射手座は旅する哲学者、星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴りたいところですが最近は楽しいことに徹してお出かけしたことやハイキングのことばかりになってます。(^◇^)訪れてくださり、ありがとうございます。

光の館の洗面所

2011.1.24
昨日の記事に載せ忘れましたが、
これは光の館の洗面所です。神秘的ですが
お化粧するには暗すぎ、でもそんなことを論じる所ではありません。
ここ、「光の館」は光の美しさ、
それ以上のもっと深い部分を感じる瞑想空間。

ほんとうに ため息がでるような 光と陰が織り成されていました。
館のテーマが『陰翳礼讃』であることを知り
そういえば、昨年行った国立新美術館の企画展と同じテーマ。
やはり、私にとって、このテーマが深い部分に作用を与えてくれるようです。

宿泊した晩は一時雪が止んだようで信濃川をはさんだ
向こう側の街並みも夜景として見わたせ、ここが日本が誇る米処なんだと、
しかも世界有数の豪雪地帯、地震などで被災もあった土地、
子どもの頃に社会科で習ったことばかりだ、なんてことまで思い出した
様々な想い、
とても感慨深く、自然と祈りの想いが浮上してきました。

そして雪明りの美しさ。
雪の中で過ごした夢のような時間でした。

でも本当は自分がいるところが いつも祈りの神殿なのでしょうね。

スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment