• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


静岡市立芹沢銈介美術館へ

  1. 2013/11/13(水) 09:18:23_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ comment:0
前回記事のつづきです。

静岡県立美術館のあと、
静岡市立美術館に行こうかと思ったのですけど
ガイドブックを見ていたら、こちらの美術館の建築が気になったので
行ってみることにしました、

静岡市立芹沢銈介美術館

IMG_3855 (350x263)


石垣の入り口をはいると、
象徴的な花をつけた木 と 噴水
泉のような池が配置されています。

木は椿か山茶花?かしら その様な花が咲いていました。

KIMG0298 (279x380)


中庭のように建物に囲まれている池のようです。
KIMG0300 (285x380)

館内は 洞窟を思わせるように
ほの暗く作品の雰囲気に合っていました。

館内から臨める中庭
KIMG0302 (285x380)


出口の外から
IMG_3858 (380x285)

芹沢銈介の作品は 美術館HPなどを見てくださいね。
染色家ですけど枠にとらわれない多くの作品を残しています。

建物は著名な方の建築らしいです。
(そちらも詳しくはHPでみてください)
石で造られている感じが、軽井沢の石の教会を思いだしました。

KIMG0304 (285x380)
くるりと一周して元の場所の出口を出ると・・・


美術館に入る前に目にした場所

 登呂遺跡 が
 隣にあるというか 同じ公園のようなエリアにあるのです。

社会科の教科書でしか見たことのないものがここにある!
という驚き・・・
もちろん見学しました!
子供が小学生だったころに連れて来ていたら喜んだだろうな…とおもいつつ

博物館もあります。
弥生時代の小さな農耕集落の遺跡

”ムラ” というふうに表現していました。

高床の穀倉 や住まいを復元したもの

IMG_3864 (380x285)

弥生の暮らしの体験学習もできるようです。

IMG_3866 (380x285)

ムラには水田が必ずあるそうです。
日本人としての農耕民族のルーツですね。
改めて 日本人 = 米 なんだと思います・・・
そういえば もうすぐ 新嘗祭です。
IMG_3865 (380x285)


この写真 発光しているように撮れたんですけど・・・
KIMG0306 (263x350)

近くには安倍川が流れていて安倍川もちを食べたり、
(発祥の地で徳川家康が 安倍川もち と名づけた)

初めて来た場所で新しい発見

日本は どこへ行っても素晴らしい美術館や博物館があったり
庭園や公園があり、自然もあるし歴史もあって
おいしいものもある・・・

いろいろと恵まれた環境があって
また環境に適応して
日本という国が造られてきたのだと つくづく実感します。


スポンサーサイト

<<アイソン彗星とフラワーオブライフ | BLOG TOP | 静岡県立美術館へ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -