ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


近江八幡 ラ コリーナへ

  1. 2017/10/29(日) 23:40:40_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この建物の写真を旅アプリで見て、いってみたいなぁ・・・
と思ってちょっと温めていた想い。

この秋、西への旅・・・ で実現です。

IMAG3716_1 (350x199)


この 大きな施設のショップ
ラ コリーナの洋菓子店
クラブハリエってバームクーヘンで有名なお店っていうくらいの知識でしたが、
和菓子で有名な「たねや」と同じ会社なんですね。
(たねや の水ようかん大好きです)


で、
ラ コリーナのこの不思議な建物を目にして感激、素敵!

想像以上に大きさに驚きました。


到着したとき、
駐車場は観光バスも何台も停まって、
普通車の駐車場もいっぱい、しかも広すぎ!

私たち(夫と二人)はタクシーで到着で、
タクシー用にお金払って借りているスペースにも車停められちゃってるし、と
運転手さん談。


で、当然 店内 混雑中


雰囲気に呑まれながら、とりあえず目の前の階段を上がり
焼きたてバームクーヘンのカフェに入るべく列に並ぶ

待ち時間にパチリ

IMAG3720(350x263).jpg


中も凝ってるねぇ・・・

土や有機物を感じさせる 造り


先払い形式で注文
お腹は空いてなかったので、バームクーヘンカフェセットを一つと
飲み物一つオーダー。


IMAG3721 (300x174)


ふんわり美味しかったです・・・



これ、お土産にも買って帰ろうと 
1階に下り、焼きたてバームクーヘン販売の列に30分待ちで購入。
(この待ち時間って それほど混んでないらしいです)



私が並んでる間、夫は外で写真を撮って過ごしたようで・・・

こんな感じ。


IMAG3728(350x248).jpg



おとぎ話の建物みたいですね。

IMAG3726 (350x199)


買い終え、合流してから エリア内をちょっとウロウロ

離れのようなトイレは木の厚いドアだったり
水田があったり、
あちらこちら自然派志向です。



こちらはハロウィン仕様のポップな売り場。

普通のバームクーヘンやいろんなお菓子もみたかったけれど、
どこもかしこも混んでるし荷物も増えちゃうので やめて



IMAG3727 (350x275)


広場を眺めることに・・・

広いです!


IMAG3724 (350x199)


あっちの建物なんだろう?
くわしくは HP見てみよう・・・



カステラ館などもあったようですが。



IMAG3729 (350x197)


たねやの生菓子も食べたかったけれど、
とても混雑してるので(*_*) ここを出ました。



八幡堀あたりまで15分くらい歩いた・・・雨の中☂・・・ のでした。



お堀の観光スポットの橋に到着。
そしたら ここにも クラブハリエと たねや があるではないですか!

とりあえず歴史ある街の風情ある周囲の写真をどうぞ・・・


タイムスリップしたみたいな景観。

IMAG3733 (232x350)



IMAG3732 (199x350)



ちょっと時代が進んだ? 
白雪館


IMAG3734(350x237).jpg



雨の中 疲れたので
たねや さんのお菓子でひと休み

IMAG3736 (350x199)


じ~ん・・・ほっこり。

IMAG3737(250x142).jpg


このお菓子が何だったのかも よく解ってないですが、
外がかりっとした餅の中に粒あん入ってた。
 程よい甘さで美味しかったです。


ここからタクシーを呼ぶ。
タクシー乗り場はないのです。。。事前に訊いておいた。
(あったほうがいいと思うよ、小さな声で進言)


車中、駅にほど近い所で本店のたねやを観ながら戻りましたよ。


近江八幡って
たねやさん関係のいろいろ
レストランやパン屋さんもあるようで・・・
素敵な お菓子などいっぱいの街でした、

という印象・・・なんか間違ってる? 
歴史にあまり興味なし→(^◇^)


そういえば、
薬のメンタームも近江八幡です。
冬はリップクリームでお世話になってます。


では、このへんでおしまいです。


この日の前日にいった京都のことも
また書きますね。

お付き合いありがとうございました。
またね、(^_^)/~
スポンサーサイト

国営ひたち海浜公園へ

  1. 2017/10/12(木) 23:30:18_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今年は一人旅するぞ!と抱負っぽいものを年頭に掲げていたんですけど、
なかなか 泊りでは叶わなくて、それならば
日帰りでと 見つけたバスツアーはおしゃれな行程のためか?
人気でキャンセル待ち。
で、順番が回ってきました。やったー!

しかし 私 あっちが痛いし、こっちもおかしいの体調不良の合間で、
そのために体調を調整していくような状態でしたが
遊びに行くときは元気が出ます。ゲンキンなものです。


当日は晩から雨予報。
写真は曇りでどんよりしてます ・・・


車窓にスカイツリーを臨みながら快調に首都高を経て

IMAG3540 (250x350)


国営ひたち海浜公園に着きました。

IMAG3546 (269x350)



コスモス

IMAG3547 (350x199)


お目当ての
コキア

IMAG3561 (350x199)



IMAG3556 (350x181)


ちょっと色づきが早いけどこれはこれできれいで可愛い。



IMAG3562 (300x170)



IMAG3568 (350x194)



バスで移動 🚌

泉が森湧水へ

泉神社

IMAG3572 (199x350)





IMAG3575 (258x350)



移動 🚌

日立駅 のシーバーズカフェで

IMAG3595 (350x219)



IMAG3591 (300x170)


パンケーキ ♡

IMAG3588 (300x228)


ね、なかなかよいプランだったでしょう。
でもね、やはり駆け足で廻った旅
ツアーは忙しいです。 (・ω・)ノ
そして、よかったことは
隣席の人とも楽しくおしゃべりできたし、連れがいたらできない体験でした。

いつか ゆっくりカフェや雑貨屋さんなども立ち寄りながら個人で廻りたいなぁ
 

今頃 コキアは真っ赤になってるかな。
 
(^_^)/~ では またね。

仁科峠~猫越岳ハイキング

  1. 2017/10/07(土) 23:40:22_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
2017年9月某日 
西伊豆 仁科峠から 猫越岳 ハイキング登山の記録

覚書です。


前日は大雨、コースはぬかるんでるかもと思いつつも
良いお天気なので、決行。

この日、西伊豆に宿泊のため 車で家を出たのは午前9:30
コンビニ寄ったり休憩などしながら、


仁科峠 へ無事に到着です。
西伊豆スカイラインは走り応えのあるいい道ですよ。
(コドライバー 助手席だよ)

IMAG3394 (350x245)


車を停めて 
12:15 ハイキングスタート 天候は曇り→晴れ

コース案内で目的の猫越岳までは75分と確認
たぶん ゆっくりペースなのでオーバー気味になるでしょう。

IMAG3395(192x350).jpg
(これ、帰りに撮ったので晴れ)



始め クマザサを分け入る道

IMAG3397 (246x350)


登って振り向くと 眼下に駐車した場所が見えます・・・
やはり登り始めは息切れが激しい (;´∀`)

IMAG3399 (350x199)


よい眺め!、ここで、いいか。という気分になりますが・・・

IMAG3401 (350x199)


猫越岳を目指して 道標を確認して進みます。


IMAG3402 (350x199)


そして、下る。せっかく登ったのに・・・ (^▽^;)


天城牧場の道路を突っ切るので この柵をくぐり、登り道です。

IMAG3403 (350x236)

クマザサの道のあと、

アセビなどの灌木の気持ちの良い森。

IMAG3404 (350x199)


牧場の建物が見下ろせるまで登ってきました。

IMAG3408 (350x239)




後藤山のピーク 通過地点

IMAG3412 (350x225)


ずんずん進みます。
ぬかるんでる箇所や水が溜まっているくぼみもあり、
細心の注意をはらってまた下る・・・ってことはまた登るんだね・・・
猫越岳は後藤山より高いんですから。



尾根道でなだらかな場所。
灌木と芝生が生えてて、
誰かの家の庭みたいな場所があったり変化に富んでます。


IMAG3415 (350x199)


大きな木もあり、楽しい森
リスを見かけました。

IMAG3420 (199x350)


この木 裂けて着地してんのか?その先からまた枝が立ち上がってた、
自然のままの形 すごいなぁ。

IMAG3424 (350x199)




ふた山超えてきてまた登って 展望台地点へ着きました。
猫越岳山頂より、ここでランチにした方がよいのは下調べ済み。

IMAG3425(350x199).jpg


ベンチもあって、見晴らしも良いです。
少し風があるけど、許容範囲。
13:25  おにぎりとサンドイッチの軽い昼食を摂りました。

IMAG3426(350x260).jpg


本当に展望は よくて、遠くに雲の上にぽっかり浮かぶ富士山山頂。
やはり、高い!

IMAG3427 (350x199)

ここまで、誰にも会わず、山を貸し切ってるよう。




歩くこと再開 展望台から10分ぐらい歩いたかな?

13:50 猫越岳山頂の池 地点
これが、見たくて登ってきたようなもの

IMAG3428 (350x258)


この季節 水草の繁りは衰え、水面は静かに風景を映してました。

IMAG3435 (350x199)


前日の雨で水量が増してるんですね、案内板 水没してます。


IMAG3439 (350x199)

風の音 時たま鳥が羽ばたいたり、トンボや虫たちしかいない。
ほかの人には会ってません。



そして、歩き出し 
14:05 猫越岳山頂 1034m 

IMAG3447 (199x350)



国土地理院の二等三角点 の杭がありました。

IMAG3448 (350x199)


お疲れー!水分補給です。

ここは眺望がない広場という感じ、
休憩したら 同じルートで下山。

14:15 戻りの道・・・疲れてるので気をつけながら。

山頂の池には もう一度立ち寄りました。


そして、



15:20 最初の仁科峠のクマザサの展望地点に戻ってきました。

IMAG3465 (350x196)


15:30 駐車場 おつかれさま。
結局 ハイキング中 誰ともすれ違ったり抜かされたりしませんでした。
平日でしたからね。

ナビをセットして宿まで車で下ります。

あとは 部屋でノビてましたよ~。

お付き合いありがとうございました。
では また。 (^_^)/~ 

海女さんの貝殻細工店

  1. 2017/10/01(日) 08:40:52_
  2. スピリチュアル観
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
何年越しかで、シャコガイの貝殻が欲しいと思っていた。

大ぶりであの波打つような形状
白くて美しい貝 
フリマなどでで何度か出くわしては うーん・・・お高い
欲求度と見合わなくて、見送り状態。

けれど、いつかは、という想いが頭の片隅にあった。


で、この度 海辺の町へ観光旅行に来たので
そうだ、貝殻売ってたら見てみようと気にかけていたら

ありました。


メイン広場にあった目の前の貝殻の露店はスルーして
吸い寄せられるように 後方の趣ある露店へ。



IMAG3525 (350x224)



糸で繋がれた貝のモビール風のモノなど、いろいろ吊り下がっている。
その他ブローチ、ネックレスなど、貝殻細工がたくさんある。
店の女性はアクセサリーを勧めてきますが
今回は周囲に雑多に置かれた下方にあるザクザクの貝殻にしか目がないのです。

大ぶりのものもある・・・

テキトーに置いてある・・・
「これ売り物じゃないんですか?」

「売り物ですよーこんなのどぉ?」と
ツヤツヤの斑点模様のホラガイっぽいものを指さしますが

(それじゃーないんだよなぁ・・・)

で、これこれ!見つけた ひだひだの美しいシャコガイ (*´ω`)
値段を聞くと 

「店番だからよくわかんないんだけどねー、千円かなぁ・・・」

(千円!?(*'▽')ワォ♡) 

「ごにょごにょ・・・せんごひゃくえんかなぁ・・・」

彼女の気が変わらないうちに 「千円だったら買おうかな!」 と求めました。
(今まで見てきた相場観って大事、無駄じゃなかった)





聞けば隣の店主(女性)も混じって

「これねぇ 私たち海女が潜ってぜーんぶ採ってきたんだよ」と。

よく見ると 二人ともお顔は艶々に日に焼けし、細かな皺が美しく刻まれている。

ニコニコ顔がとても魅力的、
初めて本物の海女さんの風情を肌で感じました。



IMAG3526 (350x316)



彼女たちは禊ぎも行える様な綺麗な岩場の海水に
毎日のように身を沈めてるのだ、
それも素潜りで。
禊ぎを毎度やっているようなもの、
そこらの神職者よりも神聖さに触れていると思われる。

しかも、呼吸をコントロールし、自分の肉体を意識の配下に置くという
鍛錬が日常の女性たち。

スキューバなんかで潜るのとはわけが違うぞ、と感じ入る。
(やったことないけど)


そう思うとますます、存在感がすごい、落ち着き、独特の佇まいを醸している。

同じ自然相手の生業でも、農家の女性とは全然違う気がする。


もっともっと浄化エネルギー、パワーに満ちているというか、
肉体から発せられるものが違っているのだ。


私はこのお二人、ちょっとご年配の女性にすっかり魅了されてしまった。
お一人は私と近いお歳かも。


その後、 
別のほっそりした帳簿ファイルっぽい物を持っていた女性とすれ違いました。

あの人も海女さんだ、と直感。

髪の感じ、体つき、肌の感じ、鍛錬さ、オーラ、エーテル的な物、
私の中に海女さんの持つエネルギー的なデータが
インプットされたようです。


素敵な出会いでした。


1506812708318 (350x199)




今更ながら三島由紀夫が小説の題材にしたこともわかるなぁ、と思ったりして。
あれは若い女性が主人公だったけどね。


次は ハイキングか、遊覧船に乗ったことでも書く予定です。
では、よい一日を・・・ (^_^)/~

 





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -