• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


養老公園 天命反転地へ②

  1. 2011/11/14(月) 20:30:56_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
昨日の記事のつづきです。

岐阜県 養老公園 天命反転地 ←詳しくはリンク貼りましたので。

記念館からの出口のひとつ
遠近感で斜めに見えているわけではなく、ホントにドアも地面も斜めです。
IMG_1577.jpg

屋外も水平なところがほとんどないです~。
屋外にいくつかのパビリオンがあります。鑑賞。。
内部も入れる体験型アート。
IMG_1580.jpg
IMG_1581.jpg

そして 大きなすり鉢状の地形の中に 
日本列島を配したアート、パビリオンがあります。
開園して16年とか、パンフの当初の写真より
植物が生長して見通しがきかない、
アーティストの意向により剪定を入れてないそうで、いつか森になってしまう!
IMG_1585.jpg

不思議な国のアリス 気分でいざ!すり鉢状の中へ
IMG_1586.jpg

重力方向が 斜めに感じられる空間。
三半規管がぁ・・・!!!
IMG_1589.jpg

三半規管だけじゃなく 身体もどこに力を入れていいのか
バランスが難しいです。転ばないように注意 
IMG_1590.jpg

屋外に小さな日本の形の窓
IMG_1595.jpg

下ったところに小さな入り口の地面に埋もれた?建物を見つけ
真っ暗な入り口を折れ曲がりながら進むと上部には
IMG_1591.jpg

先ほどの日本が裏返しに見える、しかも光として… うーん哲学ですね。
IMG_1593.jpg

最後に 記念館の 化粧室に寄りました。
使用可能ですが 床面は斜めです。
ヨロケル…
IMG_1602.jpg
このあとは 宿泊のため岐阜にむかいました。
スポンサーサイト

<<岐阜観光 ① | BLOG TOP | 養老公園 天命反転地 へ>>

comment

  1. 2011/11/15(火) 17:02:50 |
  2. URL |
  3. miya
  4. [ 編集 ]
ここ、面白いですね!
養老へは5年ほど前に行ったはずなのに
全然知らなかったなぁ。。

カメラを構えるのも難しそう~~^^;

Re: miyaさんへ

  1. 2011/11/15(火) 17:37:16 |
  2. URL |
  3. ケンタウルス
  4. [ 編集 ]
アートというより 運動公園でした。
汗だくです。i-201 
妹が 「チケット売り場のところに ヘルメットとスニーカー
貸し出す、と書いてあるよ」と言ってましたし。

平日で少し雨で濡れていたせいもあって 他の入場者は少なく
上のほうを ぐるっと歩いて中を見ていただけの人などでした。
私ら二人が年がいも無くキャァキャァ言ってましたっ。絵文字:i-229]

いつか行ってみて!
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -