• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


読んでよかったと思う本

  1. 2014/03/30(日) 22:42:40_
  2. スピリチュアル本
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
最近読んで よかった!と思う本ふたつ。


まず、これ

[2013]世界はグレンとひっくり返った 反転の創造空間<<シリウス次元>>への超突入! いつでも「今」どこでも「ここ」―驚異のScience&Spiritualメタモルフォーゼ情報![2013]世界はグレンとひっくり返った 反転の創造空間<<シリウス次元>>への超突入! いつでも「今」どこでも「ここ」―驚異のScience&Spiritualメタモルフォーゼ情報!
(2014/02/12)
半田 広宣、中山 康直 他

商品詳細を見る


もう読んだ方も多いですよね。
必読書です・・・

放射能に関しては薄々感じていたこと、やはりそうなんですね。
人間の意識のゆがみが原因・・・意識進化すれば自然に消える、とあります。

今の意識状態の延長だと 可能とは思えないので何かインパクトが必要なのでは
やはりグレンといくのかな・・・?

どんな形にしろ、意識が移行すると信じています。


そしてもうひとつ こちらの本


時空を超えて生きる―潜象界と現象界をつなぐ時空を超えて生きる―潜象界と現象界をつなぐ
(2013/05/30)
Kan.

商品詳細を見る


著者のKanさんは日本人です。

キャットピープルの写真が口絵に出ています。
彼らはインスピレーションに満ちた存在だとか。
そして初めて撮影されたと…  彼らから撮影許可がおりたそうです。


また カタカムナの情報を1945年、楢崎皐月伝えたと言われる ヒラトウジさんが
著者の前にも時折表れ、現在でもいろいろ教えを伝授してくれているそうです。

そして、著者の時空間移動の経験は
地上に多くの他のマスターたちが存在することがわかりますね。
ドランバロ・メルキゼデク著作『サーペント・オブ・ライト』の中の
突然移動手段が不明のままやってきた人の意味がわかりました。

『ヒマラヤ聖者の探究生活』以来のトンデモ本ですけど、
それが真実だと知っている人には役立つと思います。

誰もが時空を旅する時がくるのでしょうけど、

いくらサイキック能力があってもエゴ的な人、
ドラマにはまり込んでいる人は
この先なかなか難しい領域になっていくのではないでしょうか・・・。

   KIMG0677 (450x193)


スポンサーサイト

<<お花見2014吾妻山公園 | BLOG TOP | 喜びの季節(パステル画)>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -