ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


函南原生林へ①

  1. 2013/05/06(月) 08:55:49_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
3月の退院後、散歩すらせず、
買い物にも あまり出歩かないようにしていたのに、
(このGWは美術館などにでかけていますが・・・)
無謀にも
ある本で知った箱根にある原生林の中を歩きに行きたい!
自分にはリフレッシュ、マイナスイオンが必要だ、と
心配する夫に我儘を言い GWの5月4日 日帰りで、

「函南原生林」と「原生の森公園」 へと向かいました。

IMG_3049.jpg

何箇所か入り口があるが、アクセスしやすい
富士箱根ランド側入り口から入りました。

(この入り口直近に駐車スペースが数台分あるのですが
富士箱根ランドの裏手から下る道の舗装はかなり荒れていました。
うちの車ではムリそうなので引き返し、駐車できそうな所に停め徒歩で下ってアプローチ)

10:10 ころ
IMG_3050.jpg

<散策コース>
富士箱根ランド側入り口 → ブナ巨木(があった場所)・アカガシ 
→(引き返す)→ 原生の森公園への分岐地点 →「原生の森公園」へのルートへ 
→ 「原生の森公園」ランチ休憩 → 先ほどの分岐地点 → 富士箱根ランド側出口


自分では体力的にはゆっくり行けば大丈夫と思っているが問題は筋力、
アップダウンある森の中へと覚悟を決めて歩き出す。
山の斜面は原生林です。
018.jpg

ゆっくり足元にに気をつけて下ります。
019.jpg

ここは禁伐、不伐の森、ということで
木は自然に朽ちて倒木していきます。

IMG_3065.jpg

道はよく整備され 案内板もきちんとあったので迷う事はなさそうです。
IMG_3060.jpg
色々な鳥の声がきこえてきますし、なにか空気感がちがう、ここは別世界です。
昨年行った 北海道の森を思い出します。
我家から こんな近くに大自然があったんですね。

アオキの実です。
IMG_3062.jpg

新緑の季節 まだ森の中は明るい感じですが
きっと夏は うっそうとして涼しいのではないでしょうか。
IMG_3061.jpg


分岐地点 巨大ブナ・アカガシの方向へ 進む。
IMG_3082.jpg

ここはくぐって通ります。
IMG_3067.jpg


平成17年6月まで ここに推定樹齢700年のブナの巨木があった地点に着きました。
寿命を終えたのですね、今はありません。自然の摂理です。


ここまで ゆっくり歩いて 40分くらいでした。
久々に本格的に歩いて大変でしたがなんとか大丈夫でしたけど、
すでに 明日の筋肉痛は確実だとわかるくらい登りましたよ。

この地点で10:50 くらい
IMG_3071.jpg

その横には充分 大木と呼べるブナがあります。
IMG_3073.jpg

こちらは アカガシ でいいんだと思います。
IMG_3070.jpg
原生林は周回コースになっていますが、
公園へ行くので引き返す方向へ進みました。


アカカシやブナやヒメシャラなどの原生林

立ち枯れしたり、
IMG_3081.jpg

生まれたての木のあかちゃんたち
IMG_3095.jpg

ありのままの 木の姿を見せてくれます。
そして たえず自然に循環しています。

また次回 散策の様子 アップします、つづく。。。
スポンサーサイト

<<函南原生林へ② | BLOG TOP | こいのぼりとパラセーリング!>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -