ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


『ネルダ・インタビュー5』を読んで

  1. 2015/05/28(木) 23:05:48_
  2. スピリチュアル本
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
『ネルダ・インタビュー5』 を読み終え 数日経ちました。
書きたいことが がせめぎあう感を覚え、何度かツイートしました。

 
ネルダ・インタビュー5: Hologram of Deception2014/12/31
James Mahu、 shima  Kindle版



この本 電子書籍版しかないのですが、まだ何回か読みたい書籍です。

なぜなら意識の変革にはもってこいです。

奇跡のコース(ACIM)』を学んでいた身としては とても受け入れやすかったのです。

IMG_0045.jpg


『コース』は この世界は錯覚だと説いています。
人間の肉体も 感情や思考も錯覚・・・
心は実在(天国)由来のものではないにせよ、実在を認識できるツールではあると言っている。

そういった意味で
『ネルダ・インタビュー5』 では
人間はある存在達(書籍読んでみてね)によってデザインされたヒューマンユニフォーム(身体)の
中に閉じ込められており、
DNAによって意識や行動さえもプログラミング(ファンクショナル・インプラント)されている、とある。

ということを『コース』にトレースしてみると
『コース』では身体の由来については分離が造りだしたもの、とあり
分離の起源のことは あなたが 勝手に創造主のまねごとをしたとか、
エデンの園を造りだし信じているだけ などと漠然としか理解できないような内容だったのですが、
インタビュー5の内容により具体的に納得したところです。

プログラミングだとわかれば 立ち上がる分離プログラム(怖れに基づく思考)を
バッサバッサと切り捨てていけばいいだけ、思考を黙らせること。
そうすれば 自ずと 真実の自己が立ち上がってくるはず。
このことを インタビュー5では
新しいアプリケーションで書き替えていく という言い方しています。

怖れの思考、感情は分離の象徴。

ヒューマンユニフォームを造った主たる存在(アヌ)=(ルシファー?と思っていいと思う)を
神だと信じ込まされているけれど、
分離のない突き抜けた世界、「I AM WE ARE」 の世界観で見れば
自ら神だと名乗る存在は 私たちとまったく同列の存在です。

このことは
ヌーソロジーの半田広宣さんが言うところの 偽の神(ユダヤ的神)のことと同じですね。

インタビュー5には
魂、マスター、輪廻、食物連鎖システムもそのプログラムの一部。
この世界に閉じ込めるためのシステム、とある。
魂とは、このアストラル界などヒエラルキーの天界をも含む世界での
枠組みで表す個々の記憶装置のようなものと、言っているし、
輪廻転生のことをリサイクルシステム という言い方をしています。
確かに そのためには 魂という概念が必要ですね。

ちょっと ショッキングでしょうか。

昔から 霊性を極めるという意味で、
転生しないようにする、という考え方は密教ではありましたけれどね。
なにしろ ここは転落した世界なのですから。


そもそも 本質の自己 (これが本当の霊性でしょうね)
には 分離はないのだから 個別の魂なんていう概念がそもそもないのだろう・・・
あるのは 全体性のバイブレーションとパーソナルといえる固有のバイブレーションかもしれない。
至高といえるものは ファースト・ソース という言葉で表現している。
それ以外は 人間をデザインした存在も、私たちも みな同列の存在であると説いているのは
コースもまったく同じ。


このような地球的仕組みを
人間の世界が当たり前だと感じている人は
憤りを感じないのかもしれないけれど、

私はどこかで覚えているのだと思う。
私の欲求は このシステムから出たい というものなのだから 
おおいに この内容に反応したのです。

私の欲求はここで ワクワクすることをやることじゃない、 
私の欲求は ここから突き抜けたい。
完全な本来の認識を得たい、想いだしたいだけなのだから。

本来の私たちは ここに閉じ込められているような存在ではなく、
もっと広大に 拡張した 存在そのもの 世界そのものなのだから。

そんなことを考えながら眠りに就いたら

今朝はこんな夢で目覚めました・・
>>>鏡に向かってますます白髪が増えてる・・・と髪をとかしている私。
そしたら横の毛がごっぞり抜け落ちていく
えーっ?!と手の中の髪束を見て
再び鏡をみると 髪の毛が全て真っ白でキレイ・・・、漂白したような・・・
顔まで石膏のように真っ白、目の玉も まるでギリシャの彫刻のような自分。
後ろで、息子がお化けだ!と言っている。
ちがうよ、お母さんだよ、と答えるがどうしよう・・・怖くなったとたん これも
自我プログラムだと気づいたら 元に戻った。>>>

という夢だったのだけれど、

そう プログラムなら自分自身で解除できる。
気づけばいいだけ。 サーっと冷静になる。


分離のプログラムは潜在意識(遺伝的意識)、また
 無意識(普遍的意識、種族全体にリンクしているという世界観で書かれている)
に及ぶように作用している‼と 『ネルダ・インタビュー5』にある。
夢にも作用してるってことだね・・・(;・∀・) 夢の中の気づきで少しは貢献できたのかも。

自分の意識は
無意識を通じて この種族に分離の解除の影響を与えることができるってことでしょう。

拮抗状態は極まれば いつか反転するらしいから
分離の離脱、 統合に傾くことを切に信じ・・・
新たなアプリを起動させ、余念のないように生活するだけ。

結局のところ 
誰かが この分離世界をデザインしたにせよ
解除できるのは自分しかいないってこと。
誰かのせいにするのは
まったく 無意味。。。すべては全体性の中で起こっていることなので
自分自身のなかの一部分が起こしているのだというパラドックスに陥るだけでしょ。

しかし それも このプログラミングを解除できれば見えてくるものがあると想うのです。

新しい世界を 本当の創造の世界の中に身を置きたい人にとっては必読書ではないでしょうか。

IMG_2366.jpg



スポンサーサイト

矢倉岳ハイキング

  1. 2015/05/24(日) 22:11:32_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ comment:0
お天気 今回もはずしませんでした。
おまじないの効果は絶大? ハイキング日和

足柄の 矢倉岳へ。
足柄万葉公園の駐車場に車を停め、準備OK 
ルートを確認して
片道1時間ちょいのコースに出発 (^-^) 。

森林浴しながら・・・

IMG_5777 (400x300)

涸沢の状態だけど流木や土砂が・・・ 雨の直後は大変だろう・・・
IMG_5781 (400x300)



目指す山頂が見えました。
あの森の中を歩くのか・・・
あとで ぐぐっと登りになりそう・・・(;・∀・)
送電線の下を通ります。
IMG_5783 (400x300)

道標は覚書のために貼っておこう。

IMG_5819 (300x221)


IMG_5818 (300x216)

日頃のゆるゆるな生活を取り返すべく頑張って山頂まで登ってきました。
1時間15分くらいで来れたでしょうか。

IMG_5795 (317x400)

ランチタイム。
富士山も見えました。
IMG_5792 (400x300)

箱根の大涌谷も水蒸気ガスがモクモクしているのが確認できます。
IMG_5790 (400x300)

この日 12時ころ 真上に日暈が観測できました。
IMG_5810 (400x300)
寝転がって撮ったので 眩しい!

戻りの道は同じルートで 万葉公園は足柄峠の方向へ。

IMG_5798 (400x327)


IMG_5817 (300x225)


先ほどの気持ちが良いポイント ではちょっと一休み。
IMG_5820 (400x300)

足柄万葉公園の中をちょっとだけさまよってしまいましたが、無事に
ハイキングを終え車に乗り込み、観光のため
「洒水の滝(しゃすいのたき)」 に移動。 山北町のHPには 

水洒の滝について

・かながわの景勝50選 1979年(昭和54年選定)
・名水百選 1985年(昭和60年選定)
・日本の滝百選 1990年(平成2年選定)
・かながわ未来遺産100 2001年(平成13年選定)


とあり その通り、なかなかの滝です。

前回のハイキングで寄れなかったので来られてよかった!
IMG_5829 (300x400)
高さはあるけど 岩肌をつたう美しい穏やかな滝です。

帰りも高速道 夫はお疲れなので私がハンドル握りました。
私、久々の高速道ですけど、横でゆっくりできるんでしょうか・・・できたみたいです。
運転も自信がついたので また今度。(^-^)



花菜ガーデン ローズフェスへ2015

  1. 2015/05/17(日) 22:22:44_
  2. ガーデニング・花など
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今年も バラの季節に 花菜ガーデンに行ってきました。
平日だったので 駐車場はスムースに停められました。

IMG_5725 (400x300)


IMG_5734 (400x300)


お気に入りの場所 小ぶりのバラたち
IMG_5736 (400x300)


IMG_5737 (400x304)

今年は 気温が高いせいかぐんぐん伸びてますね。
IMG_5738 (400x294)



最後は 小さなお庭
ゴルフのグリーンみたいだけど
普通の住宅でも再現できそうなお庭

IMG_5765 (400x286)

花菜ガーデン公式サイトの2014年の様子 空撮動画 を貼っておきます。 

では またね(^_^)/~

無意識と現実と・・・

  1. 2015/05/12(火) 23:16:57_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
陰謀ネタに興味がある人は
気になっていたかもしれませんが
5月11日は地震がどうのこうのっていう情報。。。

世界的に見ても 昨今、噴火や地震が起きてるので心配があったと思います。

情報の日が陰謀的なのでは?、といろいろな人が暴いてました。
これを心に留めておくことが抑制や効果が薄くなる気もすることと、

それに
その情報は創造という観点での予定調和ではないのでは?と想っていたのに、
10日の朝はこんな夢で目が覚めたのです。

夢の内容は・・・

朝起きて 窓を開け景色をみるという場面から始まる
「いいお天気だよ、海も見えるし」 と長男に話しかけながら
なに言ってんの!家から海が見えるわけないよ、と思いながら
その遠くにある海を凝視すると
濃い青みを帯びて盛り上がった海水がうねりながら こちらにやってくる。

そのリアルさに驚き、恐怖を覚え
瞬間 この辺りに ここより高い場所はない!
直ぐに全部の窓を閉めてと長男に指示し
自分も閉めて回る。
2×4の家は箱、箱舟のように流されて助かるかも! 
でも自分たちだけ助かって ほかに誰もいなくなってしまったら嫌だ・・・
などと 
せっぱ詰りながら考えていた・・・・

そこで目が覚めました。





なんか夢の映像が生々しくて う~ん、と唸ってしまいましたが、
夢を考察してみたところ
かつての津波の映像を見たとき 家がまるごと浮かんでいるのが印象に残っていたことや、
防災意識と先の陰謀ネタ情報がリンクしたのでしょう。
夢で自分の感情は 焦りながらも結構冷静、
自分たちだけ生き残るのは嫌だし、意味のないことだと思っていました。
これはこれで 大きな経験です。
私としては5月11日の件は完了という感じでした。


そして実際の11日の朝を迎え エネルギーを感じてみる
湿度や温度、目に見えない何か 空気感を
大丈夫 なにも違和感があるものが感じられず、 普通に日常を過ごしました。

私は静かにしている状態であれば
直近迫った地震は 違和感として感じます。
絶対の感覚があると思っています。
動物と同じ。(;・∀・)
以前 夜中に直下であった時など
寝付けず 横になっても 寝てられない
布団の上で起き上がるしかない状態になってしまい
イライラ 不眠の時とは違う。
とにかく地面が何が ずんずんきている感じ。
多分 揺れは感じない地震が起こっていたのでしょう。
そして、本当にグラッときた覚えがあります。

でもそのような
夜中、地震の直前に目が覚めてしまうなどは 誰にでもあることででしょう。

そして地面の下に違和感・・・と思っているとグラグラです。


とにかく
?と想ったら そのときのエネルギーを感じてみる。
微かな違和感?快適な感覚? 素晴らしいエネルギーが満ちている?
ハートを同調させれば 何等かは 感じられることでしょう。

冷静で平穏な時は自分の感覚を信じる。

注)パニックのときは自分を信じると 大体は逆を選びますから
そのようなときは 教えて聖霊よ!と訊いてます。経験的に。

どちらにしても 創造が意図した予定調和的な自然災害には気をつけましょう。
すべては私たちの意識が複雑に関連しているのでしょうけど。


では また (^_^)/~





大野山ハイキング

  1. 2015/05/03(日) 23:12:33_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
ごきげんなお天気 GWのトレッキング日和に

御殿場線 無人駅の谷峨に到着。
御殿場線ってJR東海(・_・?)! スイカで乗って車掌さんに現金精算!して下車。
今度から切符でのります(;・∀・)ハイ

IMG_5623 (400x297)
駅の前には藤の花が最盛期
IMG_5624 (400x264)

目的地は大野山山頂・・・片道約2時間 登りばかり2ジカン・・・ちょっぴり不安もあるけれど、
頭の中で 一年以上練り練りした構想なので大丈夫でしょう。
眺望抜群の記憶がある、中学生の時に登って以来の山。

IMG_5626 (400x300)
あの山頂が牧草地になっている山です。(ハゲているわけではないです)
東名高速道の高架も見えます。
よくあそこを通行して 山北・足柄付近の景色は眺めてますが
よもや 外側から眺めると別次元な感じに。

歩き出し くるっと回り込んで駅の下の方のあぜ道に降り道標があります。
IMG_5627 (300x225)

IMG_5628 (400x300)
酒匂川を越える橋をわたりますと登りになります。
晴天続きで水量少な目。
IMG_5630 (400x300)
まだまだ元気。

シャガの花があちらこちらで群生してました。
癒されます。
IMG_5632 (400x238)


心の中でマジでこれがあと一時間半も・・・と思いつつ登ってきましたが、 
富士山バッチリ疲れが吹っ飛ぶ景観。
IMG_5636 (400x300)

IMG_5637 (400x300)
日頃なまった生活なので
結構きついけれど 森林浴に気分を浸らせつつ 緩急ある斜面をモクモクと登る。

途中 林道とクロスしたところに
木彫りの雉?かな。
IMG_5638 (300x225)
これを置いてくれた心遣いにありがと。

結構きたところで 富士山を愛でてパチリ。
このために 登ってるのよね。
IMG_5641 (400x300)

何十年も前に来た時より整備された道を
ゆっくり 休み休み お先にどうぞ しながら進み、
立ち止まったところは”スカイツリーの高さ”のウサギさん。
IMG_5642 (300x243)

使われなくなった牛舎?を通り過ぎ
IMG_5647 (400x300)

電波塔を回り込んだところで山頂に着きました。
IMG_5649 (300x225)
標高723m

ふと見ると ぽっくりサンダルでミニスカートの若い子とおばあちゃんを連れた家族連れが・・・
そうなんです。直近まで車で来れるのです。 

でもほとんどが 登山客で、
山歩きでしか味わえない想いをしてきましたね。

よそのブログを事前に読んだルートラボによると
標高差500m以上だったから
よく頑張った、私のペースに合わせてくれた夫にも感謝です。

眺望は
富士山はもちろんのこと 小田原 相模湾も見えるし
反対側は丹沢湖が臨めます。神奈川県民の水瓶。
この山自体も保水という意味では水瓶です。
IMG_5655 (400x300)

お弁当を食べた場所からは
小田原や国府津のほうかな?海は相模湾が見えました。
ん?電線が来てますね。鉄塔もありますから電気は不自由しないでしょう。
おトイレもあり、水洗トイレで きれいめでした。

1430641373200 (400x303)



下りは 山北駅方面へ
IMG_5654 (300x225)

で、直ぐのところに駐車場がありました。
大学の名前をフロントガラスに掲げた観光バスも停まってました。
研究のための学生ぽい団体もいましたからね。

登山道の方へ ずんずんと歩き出し、
下りの方が膝と太ももにきます・・・
地面が乾いていて土や落ち葉もサラサラ、大雨で登山路が削られた箇所が在ったり
滑らないように気をつけつつ進み 
シャガの群生にホッと一息。

IMG_5657 (400x300)
IMG_5661 (400x311)


民家の在るところに出ました。
足柄茶畑 ちょうどこの日は八十八夜でしたよ。
IMG_5660 (400x300)

普通の道路に出て、高速道路の下をくぐります。
IMG_5663 (300x225)
ここからが長かった・・・つまんない普通の道 駅まで遠いなぁ・・・
着いたら駅前の温泉!を励みに進んで

駅付近で 温泉に寄っていこうよと 夫に提案すると、
返って疲れがドッと出ちゃうよ、 といいますが楽しみにしていたので
寄っていくことにしました。ちょうど40分後の電車に乗れるはずです。

いいお湯でしたが やはりちょっと疲れがでてしまい、
気力で家まで頑張って・・・
到着した途端 疲れた~もう一歩も歩けないよ~という具合になってしまいました。
で、翌日復活、懲りずにまた後日に備えましょうか。
ハイキングシーズンは短いです。

お付き合いありがとうございました。
樹木や野草を愛でるのは楽しいです。
自然と親しむご計画の一端になれたら幸いです。

ヾ(๑╹◡╹)ノ" では またね。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2015 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -