射手座は旅する哲学者、星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴りたいところですが最近は楽しいことに徹してお出かけしたことやハイキングのことばかりになってます。(^◇^)訪れてくださり、ありがとうございます。

光の世界を描きたくて

何をしたいか? ではなく、
私ができることで何が役に立つのか?

そう、宇宙意識レベルのことです。

引き寄せの法則などではなく、
シンプルに、私がこのままで、できることは?
外側に何かを求めるのではなく、
内側と向き合い見つめること・・・

ただ、ただ意識を高みにおくことでしょう。

これがこの現象界での波動を上げる手段です。

これがこの世界を助けることになるのです。

「もう、裏側だった世界が 表に回っている」
と言う、私のパステル画の先生は
そうなっている世界を見ているようです。

img010 (400x392)


        

img010 (400x39) - 1
(レッスンで描いた作品・クリスタルピラミッド)

なるほど・・・そうなのでしょう。

善しにつけ悪しきにつけ、意識の中だったことが
形になって現れている。


ただし、新生、地球ではハート(自己の中心)からの
発露したものでないと
役に立たないと想います。

でないと、混乱をきたします。

混迷した世の中を創らないためにも
全てに光を・・・
純粋な意識の光を。

それは 感謝のこころ だと想うのです。

でないと、まだまだ好ましくない現実が
頑張らなくてはならなくなってしまいます。

好ましくない現実は 私たちの反面教師なのですから、
好ましくない現実にこそ感謝なのでしょう。

どうもありがとう、もう頑張らなくていいのです、と。

このことは、伝搬して波及していくと確信しています。

今、「パステルオブライト」さんにて
「光のプログラム」を受講していて、深く想うところです。

(詳しくは  HP パステルオブライト・コース紹介ページ

ますます パステル画の要素が変容していき
おもしろくなってきたところです。
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment