ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


なんとか行けた~金時山

  1. 2016/10/20(木) 22:55:55_
  2. 病気のこと(溶血性貧血)
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この秋 無事に自己免疫性溶血性貧血の難病認定の更新も済んで
(健康で更新に価しないほうがいいに決まってますが(-.-)

発症してかれこれ4年
慣れたもので、軽く溶血した時の自己診断もできるようになってます。

溶血発作の始まりは
頭頂部がひんやりしてきて、唇がしびれ、
冷や汗が全身にでて貧血症状が起る・・・
翌朝の尿はコーラ色がかって顔と眼球は黄色くなる、という流れ。

9月のガーデニング作業のあとこのような症状がでて
定期受診の検査結果では
網状赤血球の高い値のお陰で
ヘモグロビンは9ポイント台をキープしてたものの
黄疸と抗体の値は少し高くなってた・・・
ステロイドは免れ、とりあえず よかったです。

溶血して今は落ち着いてくれたのねって感じでした。
風邪など引いてなければ なし崩し的に救急送りには至らないのでホッとしますが。


そんな体調の中 気候もよいので調子に乗って 足掛け2年越しの
金時山 登山計画を実行☀

先日の尾白川から帰ったあと
トレッキング靴のソールがペロンとはがれ新調。

おニューの靴♡ 試したかったし
IMAG1974 (300x170)

日曜の朝 
足柄峠の林道の中の駐車スペースになんとか停められ
出発。

IMAG1976 (400x227)

最初は なだらかな尾根道

ここから登山道です。

IMAG1978 (400x227)

この写真を撮ったときはまだ元気。

IMAG1979 (400x227)

だんだんと険しくなって写真はなしです。
階段状のガレ地と金属製の階段梯子が所々ある斜面。
でも階段梯子は手すりがあるのでまだ安全かも。

ガイドとなるロープに頼ってしまうけど
たるんでるので気をつけながら・・・

息が度々切れてきます・・・健康な汗のかき方ではではないなぁと感じながら
頭はひんやり
唇はしびれてくるし 足は進まない・・・
梯子の手すりはとても冷たく感じて、グローブはしてるけど
薄手の指先がないタイプ
指先が冷たい・・・鎖場まであるし・・・
(主治医が知ったら怒られそうだ(・∀・;)

息苦しいので休みながらなのに、
脈拍は112/1min
同行の夫が見守ってくれてたり後ろで支えてくれたりしてくれてました。

山頂まで行って下山もできる体力はある感じだったけれど、、
山頂広場がすぐそこに見える場所に来ても
まだ一息では登れなかったのですが・・・

なんとか山頂に着きました。

そんなペースに付き合った夫は結構 楽に登れたようでしたけど。 (;´∀`)

11時前には着いたのですが 日曜日だったので
混んでましたよ。

IMAG1987 (400x227)


IMAG1982 (400x227)


身体を温めるために 金時茶屋で きのこ味噌汁頂いてきました。
IMAG1988 (400x227)
天井には登山回数記録保持の方のお名前がかかってます。
IMAG1984 (300x170)

登山記録名簿もあって記念に記しました。
IMAG1985 (300x170)

金時娘であるおばあちゃまにも会えたしよかったです
きのこ汁はすごーく美味しかったですし。

(お店の看板の横にあった説明書きっぽい物を
帰宅してから写真を引き伸ばして読んだら
凄いことが書いてありました。
この写真では見えないと思うので
ぜひ足を運んで現地で読んでみてください)

これで元気がでました!

同じ方向に下山です。


鳥居も過ぎて
途中 なだらかになったあたりの
休憩ベンチの場所で
持参したおにぎりを食べました。
この日は早くでたのでこの時 12時少し前。
IMAG1994 (400x250)

IMAG1995 (300x244)

車に乗ってから 足柄峠関所跡に立ち寄りました。

IMAG2001 (400x227)

関所の時代よりもっと古く
古事記の倭建命(日本武尊)ゆかりの地でもあるようです。
IMAG1999 (227x400)

フムフムと説明書きを読んでみると
なんだ、ただの征服者じゃないか・・・

足柄にさよならして
東名高速ICへと向かい

🚙 無事に帰宅しました。


翌朝は あっ やはりちょっと溶血してるねってことで・・・
グダグダと身体を休め
とりあえず いつもの予約日まで病院のお世話にはならなくて大丈夫そうです。

最近は遊びに行ったネタばかりですね・・・(;´∀`)
病気に負けず、というか病気だからこそ
自分に見合った程度に
好きなことはやっておかないとという想いが強いのかも。


登山と病気がごちゃ混ぜ記事になってしまいましたが
もし溶血性貧血の人が読んでくれたら
なんか共有できるかもという気持ちです。
私もほかの方のブログを読ませていただいて共有させてもらっていますので。

では ありがとうございました。(=゚ω゚)ノ じゃまた

スポンサーサイト

<<夢の吊橋、蓬莱橋 | BLOG TOP | 鎌倉カフェ巡り>>

comment

 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -