ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


ヌーソロジー、七夕レクチャー

  1. 2013/07/10(水) 09:47:15_
  2. 未分類
  3. _ tb:1
  4. _ comment:0
先日 七夕の日に 半田広宣さんのヌーソロジーレクチャーが
宇宙食堂で行われました。

ほとんど数式や数学的な説明なしでの試みだったのだろうと思います。
なので、私のようなおばさんにも分かりやすいものでした。

で、広宣さんが 「奥行きに幅を与えないこと」の説明をされ、
ペンを90度回転させて見せてくれたとき

私は 見ている面がペチャンコになり、自分に迫ってきて
指示どおり、魂、胸に畳み込んだら
見えているものが全て自分、

「世界は私」 の感覚がやってきた!

文字どおり、その世界は自分自身ですから、他者は存在せず、
全ての人も自分自身、自我がない世界です。

圧倒的なカタルシスが起きそうだったので、
ブロックしてしまったのが残念でしたが
涙がにじみ出てました。


久々に味わった感覚だけど、いつもあるわけじゃない。


以前に

真っ白なレースのカーテンを眺めていたとき、

太陽に吸い込まれそうになったとき、

誰もいない静まり返った部屋をドアの外から眺めたとき、

などにやってきた感覚と同じです。

この感覚をいつも持続させるのは 奥行きに幅(距離)を与えないこと。

広宣さんは対象物に中心点をとって、その点に対して幅を与えない、
というような説明でしたが
私は面として考える方が感覚を得やすいみたいです。

イルカ2

『2013:シリウス革命』 は私のバイブル、

貴重な体験と知識を与えてくださいました。
感謝。
スポンサーサイト

<<「空間は私」を感覚化 | BLOG TOP | 時間の解体>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback

とあるヌーソロジーレクチャーでの感想記事

  1. 2013/10/26(土) 21:53:16 |
  2. 哲学思考のなれの果て
何かこの記事、良い感じです。複素空間で「世界は私」の感覚を掴めた時の話みたいです



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -