射手座は旅する哲学者、星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴りたいところですが最近は楽しいことに徹してお出かけしたことやハイキングのことばかりになってます。(^◇^)訪れてくださり、ありがとうございます。

少しの間ここにきてるだけ

『奇跡のコース』を「湘南やすらぎの部屋」で学んでいたとき
クラスでは日常の様々な自分の想い、考え方をコースに則って
考え改めるため 分かち合ってディスカッションしていたのですが、

あるとき私は 自分のことはともかく、家族の将来のことが
心配で心配で・・・(母親というのはどうしてもそうゆうものです)
「どんな状況にあっても大丈夫だ」、と知りながらも
この想いはやめられませんでした。

そんな状況が続き その想いをクラスで打ち明けたら

「どんなことがあっても 大丈夫なんだよ。
だって、死んじゃっても大丈夫なんだから」 と言ってくれたクラスメイトがいました。

そうなのですよ。 
こんなこと『奇跡コース』の類をやっている人にしか
受け容れてもらえるこどではないかもしれません。
万人に向けては書くのをためらうようなことです。

 
とは言っても、目の前から大切な人がいなくなったら 淋しいでしょう。
けれど 亡くなった人が ぜんぜん大丈夫なのだと知っていれば
ただ自分の中のことだけの問題。
いつもサポートをしてくれていると識ることが自分を助けることとなるでしょう。

でもまぁ、私は家族に対しては
生きていて不幸な状況が心配だったのだけれど、
暑さ寒さがしのげて、ある程度食べ物に恵まれていれば
そこそこ大丈夫。
病気にならないようゆるゆる生活に、そして
時々自分なりに頑張って
その時々で自分自身を生きて欲しいと思います。

どちらにしても この世界では何をしようが いいのです。


死んじゃってもだいじょうぶなら生きていても大丈夫。。。
ほんとうの自分や周りの皆も魂としていつでも「ある」のだから。
魂の分霊の出張先がここなだけ、をいつも心に置いています。

このような認識をテッパンにするために
コースの重畳とした文章はあるし、

やすらぎの部屋のコオさんは 
「コースは認識の筋肉強化のようなものだ」と仰っていたのですが
ピッタリの表現です。

このような認識をコースにしろ何にせよ
得ることは 出来事に惑わされることがなくなり、
結果強くなったように見える。。。
鈍感になるわけではなく
精神を揺さぶられることがなくなる、ということです。

KIMG1674 (301x400)


いまもまだまだ 心配な気持ちが私の中にあります。
だから振り返って書いておこうとおもいました。

では また (^_^)/~







スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment