ケンタウルス族に生まれて

射手座は旅する哲学者。星座になっているケイロンはケンタウルス族。日常を楽しむこと、心のこと、時々精神世界のこと,などいろいろ綴っていきます。訪れてくださり、ありがとうございます。


自分を救うこと

  1. 2014/08/01(金) 12:10:27_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
もし
過去に起こったこと、
いま 進行形じゃないことで 苦しんでいるなら

自分自身で 自分を救える。

外側の誰かに 助けて・・・という気持ちになるなら
自分でもできるってことでしょ。

自分で自分を救わないで 誰が救うんですか! って思いますよ。

自分の言うことを ただただ聞いてあげてください。
なぐさめて 同意してあげて。

そのとき どんな気持ちになりますか?

そして この子(自分)を救うって決意したらあとは 話が早いです。

その後 何度もフラッシュバックしてくるなら
なんどでも 救ってあげて。

でも こうしたことは
独りでやっているわけではないのです。
聖霊たちも手伝ってくれています。
もちろん 辛いときは直接 聖霊にお願いしてください。

救われる状況がやってきます。
必ず。
それは人を介してかもしれないし どんな風にかはわからないけど。

(自分で自分を苦しめていたって気づくはず カタルシス)

自分の人生に信頼をおくこと。
IMG_4696 (450x338)

もう だれもが 悦びを味わえる 地球の波動になっていますよ!
過去にしがみついているなんて もったいないです。

本日二つ目の投稿でした (^^ゞ 

一日を送るために、毎日コミット。

  1. 2014/08/01(金) 11:40:44_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
意識を自分の中心から 外側に拡大していくと
全部が 自分自身・・・
すべてが 祝福でギフトなんだってわかる。
自分は独立した存在じゃぁない。

深いレベルにいくと
アイデンティティなんて なくなる。

アイデンティティの確立なんて自我の産物。

IMG_4659 (450x338)

だから あまり囚われないこと。
ま、生きていく上で場合によっては役に立つけど
本来 自己とは絶えず変化し続けていくものだから、
私とはこうゆう人です!なんて宣言しないほうがいい。
(自分自身を制限することになるよ。まっ、それも遊びの一種か。)

常に状況や環境によっても変化していく・・・
その時々で 夢中になれることを ただやっていけばそれでいい。

そうすれば 周囲に対しての許容範囲も グンッと広がるから
興味もつきないでしょ。

(家族との対話で思ったことです。
 やはり自分以外の人は 自分の想いを認識させてくれる・・・感謝)

きょうも楽しい一日を。

花に五次元空間を観ること。

  1. 2014/06/07(土) 11:40:49_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
5次元空間それ以上の世界観では
「それ」 は全てを含んでいるのだと思う。

例えば お花について
咲くことは 枯れるも含み、
死んだように見えてもそれは再生。
だから 美しくもありその逆でもある。
強くしなやかであり、弱く儚いも含む
枯れている花に 過去の最盛期を見て 
また未来の発芽 開花を観ること

そして色彩は全てのスペクトルを含んでいる、
ただ どれかの色味が強調され現れているだけ。
絵画を描く人ならわかるだろう。
葉の緑を描くとき補色の色味がのった色を微かに重ねていく。

花びらの描写していると 
水を吸い上げていくのがわかり また花弁が乾いていくのも感じられる。
描いていく傍から 被描写物は変化していく・・・


「それ」そのものは全体を含んでいる結果として
ただひたすら存在している存在そのもの。

ということを 一瞬で理解するということ
(これがACIMでいう赦しでしょう) は
他の人との認識の相違などない世界
というか ありえない世界なのだろう。
だから 他者との関係性においては ただ無言になっていく・・・
それは言葉を交わさなくてもよいということ。

IMG_4588 (450x338)
(蓼科高原バラクライングリッシュガーデンにて) 

認識の共有という意味においては 悦びとなり
その認識をもつことは  この地上でも できるとおもう。

そういう人と出会う。確認など必要ない にっこり微笑みを交わす・・・
 お互いに精霊として生きているってことね。

(常時 そうではなくても そういった瞬間は
 誰でも経験したことあるんじゃないかしら みんな元は聖霊なんですから)

この地上を天国とみなすとはそういうこと だとおもう。


マーヤリングを作ってみて

  1. 2014/04/19(土) 23:40:26_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
こちら 私が先日、
画用紙で作った いびつなマーヤリングです。

マーヤさんがイメージで作られ考案したもの。
なにかしら作用がありそうです。

マーヤリングは黄金比でなっています。
興味がある人は検索すると出てくると思いますのでそちらを見てくださいね。

KIMG0774-1 (293x300)

これを なんとなく眺めて中心に指を入れて、くるっと回すと
KIMG0774-1 (195x200)

トーラスになるではありませんか!
トーラスとはこちらの形 

KIMG0787 (287x300)
ドーナツ型のこと。

もうちょっと、スピな意味ではこちら
ドランバロさんの本の表紙絵にあります。

KIMG0788 (287x300)
カバーの内側の表紙絵の方がわかりやすいかな。
KIMG0790 (272x300)
著者はトロイド型などとも言っています。
トロイド型がふたつ重なっていますが聖なるハート空間の構造体です。


マーヤリングを回した後、
目を瞑ってこの形をイメージしたら自分が小さくなって
この形の内部にいました。
面はすべて曲線、上も下もなく、
見通せないのに始まりも終わりもない空間 不思議な感覚です。
しかも中心点はこの形の外側にある・・・。


そして、トーラス、トロイド型はドキュメンタリー映画「THRIVE」にも出てきます。
(以前youtubeでサラッと見ただけで、ほとんど覚えていませんけど)
フリーエネルギーと関係があるようですし、

ドランバロさんによると
ハートの聖なる空間の構造体でもあるトロイド型が発達すると
マカバフィールドともリンクさせることになるようです。

フリーエネルギーとは このハートの構造体にアクセスできて初めて
作動させることができるのではないでしょうか。

なので、
マーヤリングは各々よって、ハート空間の愛の状態を促進し、
空間からも何らかのエネルギーを抽出させることができるのでは?と思いたいです。

というわけで、一部屋に1個ずつ、1台に1個搭載しましょ。
さっ、内職仕事です。

ところで、現在3個家の中に配置していますが、効果はあると思います。
好転反応も含めブワーッと出てきている気がします。
どんなかは また今度 書くに値するようだったら書きます。

理不尽を感じた場合には

  1. 2014/04/07(月) 16:14:14_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
この地上世界って理不尽だな、と葛藤を感じたとひとへ・・・

まず
この地上世界で完全に自分を納得させる価値観などどこにもない、と思う。

美しいものもあるけれど破壊的なこともある、
富んだ人もいれば貧している人もいる、
到底 万人が満足できる価値観ではないということが
喪失感を生む。
両者があることによって、より理不尽だと感じる。

と同時に この地上世界は完全性があるってことを直感・洞察力で知る。
それは相反する両方のいろいろなバージョンの体験が可能であり、
すべての事象はタイミングや出来事がいま必要だから起こっている、
計らいによって起きていると感じられたときにおいて。



理不尽…の方は、地上世界にはまり込んでいる目で見ている。

完全性の…方は、地上世界を観察する精神で見ている。



完全性の目で見た時には 
理不尽の意味が包括されているということが納得できる。

この眼力はどんな体験も間違いではないことがわかるし、
どのようなことをしてみてもいいのだという自由を得られる。

本当は過不足などないのだし、本当の地球は破壊などされていない。
美しい地球のスピリット 自然界のスピリットがあるだけ。

そう意識した時 
次元がより高次へと移行していることを意味する。


このとき ほかの人がどうあるかは関係ない。

結果として自分の中の他者が変化して登場してくるから。


モノや他者に対して
悪影響を及ぼす状態はダメ、とかいう意識は地上世界の意識
だから自分の波動をより下げ、かえってダメ体験を引き寄せる。
それはこだわりだから。
だから反対の善いことを引き寄せようとする想いもこだわりなので
波動が低いのと同じこと。
結局善いことと同時にダメなことも引き寄せてしまう。


 KIMG0410 (300x400)


自分の中の{善い←→ダメ}は無段階調整スイッチの位置にすぎないので
どちらも 同じこと なのだと見なすことが
本当の自分を満足させる大いなる自己に還っていきます。

その帰還のための完全性の認識、外側から観察する精神とは、
具体的にはTVニュースなどで酷い状況を目撃した場合、
それは悲しかったり怖かったりしますよね、ふつう。
それを、いーんだ、いーんだとひきつった様に
無理に納得させる方にスイッチを移動させろって言ってるわけではないです。
それじゃぁ、ヒステリックな反応、葛藤の極地ですもん。

つまり、
自分がどんな反応をするか感情、思考面で観察して、
その時、酷い、嫌だ、怖いといった想いを感じている自分を
肯定する(赦す)ことをしてください。
その想いを「感じきる」というよりは
「自分はそう感じてもいい」と肯定することが、完全性の観察する精神です。
それは癒しであり意識進化の促進です。

この世界に見えている事象の観察とは、
結局は自己の思考・感情の観察に他ならないのです。
だから、ほかの人のことは関係ないといったのです。

そうすると酷い状況の見方が変わってきて、
自己は安全で大丈夫だ、といった認識が生まれ
そのとき ほかの人も大丈夫だ、という認識に至るのです。

どんな酷い状況に見えても。


それは無感情で共感意識がなくなるのとは全く別物
高次の認識で世界をみているので本当の命は不滅だと知り、

愛 本来の共感覚が生まれてきます。


その観点からの認識は体験や行動がおのずと変わっていると思うのです。

この文章を書きながら私自身もより認識を定着させることになっていきます。




完全性が理不尽を包み込んでいるから、

次元は同心円で拡がっていくという意味がわかる。

そのとき葛藤もないのがわかる・・・

次元の上昇とは線を増やして立方体をつくるように表すのではないのです。

ニュートラルもない世界

  1. 2014/02/05(水) 20:53:45_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
これは 私が頭の中で整理するために書いておくものなんですけど・・・


精神世界でいう ニュートラルって言葉に「?」となったので書いておきます。


ライトワーカーさんやスピ系のブロガーさんがいっている
ニュートラルは「受容」のことだと思うんです。
私の中の言葉では これなのです。


高次の意識や学んできた『奇跡のコース(ACIM)』などの世界観 には
ニュートラルは存在しないからです。

辞書に ニュートラル は 「中立」とあります。

私たちが目指している世界は 善悪がある二元の世界ではないので、

真ん中の位置(中立)というのは存在しない世界なのです。


ACIM では 善も悪も赦されていると語られています。

そうなんです、受容なんです、まあるいんです。

直線的ではないので中立は ないのです。


心の中で、悪を赦すということは 

「自分の中の赦せないと思っているものを 赦す」こと、

すなわち「自分を赦すこと」なのでとても心が軽くなるのです。


悪を赦すととんでもない世界になってしまうと思うかもしれませんが、

反対で、すべては感謝になるのです。


好ましくないことでさえ、ここでは体験できるという進化した愛になって、

善悪を超えていくのです。

皆がそうゆう意識になれば世界がひっくり返るはずなんです。


    IMG_3367 (350x263)



スピ系の人が言っている 「ニュートラル」はもしかしたら
どこにも属さないよ、または俯瞰して観ている、
という感覚なのかもしれませんけど

    IMG_3366 (350x263)


それでも 私の在りたい場所は受容なんです。
だから、私は勝手に「受容」に変換して解釈しています。

いちおう、認識の相違がないように書いておきました。ヾ(๑╹◡╹)ノ"





パステルオブライトお話会は

  1. 2014/01/30(木) 10:30:10_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
先日参加した

パステルオブライトさんでのお話会は

簡単にいうと

地球の周波数 上がっちゃってるよ~

いつまでも同じことしていたら ついていけないよー 

そのためには~何をするのかは自分の内側に入ること

外に求めてもだめだってこと・・・だからなにすべきかも・・・

まぁ、わかるでしょ・・・そのほか色々・・・ というお話でした。


何をすべきか・・・
だから、私は皆さんの周波数を上げるためにセッセとこうして文章を書いたり
絵を描いているわけなんですけどね。

             img041 (317x450)


今現在 一般的に自分が今どの位置にいるのかわからない という人も多いような・・・

というお話も出ました。なるほどー・・・



家に帰ってから何となく思い巡らせてみたんですけど
かつて 私はそんな時 『ライトボディの目覚め』 
という本が役にたったなぁと思いだしました。

10年くらい前に初めて手にした本です。
やっと時代が追い付いてきましたよ!

ライトボディの目覚めライトボディの目覚め
(2000/05)
アリエル、タチーレン 他

商品詳細を見る


これ、
今でもたまに めくります。

レベル別の状態なども書いてあるので役に立つんです。

もう、いちいち癒している場合じゃないよ 
しがみついてるものを手放すことは
多少の痛みは伴っても その向こうにあるものはこんなんじゃないよ、
というような内容です。

すでに読んだ方も多いとは思いますが、
ピンときた人、読む機会があったらぜひどうぞ。

私にはこんなことぐらいしかできませんが・・・

お話会の参加者は 既にとても周波数を上げて活躍している方たちだったので
再認識 これを具体的に強固にするためのものでした。

本当に良い刺激とご縁をいただきました。
伊東先生、参加者の方々にお礼申しあげます。
ありがとうございました。
お茶もワッフルも美味しかったです。ごちそうさまでした💛

真新しい世界を

  1. 2014/01/01(水) 17:40:33_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
2014年 平成26年

あけまして おめでとうございます

IMG_3926 (400x333)

静寂を感じたら その静寂の中へ入っていくと・・・

奇跡をいつでも体験できることでしょう
    
       img043 (395x400)
いつでも どこでも真新しい認識のための2014年です!

ありがとうございます。

モノへの執着

  1. 2013/12/17(火) 22:20:24_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
モノをたくさん持つことは問題なのかと考えてみた。

(問題など存在してなどいないというのが「奇跡のコース」の教えだけれど
 この世界の中での考え方としてを書くので
 コースのことは ちょっと脇においておく)

程度にも依るだろうがモノをたくさん所有するということは
「この世界にガッチリ碇を下す」ということになるだろうか・・・

逆に持ち物を少なくすることは、
心が軽くなるということだろうか・・・

そういう人もいるかもしれないけれど、
どうも私の場合は関係ないと思う。

クリシュム・ナムルティも言っているけど
すべては内面の問題なのでしょう。

執着心があるかどうか・・・だけのこと。


私は今年初頭 病気で死にそうになり
「この世界を離れるかもしれない」と感じたとき
モノへの執着なんてまるでなかった。
ドレッサー周りにある お気に入りのものや
タンスの中のまだ袖を通していない新品の服のことを
チラッとおもったりしたが、
とても自分に関係ないような遠い世界のことのように感じた。
その時の私は 自分のからだを気遣う余裕すらない状態・・・

自分ではどうすることもできないのだから
ただ、ある という状態だった。

KIMG0373 (400x397)

そして回復し元気になった時 

その経験は執着なくこの世界を離れられるとわかって
安心できた。

だからこそモノの恩恵にあずかろうと思う。
ここでしか楽しめないとわかっているから、
お気に入りのものに囲まれて過ごそう。

私が欲しがるものなんてたかが知れている、
大きなものやメンテナンスや管理が必要なモノは
もともと欲しくないと思っているし過度の欲望なん無いのだから
今までだって、これからだって節度ある生活をする。
私が欲しがるモノは日用品の類、
だれに迷惑かけるわけではないので
それを楽しもうと思う。

それは執着ではなくモノに対しての愛情なのだと思う。

そしていつか楽しませてもらって"どうもありがとう" となる。
今は いつもどうもありがとう

(残された人のことを思うと、後処理にちょっとごめんね、とは思うけど
 ドレッサーの中身なんて45Ⅼ 一袋だもんね)

モノに対しての気持ちの方向性が大事。

愛と執着は同じもの・・・表裏一体の関係だけど 
真逆の方向を向いている。
このことだけが大きな違い。

方向性を間違えないようにね。

あっ、まだまだ生きるつもり
今 元気です。

他者への投影

  1. 2013/12/07(土) 21:41:48_
  2. スピリチュアルレッスン
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0
パートナーが不在だった数日間
スピリチュアルなワークがはかどった。
(私がいうスピリチュアルワークとは意識のワークのこと)

パートナーというものは自己にとっては他者の代表のようなもので、

愛の部分も見せてくれるし 逆の投影も見せてくれる。

不在の時間は そういった意味での投影がはずれたので、
精神状態がのびのびしたのでしょうか。

「奇跡のコース・ACIM」と「ヌーソロジー」に浸かって
とても充実した数日。

そして、ご帰還 またいつもの日常ですが、

パートナーと直接 接することは より、

正しい知覚、相手は愛であること を確認できる。
ただし転倒した意識にならないこと、(束縛や嫉妬などのこと)
 こんなの年数重ねてるので まず ないですけど。

そして 逆の投影(ケンカ状態に陥った時など)の方を見れば
教師となる存在になる。
どう反応すればいいのか「正しい知覚」を想いだすチャンス。

そういった意味では とてもやりがいがある相手。

パートナーに限らず他者との関わり ・・・
このことが最も人生にとって意味があること。

振り返ると とても中身の濃い経験をさせてもらいました。

そして 穏やかになっていくのです。

IMG_0561 (293x400)
オーストリアのとある町の12月の風景 落ち着いたクリスマスシーズン 
おみやげは写真とキーホルダー…もっとクリスマスっぽいものリクエストしておけばよかった







<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ケンタウルス

Author:ケンタウルス
*射手座
*神奈川県在住
*レイキヒーリング 3rd
*「湘南やすらぎの部屋」
 ヒーリングクラス'07度卒
 '09度からアドバンスクラスにて
 「奇跡のコース」を学ぶ
 (宗教団体ではありません)
*応用DNAシータ・ヒーリング
 ・プラクティショナー
*パステルオブライト
  光のプログラム 修了
  パステル和アート準インストラクター資格
 

twitter

時計

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

全記事表示リンク

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -