• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


血液の赤い意味

  1. 2012/12/26(水) 21:53:16_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
In Deep というブログ(赤の意味1) 

に興味深いことが書いてありました。
不思議な現象が起こっていたのですね。

IMG_2619.jpg
(赤い実がなる植物ってけっこうあるよね)

現象とは別ですが、血液のこと・・・
自ら赤血球を壊してしまう、という病気に罹った私としては
意味深なこととおもいました。

赤血球には DNAがないのです。
生物で習っていたのかな? 覚えていないです。
調べてみると、造られる過程ではあるらしいのですが
出来上がると なくなる。
酸素を運ぶため、酸素の消費を軽減するため、だとか
毛細血管に行きわたらせる為 柔軟な構造になったためとかの説があります。

それにしてもすごい事です。
DNAにそのような自滅プログラムがあること事態すごいです。

赤血球のヘモグロビンの鉄は酸素と結びつきやすいので
哺乳類は酸素を多量に効率的に運ぶため、鉄を媒体としているのでしょう。

どちらにしても 酸化した赤血球は2ヶ月くらいで新しく造られ
常に古くなった赤血球は壊され、更新されているのですが、
赤血球をなんらかの理由で異物とみなし
過剰に壊れると 溶血性貧血 という病気です。
アレルギー反応のようなものです。

半田広宣 の著作 「シリウス革命2013」の中の
オコツトは「鉄は人間ゲシュタルトの本質だ」と言っています。
植物の葉緑体と動物のヘモグロビンの構造の違いは 
マグネシウム(緑)か鉄(赤)の違いだけです。
方や、植物はエントロピーの減少に加担し、
人間はエントロピーを増大する方です。
人間は植物とバランスされなければいけないでしょうね。

緑と赤は補色関係でもありますね。




スポンサーサイト

<<輝かしい2013年 | BLOG TOP | クリスマスの今日なんだか…?>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -