射手座は旅する哲学者、星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴りたいところですが最近は楽しいことに徹してお出かけしたことやハイキングのことばかりになってます。(^◇^)訪れてくださり、ありがとうございます。

御射鹿池と清春芸術村へ

秋のドライブ、といっても助手席ですが
中央道を諏訪方面へ車を走らせ
長野県 蓼科にある 御射鹿池 へ向かいました。

東山魁夷の『緑響く』 の作品に描かれた池です。

IMAG1931_1 (300x205)

到着したのはお昼少し前
 駐車場は周辺に数台停められます。
(駐車スペースを拡張工事中でした)

IMG_0238 (400x300)

太陽が真上にあるので写真写りはあまり良くないかも。


作品のように 切り取った風景。

IMG_0242 (400x300)

すこし木々が赤茶けてきた季節でしたが
水面に緑が映り込んで綺麗でした。


農業用の温水の貯水池とのことで、
池には近づけませんが、茅野市の観光用HPにもあるので見学はできます。
車の通行に注意して観る感じです。

IMG_0248 (400x278)

お天気に恵まれよかったです。

IMG_0243 (400x300)



そして、山梨県へ
清里から白州方面に向かい

清春芸術村・清春白樺美術館 へ。

IMG_0271 (400x289)



シンボル的なアトリエ (中には入れません)

IMG_0280 (400x300)


白樺美術館はこちら

IMG_0275 (400x300)

ちょうど東山魁夷の展覧会をやっていました。
そのほか ルオーの作品などを鑑賞できます。

IMAG1932_1 (204x300)



そして、同じ敷地内にある
安藤忠雄設計の
光の美術館  

直島、兵庫県立に引き続きワクワクします。
コンパクトながらもどんな仕掛けがあるのか・・・

IMG_0281 (300x400)


IMG_0279 (350x263)

内部は
大きな作品が自然光によってよりいっそう
心に響く展示となっていました。



敷地内には ここに集った作家たちが使用した
写生用の車が置いてあったり・・・

IMAG1924 (350x199)


光の美術館のスリットの窓とキューブを切り取った形の三角窓が見えます。

IMG_0284 (400x300)


茶室 (中は見学できません) 外観を作品として眺めるだけですが・・・
いろいろ想いを馳せます。

IMG_0286 (400x300)

八ヶ岳、清里は子供を伴った家族旅行で度々来ていたけれど
ここは立ち寄れなかった場所。
やっと来れた、という感じでした。


紅葉シーズンはこれからですね、
さあ次はどこへお出かけしましょうか・・・
では また(^_^)/~
スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment