ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


冬の始まり(病気のこと)

  1. 2013/11/21(木) 23:09:38_
  2. 病気のこと(溶血性貧血)
  3. _ comment:0
ステロイド剤をすでに 長期服用といってよいくらい飲んでいる。

経過としては 9か月の間で
30㎎→2.5㎎ 症状ぶり返し
そして20㎎→10㎎

そして最近
普段着ていた服が着れなくなってきた・・・

副作用がでてきているようだ
自覚症状かな?というのは

・脂肪がつきやすい身体(まだまだ成長中?

・空腹感と過食症状 
・ムーンフェイス

・軽い そう状態やうつ状態(もともとそんな気質かも ) 
・ふらつき
・不眠
・疲れやすい
・お腹を壊しやすかったり、というのもあるかな

不眠はそれほどでもなく、
あっても昼間 時間があるときに眠れるので
あまり神経質にはならずにすんでいるし、
たいていは日付が変わるころに眠れる。 

出かけた翌日は ちょっとお疲れで家事にならず・・・
でもこれも許される、マイペースでOK。

副作用には
・骨粗しょう症 というのもある・・・
ある期間服用だと検査が義務?らしいけれど
いまのところ これは目に見えないのでよくわからない・・・


顕著なのは体型がかわって服が着れなくなってきたこと・・・とっても困る

絶対に 健康体になって薬なしにしたいと思っているので
意地でも 大きなサイズを買いたくないけれど、
どうしたものか

そんなことで服用に関しいろいろ不安になってきたこともあり、
ネット上でいろんな人の体験談を読んだりしているが
皆さんたいへんだなぁ と思う。
この薬を飲む人は 難病だったり 多岐にわたっているようだ。

若い方は やはり体型が変わって気にやんでいる・・・
自分も若かったら 周りに八つ当たりしているかも

おばさんとしては こんなもんよね、しかたない。
死にそうなくらいだったら 
この方がまし、と家族は思ってくれているので
苦にはならないし 薬を飲まなくなれば解消するらしいから、
それを信じる!

ただ、服を作ることを趣味としているので
どんなサイズにしたらよいのか今は決断できず
買い込んだ生地を眺めもどかしい思いで保留中。

(新しい服が欲しいのに我慢というのはある意味
私にとってはストレス)

KIMG0054 (350x249)


人間の身体の中の何か一つの成分や酵素などが突出して過剰になれば
バランスが一気に崩れる・・・
そんな場合の ステロイド剤 役に立つのはよくわかる。


そうそう 服用のおかげで 血液検査結果は良好です・・・

最近は あまり病気だという自覚はないのだけれど
この薬を服用するときに、そしてこの気になりだした副作用に
 あぁ自分は病気の身なのだと思い知らされてしまう。

そして寒くなってきた昨今
風邪などひくと一変してしまう恐れがあるので
自覚が大事と自分に言い聞かせる。
大事大事に過ごして、過ぎることはないと思う。

もし これを読んだ服用中の方 大事に過ごして冬を乗りきってくださいね。
スポンサーサイト

<<マイブーム(カントリー雑貨) | BLOG TOP | アイソン彗星とフラワーオブライフ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -