) (←冷やしちゃダメな人)


季節によるとは思いますがお庭としては
海蔵寺のお庭が素敵でした。
これは前回の記事に載せ忘れた写真
海蔵寺のお庭は明るい苔が印象的。
KIMG1671 (400x300)
初詣のついでにロウバイ見たさが
ちょっとした史跡巡りの散策になりました。

では また。(^.^)/~~~


鎌倉 海蔵寺へ

  1. 2015/01/18(日) 21:18:42_
  2. 日常・歳時記
  3. _ comment:2
暖かい日を見計らって
鎌倉にお詣り・・・

鶴岡八幡宮は一月も中旬すぎて
それほど混雑はしていませんでした。
IMG_5266  (400x314)

その後 海蔵寺までてくてくお散歩
IMG_5267 (309x400)

脇には 底脱の井 があります。
IMG_5268 (300x400)

こちらで100円を納めさせていただいて

IMG_5285 (400x300)

十六の井戸を観に行きました。
ここをくぐります。鎌倉らしい風景・・・
IMG_5273 (400x333)
扉のやぐらの中にあります。
IMG_5275 (400x300)
観音像が安置されていました。合掌
IMG_5274 (400x300)

本堂のほうに戻り
IMG_5278 (400x300)

IMG_5283 (400x300)



お庭を拝観 
IMG_5269 (400x299)

冬でも明るさを感じるお庭
臨済宗 禅の庭は心から雑念がとんでシンと鎮まります。

ミツマタの蕾でしょうか。
IMG_5270 (400x300)

IMG_5281 (400x300)


IMG_5282 (400x300)


IMG_5286 (400x300)

出口の門近くに
蝋梅がよい香りをたなびかせ咲いていました。
KIMG1678 (300x400)

水仙も見ごろです。
KIMG1674 (301x400)


IMG_5289 (400x296)

このあと 浄智寺へ廻りましたので 次回ログに書きます。
おつきあいありがとうございます。
では また(^.^)/~~~


リンゴのお菓子

  1. 2015/01/04(日) 22:30:35_
  2. 料理・クラフト・インテリアなど
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
一昨日は精神世界、
昨日は病気のこと
毎日 全く違った内容のログになってますが、
自分の思ったままの記録なのでご容赦ください。

で、今日はお菓子のレシピの覚書です。

生のリンゴがあまり好きではないので
せっせと
リンゴの加熱調理方法を調べて
昨年末から作ってますが・・・

リンゴジャム 
リンゴ3個とりんごの重さの30パーセントくらいの砂糖と
レモン汁1/2個分を加え
電子レンジ500Wで15分だったかな?
適当ですが途中様子を見ながら 煮ました。

KIMG1657 (350x263)
うーん、ジャムというより煮リンゴですけど、
ヨーグルトやトーストに載せて楽しんでます。
美味しいです。
砂糖少な目 早目に消費しましょう。


簡単な リンゴのケーキ
KIMG1675 (263x350)
<材料>
A 小麦粉  200g
  ベーキングパウダー 小さじ1
  塩     少々
  シナモンパウダー 少々

B 卵 2個
  バニラエッセンス(あれば) 少々
  砂糖  100g
  サラダ油 100cc
C リンゴ 1個 くらい 2~3mmくらいの櫛切りにしておく

<作り方>
① 材料Aを全部合わせてをふるっておく
② 材料Bを全部合わせて混ぜておく
③  ② に① を入れてさっくり混ぜる
④ 四角いバット型か天板にクッキングシートを敷いて
  ③を平らに均し容れ、リンゴを並べる
          (丸いパイ皿でもいいかも)
⑤180℃で25分くらい焼いて出来上がり

(写真は焼く前に、リンゴの表面にグラニュー糖とシナモンをふってみました。
それから焼き温度 170℃で焼いてたけど大丈夫でした。(;'∀')) 

これは子どもの頃作ってもらっていたお菓子。
当時 簡単なのでけっこう巷に広まっていたレシピです。


冬は焼き菓子が美味しいですね。
では また (*^。^*)








自分への注意喚起!

  1. 2015/01/02(金) 22:42:01_
  2. 病気のこと(溶血性貧血)
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
最近は身体の調子がいいので忘れがちですが

お正月 食べ過ぎに注意です。

寒いので体調管理も気をつけないと・・・
このブログは自分のためのメモでもあるから、

自分への注意喚起と
溶血性貧血を患っている人のためにも
過去の記事 貼っておこう・・・

2014.2.4  ご飯の事情②

2013.9.11  溶血性貧血症状がでたときのために



赤血球-1


 みなさまも 身体と相談しながら
健康な毎日をお過ごしください (*^-^*)

奇跡のコース・分離の起源 より

  1. 2015/01/01(木) 22:56:51_
  2. 奇跡のコース ACIM
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
年頭から
こころの中の雑然としたものをどうすればいいのか?と問うと

自分でやろうとしないことだ・・・と想っていたら自ずと
『奇跡のコース』を読むことに向かいました。

ナチュラルスピリット社の『奇跡のコース』 より

第二章-1 「分離の起源」

”奇跡は様々な錯覚の間に区別をつけることはしません。
奇跡の唯一の関心は真理と過ちを別々なものとして区別することにあります”


錯覚とは
この目の前に見える世界、
全天周型スクリーンに投影されている世界のことです。
スクリーンに囲まれている中にいれば、善くおもえることも悪く思えることも
区別がないといっています。
悪く思えることとは 後に書きましたが”愛の欠如の状態”です。
どんなことにせよ
奇跡はこの世界で起こることには それほど関心がないのでしょうね。
それよりも スクリーンの外側に出て物事を観る(それ以上の感覚・存在になること)
が重要なことであり、奇跡を受け入れるということに尽きるのです。
だから、スクリーンの投影と そこから脱却し、真理にいることが
区別されるべきもの、と言ってるのです。

スクリーンの外側に出ることとは
自然物をはじめ万物を成り立たせているモノの
 目には見えない 叡智・フィーリング・奇跡・恩恵・プロセスを感じ取ること、

いまここに 見せてもらっているという感覚です。


「スクリーンの中でのみ 高みを目指し留まっていたら それは宗教になってしまう」
と言っていたのは 昨年末に出席した お話会、
パステルオブライトさんの講師の方でした。
このとき 宗教の位置付けというものがはっきり明確化できました。
そこに 意識は留まって癒したい!では意味がないのです。
所詮 宗教にしても 『奇跡のコース』にしてもツールにすぎません。


そして
”安らぎはあなたの中にある属性です”
”内なる安らぎによって、外部からくる愛の欠如に動揺せずにいることができます。
そして、奇跡を受け容れることによって、
他の人々の愛の欠如が生み出している状況を修正することができます”



ここで間違えてはいけないのは ”修正することができる”とは
何かしようとすることではない、ということ。
ただ 奇跡を受け容れること。
愛の欠如の人々のことでも
愛の存在として胸の内にある光をみる ということだけです。

安らぎの意識は 自分自身にある・・・


寝る前にACIM

この世界を超越するための 『奇跡のコース』。
膨大とも思えるテキストは、
たくさんの文章で埋め尽くされていても
無駄な文章はなく、どこを読んでも
いつも導きだされる答えは一貫しています。

私にとっては こころのリセットツールに役立っているのです。

2015年元旦 こころのメモ。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2015 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31