• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


三島市 山中城跡へ

  1. 2013/10/22(火) 22:33:46_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先日 以前から訪れたいと思っていた
静岡県三島市にある

山中城跡を訪ねました。

地形を活かし、石垣がなく土塁と堀で造られた構造で、
今は公園として整備され、起伏に富んだ興味深い形状の史跡です。


歴史的には北条氏の小田原城の支城として、
街道(現、国道一号)を取り込み要塞
櫓としての役割だったのでしょう。

豊臣秀吉の大軍勢にわずか半日で落城したと伝えられています。

国道一号・東海道を挟んで左右に広がり、結構な広さがありますけど、
都合上、歩いたのは駐車場から西の丸まででした。


入口の駐車場の案内
IMG_3701 (350x263)


田尻の池
IMG_3700 (350x263)

西の丸は高台にあるので登ります。
IMG_3693-1 (263x350)


畝堀 
IMG_3695-3 (263x350)


IMG_3694 -2(263x350)

西の丸は写真を撮りませんでしたが、芝生の広場になっています。

西の丸からつづく
西櫓の周りの堀  この城の特出すべき構造だと思います。
山中城(3) (263x350)


曇天なうえ、写真だと分かりにくいですが
西の櫓からは三島の街と駿河湾が臨め気持ちよかったです。
IMG_3698 (350x263)

実際に見ると 堀はとても深く全部は回れませんでしたが
規模も大きくあちらこちらにあるようで、昔の人の工夫と意識の高さを感じます。

また、その時代に生きていた人はこのように公園として憩いの場として、
そして城の愛好家の興味をそそる楽しみとしてのモノになるなんて
想像もしてなっかただろうに・・・不思議な感じです。

戦国時代に・・・合掌。

今は公園になっていますし、地形の保護として芝生が植えられているので
お天気の日にお弁当をもってくるのもよさそうです。
平らなところもありますから大丈夫ですよ。



スポンサーサイト

<<日比谷公園ガーデニングショー2013へ① | BLOG TOP | 惹かれるにはわけがある>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -