ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


エメラルド・タブレットを読みながら…

  1. 2013/10/18(金) 23:56:23_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
『エメラルド・タブレット』

エメラルド・タブレットエメラルド・タブレット
(2005/10)
M. ドウリル

商品詳細を見る



を購入して3か月以上たっていたかな。
ようやく読んでいる最中
文語的な文章だろうと敬遠していましたが、何のことはない
読みやすいし、編著 M・ドウリル の解釈の文章はもっとわかりやすいです。

ただ、波動が高い本は眠くなる、
と何かで読みましたが 確かにそうなので
なかなか進まなくて、もうちょっとで終わるんですが、
読み終えたらおしまい、という本ではないです。

そして最近、精神世界についての記事も書いてないので
 
否定的な思想の解放に役に立つ、と思った部分を抜粋してみます。

所々、中略してます。



「第六章 19.20

与えられた知識は使わねば・・・無用の長物となる。
否定的と思えるヴァイブレーションの多くは、
実は我々の身の内から出てきているものであって、外部から来るものではない。
心の平衡がなくなると、このような否定的な思想が起きるようになる。
それを我々は 外部からの力が働いているかのように、実際に感ずるのである。
心のバランスを失わせる障害物に、理性の光をあてなさい。
それが 内から来るののか、外部からくるものか知りなさい。
もし内から来るものだったら、
松果体に振動を起こし、肉体を通して奇数の波で振動を送り出しなさい。
まず第一波を出し三と数え、次に第二波を出し四を数え、
という風に三の波と四の波を交互に続けて出しなさい。
しばらくこのようにしてから、
次は偶数のヴァイブレーションを出して
四を数え、また四を数えそれを続けなさい。」

簡単なのでやりやすいでしょう。

時間があるときは こういった方法はとても効果があり、
波動を高めるのに有効だと思います。
しかし、日常的に忙しいときは ACIM に則った方法で、
「聖霊に預けるだけ」それだけのシンプルな方法でOKだとおもいます。


『エメラルドタブレット』の内容は
私たちは肉体を超えた宇宙意識存在だということが
トス(トト)から語られているわけですが、
アトランティス時代の記述などは興味深く読めます。
でも、何のことはない 映画『スターゲイト』の元ネタがこれじゃないか、
という感じですけど。(そっちが先でしたから)

ディスクがピラミッドの下にある、という情報は
ドランバロ氏の著作『フラワーオブライフ』にも書いてあります。
それは誰にでもカタチとしてみえるものではないとは思います。
波動が高まっていないと、という意味でです。
英知をマスターした存在はダイレクトに
意識でアクセスできるのではないでしょうか。

だだ、フラワーオブライフの文様はもう誰でも見ることができますから
それがディスクです。
そこから 何を読み取れるのかはその人次第です。

    img028 (388x400)


最近、色々なことがようやく開示されてきていますね。
麻に関すること、フリーエネルギー電気の発明・テスラ、
機密情報、食物のことなどなど・・・

やっとここまできたか・・・という思いもありますが、
行きずまらないとベクトルの方向が変わらないのでしょうね。


楽しみな時代に入ってきました。

心に平安を・・・意識が世界をつくっているんです。
スポンサーサイト

<<惹かれるにはわけがある | BLOG TOP | 秋の花菜ガーデンへ②>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -