• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


花に五次元空間を観ること。

  1. 2014/06/07(土) 11:40:49_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
5次元空間それ以上の世界観では
「それ」 は全てを含んでいるのだと思う。

例えば お花について
咲くことは 枯れるも含み、
死んだように見えてもそれは再生。
だから 美しくもありその逆でもある。
強くしなやかであり、弱く儚いも含む
枯れている花に 過去の最盛期を見て 
また未来の発芽 開花を観ること

そして色彩は全てのスペクトルを含んでいる、
ただ どれかの色味が強調され現れているだけ。
絵画を描く人ならわかるだろう。
葉の緑を描くとき補色の色味がのった色を微かに重ねていく。

花びらの描写していると 
水を吸い上げていくのがわかり また花弁が乾いていくのも感じられる。
描いていく傍から 被描写物は変化していく・・・


「それ」そのものは全体を含んでいる結果として
ただひたすら存在している存在そのもの。

ということを 一瞬で理解するということ
(これがACIMでいう赦しでしょう) は
他の人との認識の相違などない世界
というか ありえない世界なのだろう。
だから 他者との関係性においては ただ無言になっていく・・・
それは言葉を交わさなくてもよいということ。

IMG_4588 (450x338)
(蓼科高原バラクライングリッシュガーデンにて) 

認識の共有という意味においては 悦びとなり
その認識をもつことは  この地上でも できるとおもう。

そういう人と出会う。確認など必要ない にっこり微笑みを交わす・・・
 お互いに精霊として生きているってことね。

(常時 そうではなくても そういった瞬間は
 誰でも経験したことあるんじゃないかしら みんな元は聖霊なんですから)

この地上を天国とみなすとはそういうこと だとおもう。

スポンサーサイト

<<蓼科バラクライングリッシュガーデン② | BLOG TOP | 蓼科バラクライングリッシュガーデンへ>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -