射手座は旅する哲学者、星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴りたいところですが最近は楽しいことに徹してお出かけしたことやハイキングのことばかりになってます。(^◇^)訪れてくださり、ありがとうございます。

エゴなき自己中心の世界

昨日は月一回のやすらぎの部屋での『奇跡のコース(ACIM)』のクラスでした。

ほかの皆さんと体験を分かち合っていく中で
どんな状況でもスピリットとしてだけ見ること
実際にはなにも起こってなどいない、私たちはここにすらいない、

ということを認識するためにやっていくわけですけれど
それが実際にできたとき(起こったとき)

見ている世界と自分が同調する、同じものだと感じられます。

(昨日はそのモードに意識がほんの 数十秒くらい入りました)

そこにいる人や配置されているモノはすべて
自分のために置かれているのだという
圧倒的な愛を感じます。
私という存在は ことばにできないくらいの愛を受けとっている・・・

歓びと同時にカタルシスの涙がかってにあふれてきます。
感情無しの不思議な涙。
あまり泣くのは恥ずかしいと自我がつっこんで 終わってしまいましたが、

貴重なことに他者がいて起こったことは大きな意味があったのです。

これがACIMでいうエゴ的でない自己中心の世界なのでしょう。

ヌーソロジーでいう「位置の等化」なのかな?

これが持続できたら実在が本物となっていくのでしょうね。

KIMG0378 (400x190)
(昨日の月と金星のランデブー スマホで手振れ撮影のため金星がとっても大きい!)
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment