ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


自我と喪失感

  1. 2011/04/16(土) 16:03:03_
  2. レインボーチルドレン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
幼い子どもは 今回の地震など 直接の被害に遭ってなくても
大人以上に恐怖感や不安感を体験していると思います。

だから、子どものころは 世界と自分が繋がっていると感じるのに
思春期になると 自我が確立されて自他の区別がはっきりしてきます。
自我と社会性との対立ゆえ、いわゆる中二病とか言われてますけど、
自我という わがままさと、自分とは一体なに?と向き合う事になるのが思春期。

110407_1044.jpg

我が息子たちを見ていても 今回の出来事を結構 冷静な目で見ています。
対処していくという意味で、これはこれで感情的にならず、良い事だとは思いますが、
心の奥では分離の喪失感は抱えていると感じます。

今どきのニューエイジの少年少女らは、この自我が確立してくることに
違和感を感じ、強烈な喪失感で社会に適応できない人が多いのも現状だ思います。

今日、定時制高校のドキュメンタリー番組を見ていても思いました。
学校を辞めていこうとする子どもたちと、なんとか繋がりを持とうとする懸命な先生たちの
姿が放映されていました。
家庭の事情もあるのでしょうけど、それだけではない気がします。

人生において思春期における人との繋がりが切れている感覚と
喪失感という経験は必要なのでしょうか?
このことは私達のDNA にインプットされていることなのでしょうか?


110407_1036~001

幼少時代、世界と他者と自分は繋がっている感覚 →

思春期になり、自我が芽生え、分離と喪失感 →
 
精神的に成熟して、改めて 世界と他者との繋がりを自ら見つけて
決して自分は一人ではなく、自然界からさえも支えられているのだと
認識するという過程は 今のわたしたちが人間として生まれてきた上で
必要な事なのでしょうね。

このことは とても意義深いことと思います。

IMG_0454.jpg

しかし、これは私の勝手な解釈ですが、
このプロセスがなくなるのが、来たるべき新時代ではないのでしょうか。
自我は無用の時代がくると信じます。
そのためのヒーリングであり、DNAの変容であり、ACIMであると思うのです。

その時に備えた子どもたちが たくさんこの地上にやってきているので
今の閉塞感に耐えられないのだと感じます。

私は、この辛い時期の彼らに いつも愛を贈っていたいと思います。

この度、シータヒーリングの「基礎DNAセミナー」を終了しました。
間に震災もあったりと、意味深いセミナーとなりました。

また、このサイトを通じて遠隔ヒーリングなどもしていきたいと思います。
                       (もちろん無償です)
スポンサーサイト

<<帰り道 | BLOG TOP | 「いまだから必要な選択」>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -