ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


ワクワク感の持続は愛

  1. 2012/03/07(水) 10:50:58_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
ワクワクすることを 追い求めて探すってことは
私の場合は ワクワクしない。
焦って探し求めても見つけてやったとしても
その事に依存状態になってしまう気がする。
だから、焦らず 自分を感じてみると 現れてくるようだ。

そして、本当の意味で持続させるには、
瞬間瞬間に愛を選択すること、
だと思う。

例えば モノを作ったりすることだったら、
その行為を愛してる!っておもえること。
そして、誰かのために 作っているのだったら 喜ぶ顔がみたい、
その人を愛してるって思えること。
もちろん 自分を喜ばせるために 作ったり。

日常のふつうの行為を愛してるって思えたら
それが いつもワクワクの持続だとおもうし、
洗濯物を干していても愛を感じたら、
空気をすっているだけで愛を感じたら
とても 幸せな事だとおもう。

もちろん なにか仕事を始めようとか
大きなことをしようとか、未知のことに挑戦してみるとか 
出来事として大きな事もワクワクすると思うけれど、
ワクワクが持続するには、
それ自体を愛せることかどうか、なのだと思う。

ワクワクの持続は瞬間瞬間に愛を感じること。

『10億個のフォトンに対して1個の核子
 
  ・・・これは10億分の1の対象性の破れなんですね!・・・
  
 すべてがニュートラルである10億もの光の粒にわずか1粒だけ、
   まるで奇跡のように存在した核子…もし、それが生み出されていなければ
   この宇宙は生まれてはこなかっただろう。
   
 ― そこに、10億分1の愛が存在したのだ。
  ・・・すなわち宇宙が存在していること自体…人間が存在すること自体
   …それそのものが10億分の1の愛の証なのだ―。』
   
            (半田広宣 著 「2013:人類が神を見る日」より)
   
IMG_1887-1.jpg

創造主の愛がなかったら この世界、すなわち私は存在すらしていなかったのだから
創造主を知れば 愛を感じずにはいられないはずだ、とおもう。
ワクワクは愛そのものを感じている瞬間なのだとおもう。



スポンサーサイト

<<アドバンスクラスに復帰 | BLOG TOP | あるがままを受け入れるって?②>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 11  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -