ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


『夢よりも深い覚醒へ』を読んで。

  1. 2012/06/01(金) 23:08:51_
  2. スピリチュアル本
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
タイトルに惹かれ読んでみた。

夢よりも深い覚醒へ――3・11後の哲学 (岩波新書)夢よりも深い覚醒へ――3・11後の哲学 (岩波新書)
(2012/03/07)
大澤 真幸

商品詳細を見る


3.11の震災 の出来事を哲学的論法や神学的見地、
福音書などに トレースして 綴られていく内容。

震災と事故の前と後では 社会の意識がどう変わったのか・・・
自然災害は友愛のコミューンを生み出すが、原発事故についてはどうだろうか?
と著者は投げかける。

原発への不安は私たちをバラバラにさせると思う。

でも、私たちは今まで、
逆説的であるけれど、原爆の核アレルギーがあるがゆえ、
核の”平和利用 ”原子力発電という事にひきつけられてきた。
敗戦から自尊心を取り戻したい心理により、
核を平和利用することは、
核アレルギーを克服することだったのだろう。

そして 震災の事故後 私たちの考えはどうなったのか…

私たちは良い環境を未来に残し、
未来に存在するであろう、他者を救いたいと思っている。
未来の他者はどこにいるのか?

現代の私たちは充足していても、漠とした不安、
解放されたい、救われたいという無意識がある。
その潜在意識の中にこそ
未来の他者が反映されている、と著者は言っている。

   IMG_2099.jpg

すなわち
未来の他者は いまここにいる と言っているのだ。

原子力に魅了されている間は
救われた未来の他者をここに呼び寄せることはできないのだと思う。

著者が引用している聖書の福音のとおり
『神の国はあなたがたの内にある』 なのだ。
スポンサーサイト

<<プラーナ生活! | BLOG TOP | 箱根 強羅公園>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -