ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


羊毛フェルトで小物作り

  1. 2016/03/24(木) 15:04:15_
  2. 料理・クラフト・インテリアなど
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この、春の始めの引きこもり生活。。。

まぁ、ステロイド剤によって貧血状態は解消したけれど、
副作用による食欲増進を防ぐたためには、
何か手仕事にでも没頭してないと、
ついお菓子に手が伸びてしまうので

始めたのが羊毛フェルト まだ二週間ちょっとですが、
インテリア的にはもう飽和状態。
作ったモノを
ここに記しておこうとおもいます。


クッキー型に羊毛を押し込めサクサク刺しただけの鳥。
二羽出来たら飽きたので繋げてみた。

IMG_6340 (400x390)


材質上、モッタとした感じになるし、
上手に出来なかった、葉っぱをリースに。

IMG_6341 (400x357)

補強のため裏に綿テープを貼ってみたら少しはみ出てしまった。
ボンドは面倒で懲りたので、ここでグルーガンを購入。

ワイヤーを通して春っぽいリース。

IMG_6342 (367x307)


このあたりから、フエルトボールばかりを夜な夜な作る。

これは、何も考えずにできる。
但し指を刺さないように気をつけながらね。


こんな小さいものが達成感があって作りやすいけれど、

羊毛フェルト (400x274)

工作作業も必要で、そちらの方が手間どるし。


フエルト素材だけではなくて、
100均のリース素材にフエルトボールをグルーガンで止めつける。
簡単。

IMAG1066 (300x241)


フエルトボールをレース糸に通してガーランド

IMG_6334 (328x400)

時計を見るのが暫くは楽しいかも。

ひたすら、フエルトボールを作る日々。

IMAG1063_1 (235x400)


IMG_6343 (300x226)

もう、作って飾りたいものもなくなってきた・・・。
今からクリスマス用品を作ろうかと思ったり、
それとも11月ごろまで待つ?
その頃 羊毛フェルトをやる意欲があるかどうかは分からない・・・

秋には何をやりたがっている自分がいるのでしょうね。

まだ寒くない時期だし、元気に外出してるといいなと思う。

では またね(^_^)/~アリガト

スポンサーサイト

ようやく・・・

  1. 2016/03/17(木) 09:33:44_
  2. 病気のこと(溶血性貧血)
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今日は
退院後、元気を取り戻してから
久々にスカッと晴れた。
日々曇りや雨がちでしたからとりわけ気持ちが良いです。


退院直後、自宅のベッドにもぐりこんだとき
「ん?変な臭いがする・・・」毛布には病気の臭いが染みついていた。
入院前に10日間病床に就いていたからでしょう。
今朝まで、その臭いの付いた毛布の中で目覚めていたけれど
今日で断ち切れる。

本当に生命のバイタル値が落ちていると
病気の臭いが顕著になる、それは自分でもはっきりと自覚でき、

三年前の生命が危ぶまれた病床では
近親者を看取った時と同じ臭いが
自分からしていたのがわかり、
それは夫も感じていたのです。

病気の臭いは入院病棟にもしている。
消毒や点滴などとは違う臭い。
体の内部から発しているのだからしょうがなく、
健康状態を取り戻して行くと消えていくにおい。



退院してから
よく晴れた日は時々あったかもしれないけれど、
布団に入っていた日が多く
毛布をはがして、洗濯をするほど元気もなかった。


1458171456633 (400x228)



ようやく、今日こそ毛布の洗濯ができ、
今夜は
紫外線の日光消毒と 赤外線で温められた毛布に入ることができる。

この上ない喜びは 日常にありますね。


「人生って日常生活するだけのこと?」 などと
今回具合が悪くなる前は考えていたけれど

”世界は愛の顕れ” なんだって、意識している自分がいる。

この感覚が埋没しないように、”世界は愛の顕れ”を目撃して過ごすことに専念しよう。


光の充満がみなさんにも感覚化できますように! (^_^)/~



ノンデュアリティは虚無じゃない。

  1. 2016/03/09(水) 14:04:44_
  2. 奇跡のコース ACIM
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
一週間の入院生活から退院できるまで回復し
自宅療養生活の中・・・で書いてます。



入院中に ヌーソロジー関連などのブログ、HPなどをスマホで読んでいたのですが
貧血の頭では意識のやり取りを構築するのに許容量を超えている~、苦しいって感じでした。


そんな時は やはり 『奇跡のコース』なんです。
コースではなんでも聖霊だのみ・・・なんて楽ちん 
ほっとする心の平安の領域。


下手な絵でイメージを描いてみましたよ。

『奇跡のコース』はノンデュアリティ この世は幻影、投影といってますが・・・

眼前の物は幻影として霧散し・・・ハラハラと壊れ
IMAG1000 (400x302)
こんなふうに 虚しい虚無の空間認識のためではないのです。

こうゆーふうになるのは ヌーソロジーで言うスマル、ノスの方向ですが
そうではなく、コースもこんなこと言ってません。

コースが言わんとしているのは


幻影世界で起こっていることへの「赦し」なんです。

これが意味するところは、こんなもん見ている自分への赦しなんですけどね。

絵でイメージするとこんなかな。
IMAG1001 (355x400)
目の前の幻影世界を、起こっていることを赦す。
自分の胸の中の広大な異空間に落とし込む・・・反転させるというか

言っておくけど、体次元の胸の内に納め悶々とするのは違いますよ!
脳みそに収め、納得いかん!となってしまいます。

で、これはヌーソロジー的には意識の位置の等化とか変換? かな。

ひろーい 自分の愛の領域に投げ込む 感じです。

高度な認識の領域なので、お間違えの無いように!



そうして、完全な受容 が起き
そこで、眼にするものは・・・!

IMAG1002 (300x292)


聖霊の領域です。。。
静寂と活動が同時に両立している。
すべてがそこにあり ないものはない世界。
古い認識を後にします。
もう後戻りはしないでしょう。
精霊たちも大喜びです。

コウセンさんが言うところの持続が見えて
物質の生成が行われているのが分かるのでは・・・

スピリットが何を見たいかは自分のアーキタイプによるのでしょうけれど。


私はヌーソロジーを提唱しているコウセンさんのパッションというか彼が醸し出す文章、
オコツトとのプロセスが面白くて、
興味深くて、これは真実だと直感したから大好きなのですが、
数式や神聖幾何学は見えてこないかも・・・やはり得意な感じがしませんから。

それでも、この領域に参入したらならば、
望めば美しい幾何学が見えてくるのでしょうねぇ、やはり感覚化したいです。

IMAG1003 (400x288)

そこでは自由にエッセンスを使える、何にだってなれるから、
体は意味をなくすでしょう。
ノンデュアリテイなんて言葉も意味をなくすでしょう。

何かをあえて創造しようとしなくったって
完全なる愛に基づいた創造が 自動的に行われている
愛そのものの状態。
それが創造行為だとおもうのです。


自分自身が 宇宙を創っているそのものだと いう認識の領域。
IMAG1004 (400x306)

最後の一歩は 神が手を取ってくれる てコースにはあります。

決して この世界で何かを成し遂げたりすることが
私たちの本質の目的ではないのです、

認識を転換させることだけがスピリットの目的なんです。


とても気が楽になるでしょう、しかも一人でやっているのではなく
聖霊がいついかなる時も傍にいて手伝ってくれているのですから。
私たちは何かに成るために生きているのではなく

本来の自己を認識するために生きているのです。


悟りの空間は 気持ちよい世界に閉じこもる事ではなく
限りない自由を取り戻すことなのです。

創造行為とは自由意識のことだからです。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2016 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -