ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


回復のプロセス

  1. 2012/01/22(日) 11:47:42_
  2. ヒーリング
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
入院中辛い時に
病気って回復までのプロセスだったよね、と
何かで読みかじったことを思い出した。
このプロセスは違っているかもしれないけど、
だいたい、自分なりに病床で考えてみると、

否定→葛藤(内なる闘い)→受容→ 回復(解放) だから
このプロセスを早く踏めば
回復が早まるだろうな・・・と考えていた。

病気と闘うのではなく、体の中を通り過ぎさせていくよう務めた。

なんで、こんなことになったのか考えても今は答えは出ない。
だから考えるのをやめた。

多分 ハイヤーセルフは知っているかも。
でもうまく コンタクトとれない気がしたので 
考えなかったし余裕も無かったから。

ほんとに苦しかったときは 家族も回りのひとも
遠く感じ、私がいなくても みな大丈夫なのだと。
体の苦痛以外考えが及ばないときの孤独感。
でもそうじゃないと思えたのは 
年末にボランティアの遠隔ヒーリングをお願いした時
直接、私に 姿なきサポート団が付いていることと
自分でもできる具体的なヒーリング方法を教えてくれた方が
いらしたのを思い出した。

IMG_1839-1.jpg

そうか、姿なきサポート団が付いていてくれているし、
創造主はいつだってここにいるじゃないか、
と思えたときの安堵感。
そして私は生きるか死ぬかどちらを選択するのかも手放した。
ハイヤーセルフが知っている、と思った。
今思えば 大げさだけど。

そして 回りの沢山の人たちにも支えられていると思えた。

程なく、感染症とは別の検査結果がでた。

寒い時に反応し赤血球を壊す数値が高くなっている。
512 という値。通常どのくらいなんですか?
と聞くと、8ぐらい、という返答。
で、もっと酷い人は2000くらいになったりするとか。

512か、数秘術で足してみた 5+1+2=8
あ、なんだ治るじゃん、と単純にそう思った。

そんなこんなで セルフヒーリングも駆使した生活。
まだプロセスの最中。

つづく。。。
スポンサーサイト

<<回復のプロセス ② | BLOG TOP | 入院顛末>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30