ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


影との戦い、そして今

  1. 2011/08/04(木) 21:12:12_
  2. ヒーリング
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
今 思えば4年ぐらい前の 「やすらぎの部屋」 のヒーリングクラスの一年間は
自己と向き合う一年間で そのときは かなり きつかったなぁ と思い出した。

ユングのいう、ペルソナと向き合う これは大変な作業だったけど 向き合う価値はある。
「ゲド戦記・影との戦い」 は何度か読み返した。意味するところがよく解ったから
ユング や河合隼雄の本を読みふけっていた。

水族館へ イルカに会いに通ったのも この時期だった。
それは 私にとっては ヒーリングセッションだった。
イルカは そこにいてくれるだけで すべてを受け入れてくれるというエネルギーに満ちている。
あんなに 彼らからの 恩恵を受けられる自分の感覚もセンシティブだった。
本当に ヒーリングが起きたから そう思う。
エノスイ、イルカ

三年くらいの間に 何度か 強い感情が離れていく瞬間、 
肉体的にも痛みがあるということを経験した
これは ほんの一時で済むものだけれども 感情というのは、あまり自覚はなくても
身体にもダメージを与えるものなのだ ということを身をもっての体験。
離れていくときは その痛みにしがみつこうとする 自分も発見した。

(結構 人って辛い自分が潜在的には好きだったりする
   自己憐憫は まさにそんな感情だ、
      自分が可哀想でいたい と思っているうちはヒーリングは起きない)

今年のシータヒーリング基礎セミナーでの実践でも 観念の除去をしたり、

だんだんと、感情的になることが 少なくなってきたのだから 
あとは 判断なしで ものを見る目を養うこと、
事象としてだけ 物事を観ることに徹するようにしようと 思う。

先日、息子が 「いい事、悪い事ってなに?そんなの自分で決めてるだけじゃん」と言っていた。
「へー、そんなこと、よくわかってるね、そのとーりだよ」と答えた。
たまに びっくりするような 洞察にみちたコト言う。

あとは 自分の五感で感じる以上のものが あるってことを イマジネーションし
それを 体感すること。

この世界は エゴ、制限の世界なのだから そこから出る意識を育てていく、

それが いまの私が 自分に課したこと。
スポンサーサイト

<<現代アートが好き | BLOG TOP | 選択の自由>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30