• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


光と影と

  1. 2015/09/28(月) 22:36:23_
  2. 旅行・アート・ハイキング 
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
久々に ガツンとくる絵に出合いました。
テレビを通してだけどね、
昨日の朝の日曜美術館の
まど・みちおさんの 50代ごろの詩ではなく
絵画作品に出会えたこと。

日曜美術館 まど・みちお秘密の絵

パウル・クレーにも通ずるなにか・・・やはり絵も詩的です。

でもそれは内面の影の部分 

以前 表現には襞・レイヤーがあって幾つもの階層があるって書いたけれど
彼の作品から どの襞、階層かは わからないけど
彼の絵はグイッと心に入ってきました。
私、個人というより多分 集合意識的な何かを含んでいる気がする。
誰にでも あるだろう部分。

具体的な言葉より 
童謡の詩や絵本などより雄弁に思える。
それは絵画そのもの 純粋絵画といっていいだろう 
どこかに発表するためのものではなかったから。 
抽象では括れない その部分に触れたことに感動を覚えました。
(詩も本来 絵画的なものではあるのだけれど・・・)

内面の影の部分・・・

ちょうど
泉ウタマロさんのブログ記事
「貫きたい剣士」
 を最近読んで これにも通じます。

「ゲド戦記 影との闘い」 ル=グウィン 著 という古典的な小説の内容もそうですけれど

ヒトって 結局 光と影 半分半分なんですよ。
どっちも自分 それを受容して自ずと昇華していくのではないでしょうか。
日頃の生活では どちらかが強く出ているか
その時々で変わるのでしょう・・・

だから どっちも自分なので可愛がってあげるというか
受け容れること。
自分自身が自分自身の母親のように
甘やかしとは違う 完全自己受容ということが
集合意識的にもクローズアップされ起きていると感じます。 

それは 真の統合だろうと想います。
だから 変わりますよ  この世界が
いや もう 変わってきていると想います。

「ライトボディの目覚め」 の内容みたいに
みんなみんな いろんな配役 お疲れ様でした~♪ってなるんですよ。

IMG_4519 (450x338)


ほんとにほんとに 皆さま お疲れさまでした。。。

余談ですが・・・ 
昨日はこの放送
「日曜美術館」を朝ごはんの片づけをしながら観ていたら
息子に 「おかあさん 今日のはすごいよ!ちゃんと見ているの?
来週の再放送も観た方がいいよ」と言われた。
はい、ちゃんと再放送観ます。

彼もわかってるんだ・・・(*´ω`) ウレシイ
スポンサーサイト

<<カメラで遊ぶ・光をみる | BLOG TOP | 自分に在る>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -